今週の1週間献立レシピ(2019/4/8~)

一週間の献立レシピ_4月8日
提供元
メニューズ編集部
毎日の献立作りって大変ですよね。
そこで、メニューズの運営スタッフが1週間分(5日間)のレシピ・献立をご提案!

・食材の使い切り/おかずの使いまわし
・旬の食材
・栄養バランス

この3つを重視した献立をあなたに代わって考えます♪

◆今週1週間のレシピ・献立ポイント

<今週のポイント>


多めに作ってお弁当のおかずにも!献立

新生活がスタートし、毎日のお弁当作りに苦労している方も多いのではないでしょうか?自分用のお弁当はもちろん、子供のために毎朝作るのも大変ですよね。

そこで今回は、お弁当にも入れられるおかずで1週間献立を作ってみました!
多めに作って翌日のお弁当にも入れちゃいましょう♪それだけで、お弁当作りがぐっと楽になりますよ。ぜひお試しください。


<使い切り食材/必要量(4人分)>


・れんこん     2節
・さやえんどう   1パック
・にら       2束
・にんじん     2本
・じゃがいも    2個
・ごぼう      2本
・玉ねぎ      2個
・とうもろし    2本
・キャベツ     1/4玉
・カリフラワー   2株
・かぼちゃ     1/2個

それでは早速、今週の献立を見ていきましょう!

◆1日目のレシピ・献立

レンコンと鶏肉の煮物献立


多めに作って翌日も♪
使いまわしおかず「じゃがいもとごぼうのスープ」
レンコンと鶏肉の煮物
じっくりコトコト煮こんだ煮物は絶品ですよね♪鶏肉のうまみと出汁の優しい風味がレンコンによく染みこんでいるので、冷めても美味しくお弁当のおかずにもぴったり◎汁気が少ないので、傷みやお弁当の液漏れもあまり気になりません!
必要な材料や調味料が少ないのも嬉しいポイントです。

◆2日目のレシピ・献立

三色丼献立

三色丼献立
ひき肉を使った定番丼ぶりといえば、そぼろ丼!こちらのレシピは、鶏そぼろの茶色と卵の黄色、さやえんどうの緑色の3色を使っていることから「三色丼」と名付けられています。
今回はさやえんどうを使っていますが、代わりにほうれん草や小松菜などでも美味しく召し上がれます♪

また、鶏そぼろは作り置きできる「常備菜」としても人気なので、時間があるときにたくさん作って冷凍しておくと、とても便利です。そぼろ丼以外にもミートソースの材料にしたりグラタンの中に入れたり、春巻きの具材として活用できますよ。

◆3日目のレシピ・献立

カリフラワーとえびのグラタン献立

カリフラワーとえびのグラタン献立
カリフラワーとえびという珍しい組み合わせのグラタンレシピ。グラタンは、お弁当のちょっとしたすき間をうめるのに便利なので、大きめの耐熱皿にたくさん作っておきましょう!
カリフラワーの代わりにブロッコリーを使っても美味しく仕上がります。

また、副菜の「かぼちゃのはちみつレモン煮」もお弁当おかずとして使えますね。醤油や砂糖などで煮つけたかぼちゃの煮物は定番ですが、レモンを使ったこちらのレシピも爽やかでとても美味しいですよ♪普通のかぼちゃの煮物にマンネリを感じ始めている人におすすめです。

◆4日目のレシピ・献立

コーンのハンバーグ献立


多めに作って翌日も♪
使いまわしおかず「豆腐の味噌汁」
コーンのハンバーグ献立
コーンとハンバーグは、まさに子どもが喜ぶ人気の組み合わせ!コーンのシャキッとプチッと感がたまらない1品です。
こちらのレシピは、とうもろこしをまるまる1本使っていますが、手に入りにくい季節では缶詰でも大丈夫ですよ◎

食べる際には、出汁と醤油とレモン汁で作ったタレをつけるか、ケチャップなどで簡単に味つけしてください。液漏れの心配がないので、お弁当用にはケチャップの方がいいかもしれませんね♪お好みでどうぞ!

◆5日目のレシピ・献立

さわらの味噌漬け献立

さわらの味噌漬け献立
味噌、酒、砂糖、みりんで下味をつけた「さわらの味噌漬け」は味がしっかりつくので、お弁当にもぴったり♪
作り置きする際には、焼かずに下味をつけた状態で冷凍保存するのをおすすめします!当日は焼くだけでOK。
冷凍しておくと、魚に味がよりしっかりと染みこむので、調味料はレシピ記載のものより気持ち少なめにしましょう。味が濃くなりすぎるのも防ぎます。

さわら以外にも、たらやさばなどでも美味しいのでお好みの魚で作ってみてくださいね。

また、副菜の「きんぴら」もお弁当おかずの定番中の定番!こちらもお弁当のすき間うめにご活用ください。


今週の献立でお気に入りのものは見つかりましたか?

もし気に入っていただけたら、それぞれの献立の詳細ページで「買物メモ」に登録してみてくださいね。
必要な食材一式のリストが簡単に出来上がります♪ぜひご利用ください。

次回の献立情報もお楽しみに!
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部