クリーミーなソースに具材を絡めて♪簡単にできるグラタンレシピ10選

グラタンレシピ
提供元
メニューズ編集部
グラタンといってもさまざまなタイプがありますが、なんだかカロリーが高いイメージがありますよね。そんなときは、具材をブロッコリーなど野菜中心にするのがヘルシーでおすすめです!

今回は、簡単にできるグラタンレシピ10選を紹介します。人気のグラタンをさまざまな調理法で楽しみましょう♪

食材の組み合わせが最高!なすのグラタン

なすのグラタン
出典元
みんなのきょうの料理
なすとトマト、チーズの組み合わせは相性バツグン。このレシピはトマトソースさえしっかり作ればあとは簡単です。

美味しく作るコツは、ホールトマトの堅い部分を取って、じっくりコトコト煮込むことと、塩で米なすのアクをしっかりとること。あとは焼いた米なすとチーズ、トマトソースを交互に重ねてオーブンで焼くだけで美味しいなすのグラタンが出来上がります。
モッツァレラチーズとパルメザンチーズ、2種類のチーズがコクと旨味をプラスさせ、とろけるような美味しさになります。
トマトソースが味の決め手になっているので、妥協せずに作りましょう。トマトソースは余ったらほかの料理にも使えるので、多めに作っておいても大丈夫◎

シンプルなだけに、ひとつひとつの作業を丁寧に行うことで仕上がりに差が出るレシピです。

たっぷりのえびと共に!アーモンドが香ばしいマカロニグラタン

アーモンドが香ばしいマカロニグラタン
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
子どもも大人も大好きなえびグラタンレシピです。ホワイトソースは、本来バターと小麦粉をじっくり炒めて牛乳を少しずつ加えるという手間をかけて作るものです。

しかし、忙しいときはそのような作業をする時間がありません。そこで、市販のホワイトソースを使えば手間もかからず時短できます。ストックしておけば、食べたいときにすぐ作れて便利ですね。
手を抜ける部分は手を抜いて、気軽に美味しいグラタンを作りましょう!マカロニ、えび、玉ねぎを主な材料に、アーモンドスライスで香ばしさを加えた一品です。

手順はバターで炒めた玉ねぎとえびに、表示通りに茹でたマカロニとホワイトソースを加え、チーズとスライスアーモンドをかけて焼くだけ。アーモンドの香ばしさがグラタンの美味しさをグンとアップさせます。

朝食にも夕食にも!オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープ
出典元
みんなのきょうの料理
オニオングラタンスープとは、しっかりきつね色に炒めた玉ねぎの旨味を味わうスープです。スープの表面に、トーストした薄切りのフランスパンとたっぷりのチーズをかけてオーブンで焼き目をつけることから、「グラタン」の名がついています。

ベースとなる玉ねぎはバターでじっくり炒めましょう。きれいなきつね色にするコツは、あまり頻繁に混ぜないことです。混ぜすぎると水分が出て焼き色がつきにくくなります。
バターと玉ねぎがつながってとろっとなり、「乳化」した状態にすることが大事です。これはオニオングラタンスープの肝となる作業なので、しっかりと行いましょう。

チーズはあればグリュイエールチーズの塊をおろしてかけるのが理想的ですが、なければシュレッド(細切り)タイプでも大丈夫です。なお、フランスパンの種類は好みのもので問題ありません。固くなってしまったフランスパンでも大丈夫です。

節約食材で作れちゃう!ゆで卵のポテトグラタン

ゆで卵のポテトグラタン
出典元
みんなのきょうの料理
ホワイトソースの代わりにマッシュポテトを使用する節約レシピです。マッシュポテトのクリーミーな味わいは、ホワイトソースに勝るとも劣りません。しかも、じゃがいもは栄養価が高く、熱に強いビタミンCが豊富に含まれています。

グラタンの具材もキャベツとハム、卵なので、不足しがちな食物繊維やタンパク質もしっかり摂ることができますね。節約できるうえ、栄養のバランスが良いので子どもにもおすすめの一品です。
手順としては、先にじゃがいもを茹でてマッシュポテトを作ります。ホワイトソースのようになめらかにするには、少し柔らかめに仕上げることがポイントです。

耐熱皿にマッシュポテトを敷き、蒸し煮したキャベツ、ハム、ゆで卵を乗せて、上からもたっぷりのマッシュポテトをかけたらオーブンで焼き目がつくまで焼きましょう。ハムに含まれる塩分が全体に行き渡ってほどよい味わいになります。

マッシュポテトを作る時間がないという人は、市販品で代用するという方法もあります。あまり気負いせず、手軽にグラタン料理を楽しんでみましょう。

手作りホワイトソースが美味しい!チキンマカロニグラタン

チキンマカロニグラタン
出典元
みんなのきょうの料理
グラタンはホワイトソースの出来ばえで味が決まります。手作りのホワイトソースも、手順をふまえればそれほど難しくはありません。逆に、ホワイトソースさえしっかり作れたら失敗することのない料理だともいえるのです。

マカロニ、玉ねぎ、しめじ、鶏もも肉が入った基本のグラタンを覚えておきましょう。ホワイトソースはバターで小麦粉をよく炒め、小麦粉の粉っぽさがなくなるまで、炒めることが重要です!
材料の割合は、「バター:小麦粉:牛乳」が「1:1:10」と覚えておくと便利です。ソースの美味しさを味わうため、チーズはかけないレシピです。ぜひ、アツアツのうちに食べましょう。

ホワイトソース作りに慣れてしまえば、思い立ったらいつでも家にある材料で気軽に作れます。市販品を購入するより経済的でもあるので、覚えておいて損はないでしょう!

ホワイトソースが余ったら、翌日はパンにハムとチーズ、ホワイトソースをかけて焼いた「クロックムッシュー」を作るのもおすすめです。ワンランク上の朝食メニューが楽しめるのではないでしょうか?

寒い日にぴったり!トマトグラタンスープ

トマトグラタンのスープ
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
フランスパンがトマトスープをよく吸った、グラタンスープのレシピです。トマト缶には適度なとろみがついているため冷めにくく、寒い日には特に嬉しいメニューですね。

朝食や軽食にもおすすめ。このスープのポイントは、タマネギをしっかりとあめ色に炒めて甘味を引き出すことです。炒めタマネギの甘味とトマトの旨味が相まって、コクのある味わいになります。
にんにくの風味もアクセントになっているので、シンプルな見た目からは想像できないほど奥行きのある味わいです。

カリカリに焼いたフランスパンとの相性もバツグン。とろけたチーズをからめながら、あつあつのうちに食べましょう。これだけで満足感があるうえ、リコピンが豊富なトマトの栄養成分もしっかりと摂れる、優秀なメニューです。

子どもにもおすすめ!ほうれん草の和風卵グラタン

ほうれんそうの和風卵グラタン
出典元
みんなのきょうの料理
ほうれん草とベーコン、卵、バターがあれば簡単にできる、和風グラタン。ホワイトソースの代わりにだしで溶いた卵液を使うのが特徴です。

一見茶碗蒸し風のソースですが、そこに溶かしバターが加わることでぐっとグラタン風の味になります。香りよく、ほんのりとした甘い味わいが食欲をそそり、子どもにもおすすめのレシピです。
ほうれん草とベーコンは同じ大きさに切りそろえてから炒めましょう。このとき、後でオーブンで焼くので、ほうれん草とベーコンは軽く炒めておくことがポイント。具材を耐熱皿に移し、卵液を静かに流し入れたら、150℃のオーブンで15分ほど焼きます。優しい味わいがあとを引く美味しさです。

濃厚でボリュームがたっぷり!ひき肉とマッシュポテトのグラタン

ひき肉とマッシュポテトのグラタン
出典元
みんなのきょうの料理
合いびき肉と玉ねぎ、茹でて刻んだブロッコリー、クリーミーなマッシュポテトの三層構造のグラタンです。マッシュポテトは、牛乳とよくなじませるように混ぜるのがふんわりとなめらかに仕上げるポイントです。

マッシュポテトは冷めていると伸ばしにくいので、あらかじめほかの具材を準備してから作り始めるのがおすすめ。フォークで模様をつけて焼くと、まるでパイのような美しい焼き目がつきます。

なめらかなマッシュポテトの美味しさが後を引く、子どもも大人も大好きなグラタンです♪
炒めたひき肉や茹でブロッコリー、マッシュポテトは一度作り置きすれば冷凍庫で2週間ほど保存できます。それぞれ密閉できるジッパー付きの保存袋に入れて保存しましょう。多めに作っておけば、冷凍庫から取り出して焼くだけで美味しいグラタンが出来上がります。

アンチョビの塩気がポイント!豆腐のツナグラタン

豆腐のツナグラタン
出典元
みんなのきょうの料理
子どもも大人も大好きなツナマヨネーズは、豆腐と合わせると驚くほどの美味しさになります。豆腐は水気をしっかりと切ることがポイントです。

ツナマヨソースには、アンチョビやケイパーを入れ、フードプロセッサーにかけてなめらかにします。アンチョビの塩味とケイパーの香りがこのソースの特徴です。ソースだけだと若干濃いめの味付けですが、豆腐と合わせて食べることで全体の味がまろやかになります。
豆腐にソースをかけたら、電子レンジで一度加熱して水分を飛ばしてからオーブンに入れるのがコツです。ベチャッとならず、出来上がりのクオリティーが格段に変わります。

しっかりと味が付いているのに、口当たりは軽く、さっぱりと食べられます。軽食にも、お酒のつまみにもおすすめの一品です。

お手軽レシピ!豚ヒレ肉ときのこのグラタン

豚ヒレ肉ときのこのグラタン
市販のトマトソースを使ったお手軽グラタンレシピです。ソースには白ワインを加えることで上品な味わいになります。豚ヒレ肉は揚げもののイメージが強いという人も多いでしょうか。

しかし、チーズと合わせてグラタンにすることで、いつもと違った新鮮な味わいを楽しめます!
豚ヒレ肉は小麦粉をまぶしてソテーすることで肉の表面がコーティングされ、旨味を閉じ込めることができます。ソテーした豚肉に、ソースとチーズをかけて200度のオーブンに入れて15分ほどで完成です。

簡単に作れるうえ、豚ヒレ肉のボリュームが満足感を与えてくれる一品です。大皿に盛り付けて、パーティー料理としても活躍します。彩りもきれいなので、テーブルが華やかになるのではないでしょうか。

簡単にできるグラタンから作ってみては?

グラタンは手間がかかるイメージがあり、手作りするのが億劫に感じる人もいるのではないでしょうか?時間がないときは無理せず、ホワイトソースやマッシュポテトなどの市販品をうまく活用しましょう!

時間がとれたときには、本格的なホワイトソース作りにもチャレンジしたいものです。特別な材料は使わないので、一度覚えてしまうと何かと活用用途が広がります。ソースや具材の作り置きをしておくと、食べたいときにすぐ調理できて便利ですよ♪

今回紹介したレシピはどれも簡単にできるものばかりです。まずは手軽にできるもの、得意なものから挑戦してみてはいかがでしょうか。家にある材料でできるものを選んでも良いですね。あつあつの手作りグラタンを食べれば、心も体も温かくなるのではないでしょうか。


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部
  • #夕飯
  • #料理
  • #簡単レシピ