具材しだいでバリエーション豊富!ペペロンチーノの簡単レシピ8選

ペペロンチーノレシピ
提供元
メニューズ編集部
オリーブオイルとにんにく、とうがらしが主役のペペロンチーノは、シンプルゆえに、具材を自由にアレンジしていろいろな旨みを楽しめる料理でもあります。

おいしく作るには手間がかかるというイメージを持つ人もいますが、簡単に作れるレシピもたくさんあるのです。野菜をたっぷり入れたり、具材の組み合わせを工夫したりすれば、健康に役立つメニューにもなりますよ♪

この記事では、誰にでも簡単に作れるおいしいペペロンチーノのレシピを紹介します。

スタンダード!ペペロンチーノ

スタンダード!ペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
まずは、スタンダードなペペロンチーノの作り方を覚えましょう。このシンプルな定番レシピをマスターしておけば、ペペロンチーノを自在にアレンジするのにも役立ちますよ。

作り方は、フライパンにオリーブオイル、種を除いたとうがらし、薄切りにしたにんにくを入れてから弱火にかけ、途中で火を止め、にんにくを余熱できつね色にします。スパゲッティは、塩を入れたお湯でゆで、湯をしっかり切ってフライパンに加え、パセリや塩を加えて出来上がりです。
スパゲッティは、たっぷりのお湯で茹でると食感がよくなります。お湯が沸くまで時間がかかるので、鍋に火をつけてから材料を切り始めると、効率的に作業できますね。

とうがらしの種はとても辛いため取り除き、にんにくは食感がよくなるよう2mmくらいの薄切りにしましょう。おいしいペペロンチーノを作るには、この準備が肝心です。にんにくはとても焦げやすいので、オリーブオイルと一緒にフライパンに入れてから火をつけ、弱火でゆっくり加熱します。まだ少し白いと感じる段階で火を止めると、余熱できれいなきつね色になり、苦みが出るのを抑えられますよ。

香り豊か!あじのペペロンチーノ

香り豊か!あじのペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
にんにくの香りが、こんがり焼いたあじの香ばしさを引き立てる、香り豊かなペペロンチーノのレシピです。セロリの香りも、食欲をアップさせてくれます。

作り方は、まず、あじを三枚におろし、小骨の部分を避けてひと口大にしておきましょう。フライパンにオリーブオイル、にんにく、とうがらしを入れて火にかけ、小麦粉をまぶしたあじを両面焼き、にんにくと一緒に取り出します。同じフライパンで切ったセロリを炒め、透き通ったらあじとにんにくを戻し、ゆでたスパゲッティとあえて出来上がりです。
あじをおろすときには、まな板に新聞紙を敷いてその上で内臓を取り、そのまま内臓を包んで捨てると後始末が楽になりますよ。魚をおろすのが大変なら、スーパーで既に三枚におろされているものを利用するのもよいですね。

あじには、脳の働きをサポートするDHAや、血中脂質値の改善に役立つEPAが豊富に含まれています。健やかな毎日を保つために、日常的に食べたい食材ですね。
オレイン酸やビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれたオリーブオイルは、あじと一緒に摂るのにぴったりの油です。

彩りも華やか!鮭のペペロンチーノ

彩りも華やか!鮭のペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
定番のペペロンチーノに甘塩鮭を加えてゴージャスにしたアレンジレシピです。ゴロゴロした鮭が食べごたえをアップするうえ、栄養バランスも豊かになります。

作り方は、フライパンにオリーブオイル、みじん切りのにんにく、種を除いたとうがらしを入れ、にんにくが色づいたら、皮を取ってひと口大にした甘塩鮭を加えて炒めます。ゆでてざるにあけたスパゲッティを具材と絡め、器に盛ってパセリをふったら出来上がりです。
ざるにあけたスパゲッティは、水気をしっかり切らず、湯がしたたっている状態でフライパンに入れましょう。ゆで汁とオイルが混ざってトロっとしたソースになり、スパゲッティや鮭によく絡んでおいしいんです♪

鮭の赤い色素には、アスタキサンチンという抗酸化物質が豊富に含まれています。このアスタキサンチンは油を使って調理すると吸収が高まるといわれているので、ペペロンチーノの具材に鮭はぴったりですよ!

シャキシャキ感をプラス!水菜のペペロンチーノ

シャキシャキ感をプラス!水菜のペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
シャキシャキした水菜の食感が楽しい、野菜をたくさん摂れるペペロンチーノです。スパゲッティと同じような形状の水菜を使うと、麺を違和感なくかさ増しできてヘルシーですね。ソースともしっかり馴染むので、塩分控えめでも物足りなくありません。

作り方は、フライパンにオリーブオイル、にんにく、とうがらしを入れて弱火にかけ、ゆでたスパゲッティを加えて塩こしょうで味付けします。火を止める直前に切った水菜を加えて混ぜたら出来上がりです。
水菜には、肌荒れを予防するβカロテンや、骨の形成に役立つカルシウムが含まれており、女性が積極的に食べたい食材といえるでしょう。また、貧血予防に役立つ鉄分も含まれています。鉄分はビタミンCと一緒に摂ると効率的に吸収できるのですが、水菜にはそのビタミンCもしっかり含まれているのです。

βカロテンは油で調理すると吸収率がよくなりますが、ビタミンCは加熱すると失われてしまう特徴があります。水菜を最後に加えたら、手早く油と絡めて炒めるとシャキシャキとした食感も楽しめますよ!

満足感◎塩もみキャベツと牛肉のペペロンチーノ

にんにく×とうがらしが好相性!塩もみキャベツと牛肉のペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
にんにくの香りととうがらしの辛味が、旨みたっぷりの牛肉を引き立てるスパゲッティを使わないペペロンチーノです。牛肉が入ると食べごたえが出て、育ち盛りの子どもや男性にも喜ばれますね。

作り方は、フライパンにオリーブオイル、にんにく、とうがらしを入れて火にかけ、にんにくが色づいたら下味をつけた牛肉を加えて炒めます。塩もみして水気を切ったキャベツを加えて炒め合わせ、塩こしょうで味付けして出来上がりです。
キャベツを塩もみしておくと、下味がついて味が簡単に決まるうえ、水分が抜けて火の通りがよくなり、時短になりますよ。

牛肉には、体作りに役立つタンパク質と、貧血予防に役立つ鉄分が含まれています。また、キャベツには、鉄分の効率よい吸収に役立つビタミンCが豊富に含まれています。元気で巡りのよい体作りに、塩もみキャベツと牛肉のペペロンチーノはきっと役立つでしょう。

こんがりしょうゆ味!水菜の和風ペペロンチーノ

こんがりしょうゆ味!水菜の和風ペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
にんにく、しょうゆ、バターの風味で、食卓のみんなが喜ぶ和風ペペロンチーノです。ひき肉の炒め方にひと工夫して、ヘルシーに仕上げました。

作り方は、フライパンににんにくと広げたひき肉を入れ、油をかけて火をつけ、じっくり炒めます。とうがらしとしめじを加えて塩をふり、ゆでたスパゲッティ、水菜、バター、しょうゆを加えて炒め合わせたら出来上がりです。しょうゆを入れるとこんがり香ばしい風味になり、食欲をそそりますね。
火をつける前にフライパンにひき肉を入れ油を加えると、肉同士がくっつきにくく、簡単にパラパラに炒めることができます。じっくり炒めたひき肉の脂でとうがらしやしめじを炒めるようにすると、使う油も少なくてすみますね。

しめじには、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれているので、カルシウムを含む水菜との相性は抜群です。弾力のあるしめじとシャキシャキした水菜が加わると、全体の食感も豊かになります♪

辛みと甘みが際立つ!春キャベツと豚しゃぶのペペロンチーノ

辛みと甘みが際立つ!春キャベツと豚しゃぶのペペロンチーノ-
出典元
レタスクラブニュース
柔らかくて甘い春キャベツを、とうがらしの辛味で引き立てた、季節を感じるペペロンチーノです。豚肉は柔らかいしゃぶしゃぶ肉を使い、全体の食感と調和させました。

作り方は、フライパンにオリーブオイル、にんにく、とうがらしを入れて火にかけ、香りが立ったら豚肉を加えて炒めます。塩こしょうで味付けし、スパゲッティのゆで汁を加えましょう。スパゲッティがゆで上がる1分前に、ひと口大に切ったキャベツを同じ鍋に加えてゆで、スパゲッティと一緒にお湯を切り、フライパンの具材と合わせたら出来上がりです。
スパゲッティのゆで汁を途中でフライパンに加えると、でんぷんの混ざった水分が油と馴染み、とろみがあるおいしいソースになります。

豚肉には、疲労回復をサポートしてくれるビタミンB1が豊富に含まれています。このビタミンB1とにんにくに含まれるアリシンが合わさると、疲労回復効果がさらにアップするので、忙しいときや疲れたときにどんどん活用したいレシピですね。

ビタミンB1は、スパゲッティに含まれる糖質をエネルギー化するのにも重要な栄養素です。春キャベツと豚しゃぶのペペロンチーノは、おいしいだけでなく、パワフルになれるお役立ちレシピといえますね。

キノコの旨みがポイント!もやしとエリンギのペペロンチーノ

キノコの旨みがポイント!もやしとエリンギのペペロンチーノ-
少ない材料でさっとできる、スパゲッティなしの野菜のペペロンチーノです。一品料理になりがちなパスタの副菜として添えるのもよいですね。

作り方は、フライパンにオリーブオイルとにんにく、とうがらし、ベーコンを入れ、にんにくが色づくまで加熱します。さいたエリンギを加え、しんなりしたらもやしを加えて炒め、塩こしょうで味をつけたら出来上がりです。
クセの少ないもやしを使うと、キノコの香りを邪魔せず、シャキシャキした食感もアクセントとして加えることができます。
かむたびにキノコとベーコンの異なる旨みが広がり、食欲をアップしますね。

もやしの成分はほとんどが水分ですが、栄養素もしっかり含まれています。腸の環境を整える食物繊維や、むくみの改善に役立つカリウムは、女性にうれしい栄養素ですよね。
エリンギにもカリウムが含まれているので、一緒に食べると相乗効果を期待できるでしょう。もやしに含まれるビタミンB2は、脂質の代謝をサポートしてくれるので、脂っこい料理の副菜としても活躍させたいですね。

ペペロンチーノの簡単レシピでたくさん野菜を摂ろう

シンプルなペペロンチーノは、さまざまな食材との組み合わせを楽しめる、自由度の高いメニューです。ぜひ色々な食材を使って、アレンジレシピに挑戦してみてください♪


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部