料理のアクセントに!おすすめの薬味大活躍レシピ

_薬味が大活躍_
提供元
メニューズ編集部
料理に味や香りを加える際に使用するのが薬味です。薬味にはねぎや生姜、大葉、大根など様々なものがあります。

今回は、薬味が大活躍しているおすすめレシピを紹介します。夏場にうどんやそうめんに添えるイメージのある薬味ですが、実は様々な料理で活用可能なんです!

◆生姜大活躍レシピ

まずは、ピリッとした味わいが特徴の生姜が大活躍するレシピを紹介します。体がポカポカしてきますよ◎

<さんまの生姜煮>

さんまの生姜煮
秋が旬のさんまをつかった和食レシピです。具材は、さんまと生姜のみで、味付けに醤油、みりん、砂糖などを使用しているため、甘辛い味付けが特徴!生姜にピリッとした辛さがあってアクセントになっていますよ◎

常備菜にもなるので、多めに作っておくのもおすすめです♪さんま以外の魚を使ってもおいしいので試してみてくださいね。季節感を感じられる一品です。


<かにたまうどん>

かにたまうどん
出典元
レタスクラブニュース
かにの身、卵、みつばで作る半熟状のかきたまと、めんつゆで作るあんをうどんにかけて食べる一品です。あんとかきたまは、どちらもとろとろとした舌触りが特徴で食べ応えあり!

時間をかけずに作れる簡単レシピなので、忙しい時などにもおすすめです。かにの身がないときはカニカマを代用してもかまいません◎

◆大葉大活躍レシピ

続いては、大葉が大活躍してくれるレシピです。爽やかな香りが特徴の大葉は、添えるもよし焼くもよしの便利な薬味です。


<スープパスタ>

スープパスタ
出典元
レタスクラブニュース
ポトフにパスタを加えたスープパスタです。ポトフには豚肩ロース、にんじん、玉ねぎなどシンプルな具材を使用します。大葉は、食べる直前のタイミングで乗せてください。そうすることで、さっぱりとした香りが感じられますよ◎

また、ジャガイモは煮物向きのメークイーンの使用がぴったりです。あっさりとした優しい味わいを楽しんでくださいね。ポトフはそのままでも食べられるので、2日目余ったポトフを使って作るのもおすすめですよ♪


<鶏ささみの梅肉はさみ焼き>

鶏ささみの梅肉はさみ焼き
出典元
みんなのきょうの料理
梅干しを鶏のささみで挟み、表面に大葉を貼り付けた一品。味付けは梅干しだけですが、酸味と塩味がしっかりとしているので満足感が得られますよ◎また、大葉を使用することで香りも加わるのも特徴。

梅干しは種を取り除いて包丁でペースト状になるまでしっかりと叩いて梅肉にしてください。ささみの代わりに鶏胸肉などを使用するのもおすすめです。弁当のおかずにもぴったりなレシピです。

◆ねぎ大活躍レシピ

続いては、定番の薬味であるねぎが大活躍するレシピです。ねぎをメインに使用しているレシピや、料理のアクセントと使用しているレシピなどを取り上げています。


<ねぎとこんにゃくの回鍋肉>

ねぎとこんにゃくの回鍋肉
中華料理でおなじみの回鍋肉!具材には、豚肩ロース、ねぎ、こんにゃく、生姜を使用しています。また、味付けは、中華料理らしくトウチ、甜麺醤、豆板醤、酒などを使用。

黒豆を発酵させ、中華料理の調味料として使われることの多いトウチは、塩辛さの中に味噌のような香ばしい香りを含んでおり、料理の美味しさをより引き立ててくれます。

柔らかくて弾力のあるこんにゃくやネギの香りを楽しんでくださいね。ご飯との相性抜群なので箸が進むこと間違いなしの一品です。


<豚汁>

豚汁
出典元
みんなのきょうの料理
寒くなってきたら食べたくなる豚汁です。豚バラ、里芋、大根、にんじん、ごぼう、ねぎ、こんにゃくなど、たくさんの食材を使用しているので栄養バランスも◎

七味唐辛子の量はお好みでかけてください。一杯で満足感たっぷりの一品です。おにぎりと一緒に食べるとおいしいですよ◎

◆大根おろし大活躍レシピ

大根も定番の薬味です。ここでは、相性抜群のおろしポン酢にしたレシピと和え物として使用したレシピを紹介しています。


<から揚げのおろしポン酢>

から揚げのおろしポン酢
出典元
レタスクラブニュース
みんな大好きから揚げに、おろしポン酢を添えた一品です。唐揚げだけだとやや濃いめの味付けになりますが、おろしポン酢を加えることでさっぱりとした味わいに仕上がっています◎がっつり食べたい人にもおすすめですよ!ご飯のお供にどうぞ♪

調理の際は、大根おろしの水気をしっかりときるのがポイントです。水気が多いと唐揚げの衣がビチャビチャとしてしまいます。また、から揚げは自分で作っても、市販のものを使用してもかまいませんよ◎


<ツナの大根おろしあえ>

ツナの大根おろしあえ
ツナ、にんじん、玉ねぎ、大根おろしで作る和え物です。味付けは、砂糖、醤油、酢、塩でシンプルに仕上げます。火を使わないので簡単に作れるのも嬉しいポイント◎もう一品欲しい時などに大活躍してくれます。

調理の際は、ツナの油と玉ねぎ、大根の水気をよくきるようにしてください。そうすることで水っぽくなるのを避けられますよ♪

◆みょうが大活躍レシピ

最後にみょうが大活躍するレシピを紹介します。夏に余ったそうめんを使ったレシピや弁当にもぴったりなご飯レシピを取り上げています。


<さつま揚げとシャキシャキ野菜のにゅうめん>

さつま揚げとシャキシャキ野菜のにゅうめん
出典元
みんなのきょうの料理
秋に入って気温が下がって来た時には、温かい料理がぴったり!こちらのにゅうめんは、夏に余ったそうめんを使って作れる一品です。プリプリで歯ごたえのあるさつま揚げに、トマト、青じそ、みょうが、青ネギなどたくさんの野菜を使用しているのが特徴!

野菜の食感を楽しみたい場合は生のままで最後にのせてくださいね♪


<みょうがとしそのじゃこご飯>

 
みょうがとしそのじゃこご飯
みょうが、しそ、ちりめんじゃこ、梅干しなどでつくる混ぜご飯です。ちりめんじゃこや梅干しのしっかりとした塩味と酸味が効いているので美味しさ抜群!また、しそやみょうがが風味を加えます。

調理の際は、ちりめんじゃこを事前にから炒りするのがポイント!そうすることで、カリカリに仕上がったじゃこが食べ応えをアップさせてくれるほか、ちりめんじゃこの食感や風味が引き立ちますよ◎おにぎりにして弁当に入れるのもおすすめです。

薬味を加えることで料理の味がさらに引き立つ

今回取り上げたもの以外にも薬味には様々な種類があります。薬味を少し加えるだけでも、料理の香りがよくなり、より美味しさが際立つようになります。薬味は家庭菜園でも栽培可能なので、自分で作ったものを料理で使用するのもおすすめです◎
writer
メニューズ編集部