ほうれん草でお弁当レシピ!栄養価の高いおかずで元気になろう

ほうれん草レシピ
提供元
メニューズ編集部
スーパーで一年中手に入るほうれん草は、鉄分とビタミンCを豊富に含む、非常に栄養豊かな野菜です。「ごま和え」や「おひたし」にされるイメージですが、卵やチーズ、ツナなどとも相性がよいのです。脇役の具材ながら、しっかりとした味わいで存在感もあるので、いろいろな食材と合わせてアレンジすることができますよね。

また、綺麗な緑色でお弁当の彩りおかずとしても大活躍!そこで今回は、ほうれん草で作るお弁当レシピをご紹介します。

ゆで卵とほうれん草のグラタン

ゆで卵とほうれん草のグラタン
「ゆで卵とほうれん草のグラタン」は、子どもが大好きなグラタンを、ほうれん草で栄養アップさせたメニューです。家庭に常備している卵や缶詰を加えることで、緑、黄色、赤がそろった彩り豊かな一品になります。
卵や缶詰など、日持ちがきいてストックしておける材料を使うことで、忙しいときにもさっと作れる手軽さが魅力です。ホワイトソースを冷凍保存しておけば、さらに時短が可能です◎

スープの素で調味することで、こく深い味わいのソースになります。まったりとしたソースととろりとしたチーズで、ほうれん草のクセをおさえ、子どもが大好きな味に仕上げました。

耐熱皿で作ればボリュームのあるおかずに、小さいアルミカップで作れば、お弁当にぴったりの一品になりますよ♪

カリッと豚バラ肉とほうれん草のみそ炒め

豚バラ肉とほうれん草のみそ炒め
出典元
マルコメ レシピサイト
「カリッと豚バラ肉とほうれん草のみそ炒め」は、にんにくと液みその風味でご飯がすすむ、ほうれん草の簡単レシピです。お肉と野菜がしっかりとれるボリューム満点の一品は、おかずとして大活躍するでしょう!
フライパンひとつででき、切った材料を炒めるだけという手軽さが嬉しいですよね。冷めてもみそ味がなじんでおいしく、時短レシピでご飯に合うので、お弁当のおかずにぴったりです。しめじや長ねぎなど、ほうれん草と食感を合わせた野菜なら食べやすくなりますし、キャベツなど歯ごたえのある野菜でアクセントをつけてもおいしく仕上がります。

豚バラ肉は脂肪が多いですが、この油でほうれん草をコーティングすることで、アクのえぐみを感じにくい味わいに仕上がっています。脂肪の多い豚バラ肉を使うことが、下ゆでなしでほうれん草を調理できる時短テクなのです!

ご飯もおかずもこれ一品!ほうれん草オムレツのおにぎらず

出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
「オムレツ&チーズおにぎらず」はカラフルで、食べるのが楽しくなるほうれん草のレシピです。炭水化物、たんぱく質、ビタミンがこれひとつでとれる栄養バランスの良さも魅力ですね。
ほうれん草の緑、卵の黄色、ケチャップの赤が彩り豊かで、これひとつでごちそう感があります。おにぎらずの端まで具が行き届くよう、ご飯はスライスチーズの大きさを目安に広げるのがポイントです!

オムレツを作るのが難しいなら、卵はスクランブルエッグにするとより時短になり、おにぎらずの形に沿って乗せやすくなりますよ♪包丁を濡らしてからおにぎらずを切ると、ご飯がつきにくく、切り口がきれいに仕上がるでしょう。

ラップで包んであるので、手を汚さず食べられるのが嬉しい、お弁当にぴったりのメニューです!

子どもも食べられるほうれん草のツナごまあえ!

子どもも食べられるほうれん草のツナ風味あえ
出典元
レタスクラブニュース
「ほうれん草のツナごまあえ」は、少し苦みのあるほうれん草を食べやすい味にしてくれるレシピです。ほうれん草だけでなく、小松菜やかぶの葉など、他の青菜でも作れる便利おかずです!
ツナとすりごまのマイルドさで苦みがおさえられ、ほうれん草が苦手な子どもでも抵抗なく食べることができます。水気があると味がぼやけてしまうので、しっかり水気を絞るのがポイントです。しっかりと水気を絞ることで、お弁当の一品としても活躍します!

ゆで加減の目安は、根元の茎をつまむと爪が立つくらいの固さですよ♪

具だくさんで満足◎ほうれん草のオムレツ

ほうれんそうオムレツ
彩りが良く栄養豊かで、一品で満足できる「ほうれん草オムレツ」。野菜のビタミン、卵のたんぱく質を一気にとれる、頼りがいのあるメニューとなっています。フライパンひとつでできるのも嬉しいですね。
しっかりと焼いたオムレツは、水気も少なく好きなサイズに切ることができるので、お弁当のおかずとして便利です!食卓で食べるなら、丸いオムレツをケーキのように切り分け、ケチャップをかけるとフォトジェニックな一品になります。

卵のまろやかさとベーコンのうまみ、チーズのコクなど、豊かな味わいが一皿に凝縮されたおいしさです。中までしっかり固まるよう、弱火にしてふたをし、蒸し焼きのようにじっくり火を通すのがポイントです♪

彩り鮮やかなほうれん草入りの太巻き寿司

ほうれん草入り太巻き
出典元
レタスクラブニュース
お弁当でも、食卓でも大活躍するほうれん草のレシピに「太巻き寿司」があります。食べる人の気分を華やかにしてくれる、ハレの日を彩る一品です。
牛そぼろなどの控えめな色合いの具材に、ほうれん草の緑が入ることで、いっそう色鮮やかで食欲をそそる太巻きになります。具材がいろいろ入っていて、栄養バランスが良いのも嬉しいですよね。

具のアレンジもできるので、人参やきゅうりなど、冷蔵庫で余りがちな食材を活用するのも良いでしょう。お花見や運動会のお弁当に入れれば、蓋を開けたときに歓声が上がるようなごちそう感を演出してくれます。

片手で食べられるため、ベンチでのお弁当など、お皿や箸を扱いにくいシチュエーションでも便利です。健康的で食べやすく、見た目も美しい太巻きは、理想的なお弁当メニューといえるかもしれません♪

ゴマ油と塩味がポイント!ほうれん草のナムル

ほうれん草のナムル
「ほうれん草のナムル」は、野菜メニューでありながら食欲をかきたて、ご飯がすすむ味付けが特徴となっています。ごま油の香りやにんにくの風味が後を引き、あっという間になくなってしまうおいしさです。
水気が出にくいので、お弁当のおかずとしても活躍するでしょう。詰める量を調節しやすいため、他のおかずのすき間を埋めることができ、彩りも豊かになります!

ごま油の香りでほうれん草の青臭さがカバーされ、塩味が甘みを引き立てるので、ほうれん草が苦手な子どもでも食べやすくなっています。

時間が経つと味がなじんでさらにおいしくなるため、作り置きメニューとしても便利です◎

お弁当にも栄養たっぷりほうれん草のおかずを!

ほうれん草は栄養があるだけでなく彩りも豊かなので、お弁当や食卓を華やかにしてくれるのも嬉しい特徴ですね。

合わせる食材や調味料を工夫すれば、独特の苦みも気にならず食べることができます。おいしくて栄養たっぷりのほうれん草を、色々なレシピに活用し、お弁当作りに役立てていきましょう!


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部
  • #夕飯
  • #料理
  • #簡単レシピ