今週の1週間献立レシピ(2019/8/5~)

一週間の献立レシピ_8月5日_
提供元
メニューズ編集部
毎日の献立作りって大変ですよね。
そこで、メニューズの運営スタッフが1週間分(5日間)のレシピ・献立をご提案!

・食材/おかずの使いまわし
・旬の食材
・栄養バランス

この3つを重視した献立をあなたに代わって考えます♪

◆今週1週間のレシピ・献立ポイント

<今週のポイント>


人気の主菜を使った献立
まだまだ暑い日が続いていて、食欲がない……という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、人気の主菜を集めました。食べたくなるような献立ばかりです。人気の主菜を目の前にしたら、食欲が復活するかも!?また、子どもにも喜ばれること間違いなしです。ぜひ、参考にしてくださいね。


<使いまわし食材/必要量(2人分)>


・豚ひき肉      180g
・たまねぎ      3個
・じゃがいも     4個
・もやし       2袋
・にんじん      1本
・さやえんどう    1袋   
・しいたけ      4パック

それでは早速、今週の献立を見ていきましょう!

◆1日目のレシピ・献立

<たまねぎと豚肉のケチャップマリネ献立>


1日目の献立
豚肉とたまねぎにミニトマトが組み合わさった、お箸が止まらないレシピ。旬野菜のミニトマトを堪能することができますよ。トマトケチャップやウスターソースなどで味をつけているので、子どもにも嬉しい一品です。
副菜の「きのこのおろしあえ」は、短時間で作れて、低カロリーなところがありがたいポイントです。ぽん酢しょうゆでさっぱりとした味付けに◎すりおろした大根との相性も抜群です。

汁物の「にんじんスープ」は、にんじんが苦手な方にもおすすめしたいレシピ。なぜかというと、にんじんの甘みが特有のくさみを抑えてくれるから◎にんじん嫌いを克服したい方も、にんじんが好きな方も、ぜひお試しください♩

◆2日目のレシピ・献立

<麻婆もやし献立>


多めに作って翌日も♪
使いまわしおかず「新たまねぎのみそ汁」
2日目!
2日目は、麻婆豆腐の応用料理のひとつの「麻婆もやし」です。お手頃なもやしがたっぷり入っているのでお財布に優しいレシピ。節約食材だけど、ボリュームはしっかりあるところが魅力的ですね。モリモリ食べたくなる一品です。
汁物の「新たまねぎのみそ汁」は、多めに作って次の日も使いまわし!上手におかずの使いまわしをすることで、料理の負担がグンと減りますよ◎ぜひ参考にしてくださいね。

◆3日目のレシピ・献立

<じゃがいものプレコロッケ献立>


多めに作って翌日も♪
使いまわしおかず「しいたけのごまあえ」
3日目!
「じゃがいもが余っている!」という時におすすめしたいのが、「じゃがいものプレコロッケ」です。ホクホクのじゃがいもとご飯の相性がぴったり!食欲がなくても食べたくなるようなおかずです。また、焼きたてのカリカリ感がクセになること間違いなし◎もちろん、お弁当にも向いているおかず。多めに作ったら、お弁当のおかずにも大活躍です。ぜひ作ってみてくださいね♩
副菜の「しいたけのごまあえ」は、食欲をそそるレシピ。見た目の鮮やかさや、ごまの香ばしい香りが……♡おかわりしたくなるおいしさです。ぜひ作ってみてください!

◆4日目のレシピ・献立

<ダイエット肉じゃが献立>

4日目!
4日目は、砂糖を使っていない、さっぱりとした肉じゃがです。しらたきのぷるぷるした食感も楽しめちゃいます♩さっぱりしているので、夏におすすめの肉じゃがです!低カロリーだけど満足できること間違いなしです!
汁物の「厚揚げとしめじの味噌汁」は、15分以内で作ることができる忙しい人の味方レシピ。あったか〜い味噌汁が、疲れた心を癒してくれるでしょう。ホッと落ち着くスープはいかがでしょうか。

◆5日目のレシピ・献立

<鶏肉の黄金焼き献立>

5日目!
幅広い年代の方に、喜ばれること間違いなしのレシピが「鶏肉の黄金焼き」です。時短で作れるのも嬉しいポイント◎食卓に並んだら、おかずの取り合いになるかもしれませんね♩
お弁当にもおすすめのおかずです。ぜひ活用してください。
ご飯がすすむおかずはいかがでしょうか?
副菜の「もやしのジャッとサラダ」は、ピリッと辛旨がクセになるレシピ。大人のおつまみにもぴったりです。

汁物の「せん切り野菜と豚肉のすまし汁」は、たっぷりの野菜が食べられるレシピ。具だくさんなので満足度も高い一品です♩ぜひお試しください。
 
今週の献立でお気に入りのものは見つかりましたか?

もし気に入っていただけたら、それぞれの献立の詳細ページで「買物メモ」に登録してみてくださいね。
必要な食材一式のリストが簡単に出来上がります♪ぜひご利用ください。

次回の献立情報もお楽しみに!
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部