バリエーションが多いオムレツ!簡単レシピでマスターしよう

オムレツレシピ
提供元
メニューズ編集部
卵は「完全栄養食」と呼ばれるほど、いろいろな栄養をバランスよく含んだ食品です。ただ高タンパク食品ではありますが、ビタミンCや食物繊維などが含まれていないので、それらを多く含む野菜類と一緒に食べるのをおすすめします!特に「オムレツ」なんてぴったりですよね♪

しかし、オムレツは綺麗にひっくり返すことや、トロトロにするのが難しいというイメージもあるかもしれません。
そこでこの記事では、だれでも失敗なしでできる、オムレツの簡単レシピを紹介します。

流すだけで簡単!オープンオムレツ

流すだけで簡単!オープンオムレツ-
いろいろな具材が入って栄養満点なうえ、ひっくり返す必要もない、簡単なオムレツのレシピです。子どもも大好きなウインナーやコーンが入っていて、野菜を食べやすい味わいになっています。

作り方は、食べやすい大きさのかぼちゃ、赤ピーマン、グリーンピース、コーン、ソーセージなどを塩こしょうで炒め、卵液を注ぎ、かき混ぜて蒸し焼きにするというものです。
かぼちゃや赤ピーマン、グリーンピースなど、彩りのよい緑黄色野菜が卵の黄色に映えます。見た目がきれいで野菜もたっぷり食べられるのが嬉しいですね。

これらの緑黄色野菜には、ビタミンA、C、Eが豊富に含まれています。このビタミンの組み合わせは「ビタミンエース」とも呼ばれ、抗酸化作用があり、アンチエイジングや美肌に役立つとされているのです。忙しい朝ならフライパンごと食卓に出して、スプーンなどですくって食べるのも手軽ですよ。

野菜たっぷり!スペイン風オムレツ

野菜たっぷり!スペイン風オムレツ
出典元
みんなのきょうの料理
「スペイン風オムレツ」は、たっぷりの野菜を使った具沢山のオープンオムレツです。卵のタンパク質、じゃがいもの炭水化物、野菜のビタミンがそろっているので、これひとつだけでも立派な食事に◎まろやかなオーロラソースをかけると、子どもも大好きな味になりますね。

作り方は、ベーコン、玉ねぎ、赤と緑のピーマン、じゃがいもをフライパンで炒め、蒸し焼きにします。といた卵に火を通した具材を混ぜ、フライパンでじっくり蒸し焼きにし、ソースを添えて出来上がりです。
ベーコンと野菜を先に炒め合わせておくことで、油が回って野菜のうまみが引き出され、香ばしくなります。にんにくの効いた簡単オーロラソースが食欲をそそりますよ。

すりおろしにんにくはチューブ入りのものを使うと簡単ですし、手に臭いもつかずにすみますね。

ふわふわ!春キャベツのオープンオムレツ

ふわふわ!春キャベツのオープンオムレツ
出典元
みんなのきょうの料理
甘くてみずみずしい春キャベツをたっぷり入れた、旬を味わうオープンオムレツです。キャベツはビタミンCやカルシウム、カルシウムの働きを助けるビタミンKが含まれている食材なので、積極的に食べていきたいですね。

作り方は、溶いた卵に千切りの春キャベツと塩こしょうを混ぜてフライパンに流し入れ、蒸し焼きにしながら両面を焼くというものです。
小さめのフライパンで作ると、厚みのあるふんわりしたオープンオムレツになります。千切りキャベツがたくさん入っているので、食感がふわふわになり、形もしぼみにくいのが嬉しいですね。お弁当に入れても存在感のあるおかずになります。

ケチャップやソースなど、好みの調味料を添えるのもおすすめです。ひっくり返すときには、いったん蓋の上にオムレツをのせてから、フライパンに戻すときれいにできます。

インパクトあり!新じゃがのオープンオムレツ

インパクトあり!新じゃがのオープンオムレツ
出典元
みんなのきょうの料理
新じゃがいもをダイナミックに入れた、インパクト大のオープンオムレツです。朝食のメニューだけでなく、夕食のお酒のおつまみとしてもおすすめです。

作り方は、輪切りにした新じゃがを電子レンジで4分加熱し、フライパンで両面に焼き色をつけます。卵液を流し入れて軽く混ぜてから蒸し焼きにし、ピザ用チーズをトッピングして出来上がりです。
卵に牛乳を混ぜると味わいがまろやかになり、食感もふわっとした口当たりになります。新じゃがをレンジで加熱すると、下茹でしたりじっくり焼いたりする必要がないので、忙しい朝でも時短で作れますね。

卵を入れる前に新じゃがに焼き色をつけるのが、全体に香ばしさを加えるコツです。熱いうちに食べると、とろりと溶けたチーズのおいしさがたまりません!

ヘルシーレシピ!大豆のお肉と納豆入り和風オムレツ

ヘルシーレシピ!大豆のお肉と納豆入り和風オムレツ-
出典元
マルコメ レシピサイト
「ダイズラボ 大豆のお肉 ミンチ」と納豆が入ったタンパク質をたっぷり摂れるオムレツです。甘みそで味付けしているので、和風で食べるとほっとする、うま味のある味に仕上がっています。

作り方は、「ダイズラボ 大豆のお肉 ミンチ」と納豆、調味料を混ぜて電子レンジで加熱した肉だねを、フライパンに流した卵液の中央にオムレツの形にしてにのせます。肉だねを卵で巻き、余熱で火を通したら出来上がりです。
卵、大豆、納豆がそろったボリュームのあるメニューですが、ヘルシーな食材でできているのが嬉しいですね。テフロン加工のフライパンを使うと、肉だねを包むときに卵がくっつきにくく、きれいな形のオムレツになります♪

糖質控えめ!スペイン風キーマカレーオムレツ

糖質控えめ!スペイン風キーマカレーオムレツ-
出典元
マルコメ レシピサイト
「大豆粉のカレールー」を使ったスペイン風オムレツ。鮮やかな黄色が素敵な一品ですね◎

作り方は、フライパンでみじん切りのにんにく、玉ねぎ、ピーマン、しいたけを炒めてひき肉を加え、水を入れて煮込み「大豆粉のカレールー」を入れて粗熱をとります。粉チーズを入れた卵液と合わせてフライパンに流し、蒸し焼きにしながら両面を焼いて出来上がりです。
卵とお肉のタンパク質と野菜のビタミンが一皿で摂れるのは嬉しいですね。ボリューミーでインパクトがあり、ホームパーティーなどおもてなしの料理としても活躍します。

味がしっかりしていて、冷めてもおいしいので、小さめに切ってお弁当に入れるのもよいですね。

液みそで簡単!トマトとじゃがいもの和風オムレツ

液みそで簡単!トマトとじゃがいもの和風オムレツ-
出典元
マルコメ レシピサイト
トマトの赤、ピーマンの緑、卵の黄色がカラフルな、食卓に華を添えてくれる和風オムレツです。「液みそ 料亭の味」ひとつで味が決まるので、簡単においしくできます。

作り方は、さいの目に切ったトマトとじゃがいも、細切りのピーマンを、「液みそ 料亭の味」で味付けした卵液と合わせます。油をひいたフライパンに流し入れ、両面を焼いたら出来上がりです。
卵を返すときは、一度お皿に移し、裏返してフライパンに戻すとやりやすいです。トマトやじゃがいもが入ることで、リコピンやビタミンCが摂れます。リコピンは油と一緒に摂ると吸収がよくなるので、オムレツにぴったりの具材ですね。

ビタミンCは熱に弱いのですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに包まれているので、加熱しても壊れにくいのです。トマトの酸味や液みそのコクが効いているため、塩分を控えめにしても十分おいしい、ヘルシーな一皿ですね。

塩糀で味付け!ほうれん草とじゃがいものオムレツ

塩糀で味付け!ほうれん草とじゃがいものオムレツ-
出典元
マルコメ レシピサイト
ゴロゴロしたじゃがいもとほうれん草をたっぷり入れた、野菜をたくさん食べられるオムレツです。香り高いバターと「生塩糀 こしタイプ」のコクがマッチし、あっさりしつつも豊かな味わいが魅力となっています。

作り方は、下茹でしたじゃがいもとほうれん草を「生塩糀 こしタイプ」や粉チーズを入れた卵液に混ぜ、バターを溶かしたフライパンでオムレツ型に焼きあげるというものです。
じゃがいもを茹でたお湯でほうれん草も一緒に茹でると、時短になり、洗い物も少なくてすみますね。ゴロゴロしたじゃがいもがオムレツの中に見えるのも魅力なので、少し表面が破れてしまっても大丈夫です。

ほうれん草には、ハリのある肌に役立つビタミンAや、貧血予防に役立つ鉄分が豊富に含まれています。じゃがいもに含まれるビタミンCは、鉄分の吸収を助ける効果があるため、ぜひ一緒に食べたいですね。味わい深い糀(こうじ)でほうれん草の苦みも気になりにくく、野菜が苦手な人にもおすすめです。

ふんわりチーズオムレツを簡単に!

ふんわりチーズオムレツを簡単に!-
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
まるでスフレパンケーキのようにふわふわな、チーズが香るおしゃれなオムレツです。思わず写真を撮りたくなってしまいますね。卵をしっかり下ごしらえするのがポイントなので、休日のゆったりしたブランチなどにおすすめです。

作り方は、卵をしっかりと、ツノが立つくらいに泡立て、バターを溶かしたフライパンに流し入れて蒸し焼きにします。チェダースライスチーズをのせ、全体を半分に折ると出来上がりです。
卵をツノが立つまでしっかり泡立てるのが、オムレツをふっくらさせ、しぼみにくくするポイントです。卵の泡がつぶれてしまわないように、ひっくり返して裏面を焼かないので、蓋をしてしっかり蒸し焼きにし、生焼けを避けましょう。

時間が長く経つとしぼんでしまうので、温かくてふわふわのうちに食べるのがおすすめです。

味にバリエーション!ねぎのオムレツ

味にバリエーション!ねぎのオムレツ-
出典元
レタスクラブニュース
長ねぎの香味と甘みを活かした、シンプルなオムレツです。シンプルなため、形のきれいさが魅力のポイントになります。盛り付けるお皿をうまく使って、きれいな楕円形のオムレツを作りましょう。

作り方は、牛乳と塩こしょうを入れた卵液に、みじん切りにした長ねぎを加え、盛り付けのお皿を利用してオムレツの形に焼くというものです。
長ねぎの風味で、いつもとは一味違うオムレツを楽しめます。

フライパンの上でオムレツを返すのではなく、端のカーブで形を作って、お皿をかぶせて返すのが、きれいな楕円形にするポイントです!

栄養豊富なオムレツの簡単レシピで健康に!

「完全栄養食」と呼ばれる卵は、食卓全体の栄養バランスを整えてくれる、忙しいときこそ毎日取り入れたい食材です。ビタミンCと食物繊維が含まれる野菜と一緒に摂ることが、さらにバランスをよくするポイントです♪

野菜と卵を一品で食べられるオムレツなら、朝の忙しい時間にも作ることができるでしょう。いろいろなオムレツの簡単レシピをマスターして、おいしく健康的な生活を送っていきたいですね。


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部