家族みんなが満足の豚肉の簡単レシピ!味つけで変化させよう

豚肉レシピ
提供元
メニューズ編集部
味にクセが少なく、ご飯がすすむ味つけにもよく合う豚肉は、誰にでも喜ばれる食材ですね。豚肉はおいしいだけでなく、たんぱく質やビタミンなどが豊富に含まれた、優秀な食材でもあるのです。

豚肉は、牛肉などに比べて価格が手ごろで使い勝手もよく、家庭に常備してあることも多いでしょう!そんな豚肉を自在にアレンジできる簡単レシピがあれば、忙しいときでもおいしいおかずをさっと作れますね。ぜひ、ここで紹介する豚肉の簡単レシピを活用し、自分や家族の健康に役立てましょう♪

王道の豚汁はポイントを押さえて美味しく作ろう!

豚汁
誰にでも喜ばれる「豚汁」は、手に入りやすい豚バラ肉を使った、お財布にやさしいレシピです。煮込むので時間がかかるイメージが強いですが、野菜の切り方を工夫すると、火の通りを早くして時短できます。
根菜を薄めに切ることで、早く火が通る時短レシピになりました。豚肉は、大きいものには包丁を入れるようにすると、火の通りが一定になります。こんにゃくを下茹でするのは少し面倒かもしれませんが、このひと手間をかけるとクセがなくなり、お店で食べる豚汁のような雑味のない味になるでしょう!

根菜類は好みでアレンジしてもよいですね。作りたてはあっさりとした上品な味で、時間が経つと味がなじみ、コク深いおいしさになります♪

味に変化を!玉ねぎと豚肉のケチャップマリネ

「たまねぎと豚肉のケチャップマリネ」は、子どもが大好きなケチャップ味の豚肉マリネです。お肉をゆでて浸けるだけという簡単さと、ケチャップやウスターソースなど、家庭にある調味料ですぐできるところが嬉しいですね。
みんなが大好きなケチャップ味は、少食気味や偏食気味の子どもでも食がすすむ味つけです!しょうゆを隠し味に加えるのが、コクと香ばしさを出すコツ。

冷蔵庫に置いて仕上げるので、ほかのおかず作りと同時進行でき、全体の調理を時短できます。ケチャップ味はご飯にも合うため、和食にも洋食にも合わせられる便利な味付けです。少しタバスコをかけると大人向けの味になります。冷めても硬くなりにくく、彩りにもなるので、お弁当のおかずとしてもぴったりでしょう。

肉の脂は冷蔵庫に入れると固まるので、バラ肉よりはロース肉など、あっさりした部位を使うのがよいですね♪

カレー粉で味つけ決まる!豚肉のホイル焼き

豚肉のカレー味ホイル焼き
「豚肉のカレー味ホイル焼き」はごちそう感があるのに、フライパンでできる簡単なレシピです。火の通りやすい野菜を使うことで、下ごしらえいらずの時短レシピにもなります◎
味つけにはカレー粉を使うので、手軽で簡単なのが嬉しいですよね。間違いなく味が決まるので、料理が苦手な人にもおすすめです!ホイルを食卓の上で開くようにすると冷めにくく、食べる人も喜びます♪

あればパセリやクレソンなどを添えると、彩りがきれいで、いっそうおしゃれな印象になりますね。

豚肉のソテーにカレーソースを!

豚肉のソテー カレーソース
出典元
マルコメ レシピサイト
「豚肉のソテー カレーソース」は、食欲をそそるカレー味のソースをかけた、ボリュームのあるソテーです。糖質の少ないカレールーで作ったので、糖質をコントロールしている人にもおすすめのヘルシーなメニューになりました。
ボリュームたっぷりでご飯のすすむカレー味は、とくに、食べ盛りの子どもや男性に喜ばれます。カレーライスだと一品料理になりがちですが、このレシピはソースや付け合わせで野菜をたっぷりとることができ、ご飯も食べすぎません!

豚肉の筋切りをすると、焼いたときに豚肉が縮んで丸まってしまうのを防げます。また、室温にして叩くと、火の通りが一定になり柔らかく仕上がるでしょう。切ったときではなく噛んだときに肉汁が流れ出るよう、焼いた後に休ませるのもポイントです。

パーティーにも!いろいろな千切り野菜の豚肉巻き

いろいろな千切り野菜の豚肉巻き
出典元
タイダンスcafe
色とりどりの野菜をお肉で巻いて食べる「いろいろな千切り野菜の豚肉巻き」は、目にも楽しく巻いても楽しく、少食気味の子どもにも喜ばれるレシピです。彩りがよく華やかで、パーティー料理にもぴったり!自分で巻いた野菜なら、きっとおいしく食べられますね。
野菜をたっぷりとれるだけでなく、脂とうまみの多い豚バラ肉をゆでて使うことで、ヘルシーさと食べ応えの両方を叶えました。にんじんなどに含まれるβカロテンは、脂と一緒にとると吸収率が上がるので、その点でも豚バラ肉は適しているといえるでしょう。

タレのベースのナンプラーは少しクセがありますが、ごま油や砂糖をまぜることで食べやすく、食欲をそそる味になっています。お湯を沸かして肉をゆでるのと、野菜やソース作りを同時進行すると時短できますね。豚バラ肉は切らなくていいため、まな板が1枚で済むのも簡単で嬉しいところです。

ホットプレートで!豚肉と野菜のぎゅうぎゅう焼き

お肉と野菜のぎゅうぎゅう焼き
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
「お肉と野菜のぎゅうぎゅう焼き」は、ごちそう感のあるスペアリブを使った、ゴージャスで喜ばれるメニューです。にんにくを入れたヨーグルトソースが食欲をそそり、野菜をたっぷり食べられます。
蓋つきのホットプレートを使うと、具材を蒸し焼きにできるので、野菜の下ゆでなどの下ごしらえがいらず簡単です。スペアリブはあらかじめヨーグルトでマリネすることで、しっとりまろやかな味わいになるでしょう。色とりどりの野菜が目にも美しく、おもてなし料理としても活躍します!

お肉、野菜、カルシウム豊富な乳製品をこれひとつでとれるところも優秀ですね。野菜はいろいろなものにアレンジ可能なので、冷蔵庫整理メニューとしても頼れます。

豚肉のチーズ巻きオイスターソース炒めで中華風に!

豚肉のチーズ巻き
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
「豚肉のチーズ巻き オイスターソース炒め」は、手に入れやすい薄切り肉でチーズを巻いて、食べ応え満点のおかずに仕上げました。味付けにはオイスターソースを使い、和食にも洋食にも合う、頼りがいのあるレシピになっています。
豚肉のうまみとまろやかなチーズ、オイスターソースのコクがマッチした、ご飯がすすむ味わいです!洋食にも合うので、一品料理になりがちなパスタなどに添えると、栄養バランスがよくなります。付け合わせのさやいんげんは、チーズ巻きと同時に調理でき、簡単で時短になるのも嬉しいですね。

豚肉からチーズがはみ出ないよう、面積の広いロース肉などを使うと包みやすいでしょう。肉の巻き終わりのほうから焼くと、つなぎ目が固まるので楊枝がいりません♪かえって、楊枝を刺してしまうと、穴からチーズが出てしまう可能性もあります。「切れてるチーズ」の平らな部分で肉を巻き終わるようにし、しっかり焼くと安心です。

変化のあるレシピを活用して豚肉を毎日の食卓へ!

体をつくるたんぱく質や、疲労回復に役立つビタミンB1が豊富な豚肉は、自分や家族の健康を守ってくれる、頼りがいのある食材です。牛肉などと比べても値段が手ごろで、手に入れやすいのも嬉しいですね。

焼いても煮てもゆでてもおいしく、いろいろな調味料と相性がよいので、和食でも洋食でも違和感なく活躍します。健康に役立つ豚肉を毎日の献立に使えるよう、味つけや組み合わせる野菜のバリエーションを広げ、おいしく元気になっていきたいですね!


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部