野菜から魚介類まで!具材を変えて楽しむピラフの簡単レシピ8選

ピラフのレシピ
提供元
メニューズ編集部
ご飯全体に食材の旨みがしみ込んだピラフは、おいしいことはもちろん、ごちそう感もある華やかなメニューですよね。肉や魚介と一緒に炊き込むと野菜も食べやすくなるので、野菜嫌いな人でも食べやすくなります。

味のついていない、白いご飯が苦手な子どもも、ピラフなら喜んで食べてくれるでしょう♪具材はいろいろ変えられるので、基本的な作り方さえ覚えれば、バリエーションは無限大です!
この記事では、簡単にできるおいしいピラフのレシピを紹介します。

ボリューム満点!炊き込みシーフードピラフ

炊き込みシーフードピラフ
出典元
レタスクラブニュース
炒めるなどの下ごしらえがいらず、材料を炊飯器に入れてスイッチを押すだけの簡単ピラフです。具だくさんのピラフなら、簡単なスープやサラダを添えるだけでも立派な食卓になりますよね。

作り方は、炊飯器に入れた米にあさりやソーセージ、ホールトマト、玉ねぎとにんにくを加え、煮汁の材料を入れて炊き上げるというものです。仕上げにパセリをふると、彩りがよくなりますよ。
あさりとソーセージの異なる旨みが、複雑な味わいのポイントです。ピラフを炊きながらほかのおかず作りを進行できるので、ガス台が混雑せず時短にもなります。

玉ねぎやソーセージ、トマト缶など日持ちのする材料が多く、買い物に行けない日などに頼れるレシピですね。あさりを缶詰のものにすると、さらに手軽に作れますよ。
あさりの缶詰は塩分の強いものもあるので、缶詰を使う場合は炊く前に味見をして調整しましょう!

甘みで子どもも喜ぶ!角煮ピラフ

角煮ピラフ
出典元
レタスクラブニュース
ごろごろとした角煮が食べ応え満点で、子どもや男性に喜ばれる簡単ピラフです。多めに作った角煮のアレンジレシピとしても便利ですね。

作り方は、耐熱ボウルでご飯をバターや塩こしょうと混ぜ合わせ、小さく切った豚の角煮、コーン、パセリを入れて混ぜます。ボウルにラップをかけて電子レンジで加熱したら出来上がりです。お皿に盛って切ったミニトマトを添えましょう。
白いご飯と材料を混ぜてレンジで温めるだけなので、忙しいときでもあっという間に作れます。パセリの緑、トマトの赤、コーンの黄色で彩りもきれいですね。

コーンとバターの甘みがきいていて、子どもにも人気のある味付けです。スープカップなどを使ってピラフをドーム型にするとレストランのような雰囲気になりますし、星形やハート形に型抜きするのも喜ばれますよ。

豚肉には、疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は、お米の糖質を代謝するのにも役立つ栄養素なので、角煮とピラフの相性はぴったりです。おいしい角煮ピラフを食べて、元気な毎日を送りたいですね。

スパイシーな香り!チキンカレーピラフ

チキンカレーピラフ
にんにくとカレー粉の風味が食欲をそそる、スパイシーなピラフです。ごろっと入ったチキンが食べ応え抜群でうれしいですね。

作り方は、米や鶏もも肉、玉ねぎ、にんにく、しめじなどを炒め、フライパンで温めたスープと一緒に炊飯器に入れ、炊き上げてパセリをふるというものです。から揚げ用など、カットしてある鶏もも肉を使うと、まな板が1枚ですみ時短にもなります♪
赤とうがらしを抜いて作れば、辛いものが苦手な人にも食べやすくなるでしょう。

スープの素は、チキンやビーフなど、好みに合わせてアレンジすると違った味わいを楽しめます。
また、無洗米を使う場合でもさっと洗っておくと、米に芯が残る失敗を防げますよ◎

ぷりぷりとモチモチの食感!えびピラフ

えびピラフ
出典元
レタスクラブニュース
材料を炒めてオーブンで炊き上げる、本格的なピラフのレシピです。少し手間はかかりますが、洋食屋のようにふっくらもちもちに仕上がりますよ。オーブンで炊き上げるので、他のおかず作りを同時進行できて効率的ですよね。

作り方は、フライパンにバターを溶かして玉ねぎや米を炒め、ブイヨンや塩こしょうを加えて沸騰させます。耐熱容器に入れてえびをのせ、余熱しておいたオーブンで炊き上げ、グリーンピースをのせて蒸らしたら出来上がりです。
海老と一緒に炊き上げることで、魚介の旨みがしっかりと米にしみ込み、塩分控えめでも満足感のある仕上がりになります。低カロリーで高タンパク質な海老を使っているのでヘルシーですね。
海老のぷりぷり食感とふっくらご飯の絶妙なバランスで、どんどん食がすすみますよ。

オーブンに入れるときには、底の広い平らな耐熱容器を使うと、部分的にご飯が硬いなどの加熱むらを防げます。

仕上げに加えるグリーンピースには、代謝を促すビタミンB群や、むくみの改善に役立つカリウムが豊富です。彩りも一段ときれいになるので、忘れずに加えたいですね。

卵でマイルドな味!かにピラフ

かにピラフ
出典元
レタスクラブニュース
かにを使ったゴージャスなピラフは、食卓に出すとみんなが喜びますよね。かには冷凍のものを使い、材料は炊飯器に入れて炊くだけなど、手軽にできるよう工夫したレシピです。

作り方は、洗ってざるにあけておいた米、解凍して身を取り出したかに、スープ、ねぎなどを炊飯器に入れます。
飾り用のかに爪をのせて炊き、炊き上がったら溶き卵を入れて混ぜ、器に盛ってねぎの青い部分を散らしたら出来上がりです。
仕上げに卵を絡めると食べ応えが出て、マイルドな味わいになります。卵にしっかり火が通るよう、炊き上がったらすぐ炊飯器に入れ、手早く混ぜましょう。炊き上がりの余熱で火を通すと、卵がぱさぱさにならず、ふんわり仕上がります。

完全栄養食とも呼ばれる卵は、タンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるので、食卓の栄養バランスをサポートしてくれます。

中華スープの素としょうゆで味付けしてあるので、和風や中華風のおかずにもよく合うメニューです。かに爪を飾って青ねぎを散らすと、いっそうゴージャスで彩りよく仕上がりますよ!

辛みと甘みがアクセント!とうもろこしと明太子の炊き込みピラフ

とうもろこしと明太子の炊き込みピラフ
出典元
レタスクラブニュース
ピリ辛の明太子でとうもろこしの甘みを引き立てた、絶妙なバランスのピラフです。材料を炊飯器に入れて炊くだけなので簡単ですよ。

作り方は、炊飯器に洗った米、とうもろこしの実、切った玉ねぎや明太子などを入れます。バターを加え、スープの素などで味付けして炊きましょう。
炊き上がったらパセリを加え、全体を混ぜて出来上がりです。とうもろこしの黄色、明太子のピンク、パセリの緑で彩り豊かな一皿となっています。

とうもろこしは包丁で芯から実をそぎ取って使いますが、さらに手軽に作りたいなら、ホールコーン缶を使うとよいでしょう。とうもろこしに含まれるビタミンB6は、肌荒れの防止に役立つので、積極的に食べたいですね。

また、明太子に含まれるビタミンB12は、貧血の予防や、腰痛や肩こりを予防する効果を期待できます。
とうもろこしと明太子の炊き込みピラフは、すこやかな肌と体作りに役立つ一品といえますね♪

濃厚バターがそそられる!きのこピラフ

きのこピラフ
出典元
レタスクラブニュース
食物繊維が豊富で、アンチエイジング効果も期待できるきのこをたっぷり使った、ヘルシーなピラフのレシピです。きのことバターの香りが豊かで、食欲をそそりますよ。

作り方は、炊飯器に米と玉ねぎ、スープの素などを入れて炊き、炊き上がったらバターで炒めたコーンやきのこを加えます。少し蒸らして全体を混ぜ、器に盛ってパセリを散らすと出来上がりです。
炒めた具材を炊き上がったご飯に混ぜる方法で、きのこやコーンの食感が活きたおいしいピラフになりました。

きのこを炒めると少し水気が出ますが、この水気には旨みがたっぷり含まれているので、ゴムベラなどで残さずすくって炊飯器に入れましょう。きのこは好みのものでアレンジできます。
その際はしいたけなど、味や香りの濃いものを加えるとおいしく仕上がりますよ。味わいが複雑になるよう、複数のきのこを組み合わせるのもおすすめです。

フレッシュな味!アスパラピラフ

アスパラピラフ
出典元
レタスクラブニュース
肌荒れ予防に役立つβカロテンがたっぷりのアスパラガスを使った、炊飯器で仕上げる簡単ピラフです。

作り方は、バターを溶かしたフライパンで米と玉ねぎを炒め、ブイヨンを加えて炊飯器で炊きます。
炊き上がる少し前に、ゆでたアスパラガスとえびをバターで炒め、炊き上がったご飯にバターとともに加え、混ぜ合わせたら出来上がりです。
淡白な味わいのアスパラガスとえびですが、ふんだんにバターを合わせることで満足感を出し、香り高いピラフに仕上げました。一緒に炊き込むのではなく炊き上がったご飯に加えると、アスパラガスのフレッシュな食感やえびのぷりぷり感を楽しめます。

アスパラガスの緑とえびの赤の彩りがよく、食卓のごちそう感を演出してくれるのもうれしいところです。アスパラガスには、疲労回復をサポートするアスパラギン酸が豊富に含まれています。
高タンパク質なえびと合わせて食べれば、元気な体作りに役立てていけますね。

ピラフの簡単レシピで食材の旨みを引き出そう

ごちそう感のあるピラフは、材料を炒めて炊くだけの、意外に簡単にできるレシピです。白いご飯に材料を混ぜ込むだけの簡単ピラフも、忙しいときには頼りになりますね。

お肉や魚介の旨みがたっぷりしみ込んでいるので、野菜がたくさん食べやすくなるのもうれしいところです。
ぜひ、色々な具材で美味しいピラフをお楽しみください♪


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部