バリエーション豊かな「長芋」の人気レシピ14選♪おうちで手軽に作れます!

長いもレシピ
提供元
メニューズ編集部
とろろなどのイメージが強い長芋には、消化酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)、グルコシダーゼが豊富に含まれています。そのため、一緒に食べる食材の栄養吸収をアップする効果を期待できると言われています。

長芋自体も、そのままサクサクとした食感を楽しんだり、すってとろろとして使ったりなど、バリエーション豊かで便利ですよね♪購入する際には、ひげ根が少なく、太くてまっすぐなもの、カットの切り口が白くみずみずしいものを選びましょう。ここでは、人気の長芋レシピをご紹介します!

ネバネバの組み合わせ!長芋入り納豆豆腐丼

納豆とうふ丼
食欲のないときにもご飯がするする食べられる、栄養たっぷりの手間なしレシピです。長芋と納豆のネバネバと豆腐のふわふわ食感は、ヘルシーなのに食がすすむ強力タッグと言えるでしょう。

長芋は切るのではなく、ポリ袋の上から叩いて食感を残すのがポイントです。こうすると、切り口がギザギザになるので、醤油などの調味料がよくなじむんですよ♪
器に出すときは、ポリ袋の端を切って絞り出すようにしましょう。長芋や納豆などのネバネバ食材に、ほとんど触らなくて良いのもうれしいですね。まな板を使うのはシソを千切りにするときだけなので、洗い物も楽にすみますよ。

食感が楽しい!長芋の梅おかか和え

長芋の梅おかかあえ
出典元
みんなのきょうの料理
しょうゆをベースに、切った材料をさっと和えるだけで味が決まる簡単レシピです。梅の「クエン酸」や長芋に含まれる成分「アルギニン」などで、疲労回復に役立ちます。
また、長芋ときゅうりにはむくみ予防に役立つカリウムが含まれているので、ため込まない体作りにもぴったりなレシピです。

削り節のうまみで梅干しの酸味が和らぐので子どもでも食べやすく、お酒のおつまみとしてもよく合います。サイコロ状よりも乱切りにしたほうが、食べ応えのある仕上がりになりますよ!

スタミナアップ!長芋とれんこんのにんにくみそ炒め

長芋とれんこんのにんにくみそ炒め
出典元
みんなのきょうの料理
炒めてホクホクさを引き出した長芋と、シャキシャキのれんこんの食感が楽しい炒め物です。食欲をそそるにんにく味噌味に、アクセントとしてパルメザンチーズを加え、お酒にもご飯にもよく合う味に仕上げました。

仕上げにチーズを加えるので、途中の塩は少し足りないくらいにおさえるのがポイントです。
長芋は、切ったあとさらに叩くようにすると、にんにく味噌だれがよく絡みます。和食のおかずの一品としても、パスタ料理などの洋食の副菜としても違和感なくなじみ、食卓で活躍してくれるレシピです。

カロリーダウン!大根と長芋と水菜の和風ノンオイルサラダ

大根と長芋と水菜の和風ノンオイルサラダ
出典元
マルコメ レシピサイト
ヘルシーなノンオイルドレッシングのサラダです。うまみの多い「生しょうゆ糀」を使うので、オイルなしでも満足感のあるドレッシングになります。

具材も大根と水菜、長芋だけなので手間なく作れますね。シャキシャキした大根と水菜に、サクサクした粘りのある長芋を合わせることで、豊かな食感と食べ応えのあるサラダになりました。

ふんわり食感!長芋のふんわり塩糀焼き

長芋のふんわり塩糀焼き
出典元
マルコメ レシピサイト
すり下ろした長芋と卵をベースにした、ふんわりなめらかな長芋焼きです。刻んだ長芋やツナ、溶けるチーズを具材に加え、楽しい食感とコクのある一皿になりました。

調味料に塩糀を使うのが、豊かなうまみを出すコツです。長芋は大きめにカットしても、食べ応えが出て美味しそうですね。オーブンで15分焼くだけでできるので、コンロを占領せず、さっと副菜を作りたいときにも便利です。
長芋には疲労回復に役立つ消化酵素やアルギニンが含まれ、卵には体を元気にするアミノ酸が多く含まれているので、この2つは相性の良い食材といえます。ふんわり優しい味のこのレシピは、心の疲れも優しく癒してくれそうですね。

口当たりなめらか!長芋の和風グラタン

長芋の和風グラタン
出典元
みんなのきょうの料理
海老やブロッコリー、エリンギなど、シンプルな食材を長芋と合わせ、さっと作れるようにアレンジしたグラタンのレシピです。

ホワイトソースは、すりおろした長芋を豆乳でのばし、ヘルシーなうえ簡単に仕上げました。削り節と味噌を使った和風の味付けで、ご飯にもよく合います。レンジできるでしょう。
密封すれば、約1カ月ほど冷凍保存できるので、冷蔵庫の食材を整理したいときなどに使うと便利です。具材に長芋ソースをかけたあと、器の中で絡めるようにすると、長芋のとろみがソースのように具になじみます。

ご飯を合わせればドリアになりますし、ソースを牛乳などでさらにのばすと、スープやシチューにもアレンジできるでしょう♪

お弁当にも使える!長芋と牛肉の炒めもの

牛肉と長いもの黒こしょういため
ウスターソースで簡単に味が決まる、牛肉を使った長芋レシピです。手に入りやすい牛こま切れ肉で作ると、お財布にも優しいですね。牛肉には疲労回復に役立つアミノ酸が多く含まれており、長芋と一緒に食べることで、スタミナをつける相乗効果が期待できます。
長芋の白、パプリカの黄色、万能ねぎの緑で彩りが良く、冷めても美味しいです。お弁当のおかずとしても活躍してくれるでしょう。長芋とパプリカはさっと炒めるようにすると、加熱に弱い消化酵素やビタミンCをあまり損なわずにすみます。

長芋から出る粘りが調味料の味をしっかり絡ませるので、ご飯がどんどんすすみますよ。

ご飯のおかずにぴったり!オクラの豚バラ巻き

オクラの豚バラ巻き
出典元
みんなのきょうの料理
オクラの緑にとろりとした照り焼きだれが映えて、食欲をそそる肉巻きレシピです。長芋、オクラ、豚バラ肉というシンプルな材料で、簡単にできるのが便利ですね。長芋とオクラのネバネバ食感が楽しく、巻いてあるので食べやすいところが人気です。
長く加熱すると長芋の食感が損なわれてしまうので、肉に火が通る程度にさっと加熱するのがポイントです。

簡単ヘルシー!トマトの山かけ

トマトの山かけ
出典元
みんなのきょうの料理
驚くほど美味しく、あっという間に食べてしまうと人気のトマトと長芋を合わせたレシピです。トマトには、抗酸化作用のある「リコピン」や、βカロテンとビタミンCなどが含まれています。
すって下味をつけた長芋と切ったトマトを合わせ、トッピングを乗せるだけという簡単さもうれしいですね。食卓にもう一品欲しいときなどにさっと作れます。

わさびと梅干しを添えた爽やかな味は、ご飯だけでなく、ざる蕎麦の副菜やお酒のおつまみとしてもぴったりです。時間が経つとトマトから水分が出るので、食べる直前に作るようにしましょう!

体の芯から温まる!豆腐だんごのとろろ鍋

きょうの料理レシピ 2008/11/04(火) シンプル鍋物改革! 豆腐だんごのとろろ鍋
出典元
みんなのきょうの料理
あっさりとしただしに、すった長芋を煮溶かしながら食べる、体の温まる鍋料理です。
豆腐と小麦粉だけで練った「豆腐だんご」はすいとんのように柔らかく、モチモチと食べ応えのある食感がたまりません!
長芋の煮溶けただしでおじやを作るのも良いでしょう。しょうがを一緒に加熱して、温め効果をアップさせるのもおすすめです。

手軽にできるおもてなし料理!じゃことろろ

じゃことろろ
出典元
みんなのきょうの料理
まるで、小料理屋の一皿のような上品な長芋のレシピです。とろみのある長芋とカリカリの長芋、2種類の食感が楽しく、おもてなし料理の前菜としても活躍してくれるでしょう。

ちりめんじゃこを使っており、カルシウム不足の気になる人にもおすすめです。
叩いてとろみを出した長芋は、必ずさらしやガーゼで水分を絞ってから、粉をまぶして焼いた長芋にかけましょう。このひと手間をかけると、焼いた長芋のかりかり感を損なわないので、プロが作ったような仕上がりになります。

最後にかける甘酢も水っぽくならず、上品な味にまとまりますよ。

ホッとする味!長芋のポタージュ

長芋のポタージュ
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
長芋のすりおろしをベースに作った、優しい味のポタージュです。ミキサーなどを使う必要がないため、さっとできて洗い物も少なくすむのが嬉しいですね。食欲がないときにもおすすめなレシピです!

甘みのある長ねぎとうまみの多いハムを加え、あっさりしつつも、しっかりコクのある味になりました。おもてなしの席で、メインの前のスープとして出すと人気が出るでしょう。
ボリュームを出すなら、ブロッコリーやにんじんなど、緑黄色野菜を追加するのがおすすめです♪

ご飯のお供に!きのこと長芋のしょうゆ漬け

きのこと長芋のしょうゆ漬け
出典元
みんなのきょうの料理
熱するととろみが出るえのきだけ、なめこ、長芋を合わせたネバネバレシピです。長芋やきのこのビタミン類と食物繊維をしっかりとれる、ヘルシーなレシピと言えるでしょう。
切った材料を熱湯でさっと茹で、合わせ調味料に浸けるだけという簡単さも人気です。冷蔵庫で5日ほど保存できるので、副菜としてさっと食卓に出せますね。そのまま食べても良し、ご飯や豆腐、蕎麦にかけても美味しいです。

塩分が気になるなら、合わせ調味料の醤油を好みで加減しましょう。ネバネバ野菜のオクラなどを加えたアレンジもおすすめです。

ネバネバ軍団で健康的に!とろネバチーズそば

とろネバチーズそば
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
納豆、卵、オクラなどのネバネバ食材を加えた、変わり種のとろろ蕎麦です。冷たい蕎麦だけでなく、温かい蕎麦に合わせても美味しいですよ!

主役にも脇役にも!長芋を美味しく食べよう

食べ物の消化吸収を促す成分を含んでいる長芋は、体にとっても優しく、食べ方にも様々なバリエーションがあって便利な食材の1つです!副菜にも、メインの料理としても活躍するので、できるだけ常備しておきたいですね。

栄養豊かで便利な長芋のレシピを活用し、美味しく健康になっていきましょう♪


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部