【和ごはん月間】今週の1週間献立レシピ(2019/11/11~)

1週間献立
提供元
メニューズ編集部
毎日の献立作りって大変ですよね。
そこで、メニューズの運営スタッフが1週間分(5日間)のレシピ・献立をご提案!

・食材/おかずの使いまわし
・旬の食材
・栄養バランス

この3つを重視した献立をあなたに代わって考えます♪

◆今週1週間のレシピ・献立ポイント

11月24日は「和食の日」。この機会に、世界に誇るべき食文化の「和食」について考えてみませんか?
Let's!和ごはん
メニューズは農林水産省による『Let’s!和ごはんプロジェクト』に賛同し、11月の「和ごはん月間」を一緒に盛り上げています!
手軽に作れる「和ごはん」をテーマに、1週間献立を提案させていただきますよ♩
また、メニューズオリジナル和食レシピも新たにご紹介します!

今週の1週間献立は第1弾の「和ごはん献立」をお届け♩第4弾までありますよ。
是非、毎週チェックしてくださいね♡
第1弾はこちらから

◆第2弾:和ごはん献立

今週の1週間献立はヘルシーな「和食」を集めた和ごはん献立を紹介します。
家族みんなで和食文化を楽しみましょう!

<使いまわし食材/必要量(2人分)>


・だいこん     1/2本
・にんじん     2本
・小松菜      1束
・えのきだけ    2パック
・ながいも     1本
・万能ねぎ     1束
・しじみ      250g
・とりもも肉    500g

それでは早速、今週の献立を見ていきましょう!

◆1日目の和食レシピ・献立

<ツナときゅうりの華やかちらし寿司献立>

ツナときゅうりの華やかちらし寿司献立
はじめに紹介する主菜は、新たに追加されたメニューズ オリジナル和食レシピの「ツナときゅうりの華やかちらし寿司」です。食卓に並べるだけで一気に華やかになるレシピ。おもてなしにもピッタリですね。
また、グレープフルーツの酸味は酢飯との相性抜群◎リピート間違いなし!
副菜は、バターや胡麻の香りも楽しめる「長芋のバター焼き」です。少ない材料で、お手軽に作れます♩

汁物は食べ応え抜群の「ぶりあらのみぞれ汁」です。

◆2日目の和食レシピ・献立

<鶏肉の焼きびたし おろしぽん酢献立>


使いまわしおかず「にんじんのみそきんぴら」
鶏肉の焼きびたし おろしぽん酢献立
2日目の主菜は、おろしポン酢がクセになる「鶏肉の焼きびたし おろしぽん酢」を紹介します。
食材はグリルで焼くので、いつもとはちょっと違った風味を楽しむことができます♩
副菜は、使いまわしおかずの「にんじんのみそきんぴら」です。味噌とごま油でコクのある味に◎にんじんが苦手なお子さんでも食べることができるかも!?パパッと作れるレシピですので、ぜひお試しください。

汁物の「しじみのみそ汁」は、だしを使わず作るから、しじみのうま味を思う存分味わえます。しじみを堪能できるひと品ですよ♩

◆3日目の和食レシピ・献立

<なすと鶏の煮もの献立>

なすと鶏の煮もの献立
3日目に紹介する主菜は「なすと鶏の煮もの」です。ジューシーなお肉と野菜がたっぷりと入っているので栄養バランス◎
また、ご飯と一緒に食べたくなるおかずです。育ち盛りのお子さんには嬉しいレシピですね♩
汁物は「卵白のかきたま汁」です。調理する際のポイントは、卵白にかたくり粉を混ぜるのを忘れないこと!卵白とかたくり粉を混ぜることでふんわりと仕上がります♡

◆4日目の和食レシピ・献立

<鶏肉とじゃがいもの煮もの献立>


使いまわしおかず「切り干し大根と里芋のみそ汁」
鶏肉とじゃがいもの煮もの献立
次に紹介する主菜は、調味料の代わりにこんぶのつくだ煮を使用した「鶏肉とじゃがいもの煮もの」です。具だくさんなのでお腹も心も満腹に♡
副菜は、いつものおひたしをちょっとアレンジした「小松菜とえのきだけの酢みそがけ」です。ヘルシーなのに美味しいところが嬉しいポイント◎多めに作って次の日のおかずに使いまわしましょう♪

汁物は「長芋のみそ汁」です。長芋のねばりが味噌のコクとよく合いますよ。

◆5日目の和食レシピ・献立

<豚肉とキャベツのしょうが煮献立>

豚肉とキャベツのしょうが煮献立
最後に紹介する主菜は、油を使わずに作れる「豚肉とキャベツのしょうが煮」です。野菜たっぷりなので満足度◎ご飯がすすむおかずです。
汁物は、しじみの旨みたっぷりのお吸いもの「しじみのすまし汁」です。しょうがで味をひきしめているのがポイント!ぜひ、この機会にお試しください。
お気に入りの「和ごはん献立」は見つかりましたか?
是非、この機会に「和食」に関心を持っていただければ幸いです。日本の伝統文化の「和食」を守り、次世代につなげていきましょう!

次回の和ごはん献立もお楽しみに!
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部