安くて美味しい◎ジューシーな鶏もも肉の人気レシピ12選!

鶏もも肉のレシピ
提供元
メニューズ編集部
鶏もも肉は、ヘルシーで高タンパクな食材です。購入時の選び方としては、毛穴が盛り上がって見えるものや、表面にハリが感じられるもの、鮮やかなピンク色に見えるものを優先して選ぶと良いでしょう♪

柔らかくて肉汁も多い鶏もも肉は、から揚げやチキンステーキなどにも適しており、色々な料理に使える万能食材です。そうはいっても、いつも定番メニューばかりでは飽きてしまいますよね?
そこで、この記事では鶏もも肉を使った煮物・焼き物などの人気レシピ12選を紹介します。

子供も大好き!鶏肉の照り焼き

鶏肉の照り焼き
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
定番料理である鶏もも肉の照り焼きを食べやすくアレンジしたレシピ。マーガリンを使って焼くので、照り焼きソースの口当たりがまろやかになります。

鶏もも肉はしょうゆ、みりん、酒で作った調味液にしっかりと浸して、しっかりと下味をつけましょう!下味をつけた肉は焦げやすいので弱火でじっくりと焼き上げるのがポイントです。
皮目をじっくり焼いてパリッとさせることが、美味しい照り焼きチキンのコツ。ツヤツヤの照りが、食欲をそそる一品です♪

ザ・お手本!鶏のから揚げ

鶏のから揚げ
出典元
みんなのきょうの料理
衣はサクッと中身はジューシー。きっと真似したくなるお手本のから揚げレシピです。鶏肉は骨のまわりに旨味が集中しているので、できれば骨付きのものを選ぶのがおすすめ。ジューシーさをアップさせるコツは、下味に味と水分を抱え込ませることです。

酒やしょうゆなどの調味料とともに水を追加してもみ込みます。小麦粉と片栗粉は同時に入れません。水分となじみやすい小麦粉は先に入れて下味を閉じ込めます。衣の表面がカリっとなるのは片栗粉の仕事。あとから加えて表面に纏わせましょう。
驚くべきは、揚げる手順です。サラダ油を熱してからではなく、冷たい油に、衣をつけた鶏もも肉を入れて強火にかけます。揚げ色がついてくるまではさわらず、じっと我慢しましょう。表面はサクッと揚がり、中はジューシーな理想のから揚げです。
是非マスターして、家族に振る舞ってみてはいかがでしょうか♪

甘辛でご飯が進む!とりもも肉のごま焼き

とりもも肉のごま焼き
たっぷりとごまをのせて焼く香ばしい鶏もも肉料理です。グリルで焼くので、香ばしくヘルシーな仕上がりになります。鶏もも肉は漬け込んでから焼くので、焦げないように注意しましょう。
上手に焼くコツは、最初に皮目を下にして焼くことです。裏返してから、皮目にごまをたっぷり散らして焼けば、火が十分に通るまでにちょうど良い焼き色がつきますよ!
漬け汁を上手く活用して、付け合わせの野菜にもまぶして焼きましょう。ごまの風味が食欲をそそり、ご飯が進む美味しさです。定番の甘辛味も、このように工夫すればまた違った味わいを楽しめますね。しっかり味がついているので、お弁当にもおすすめの一品です。

ボリュームも栄養もたっぷり!鶏肉と野菜のグリル バルサミコバターソース

鶏肉と野菜のグリル バルサミコバターソース
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
しっかりとした噛みごたえのパンドカンパーニュと、バターを使ったソースとの相性がバツグンの一皿です。豊かな香りが特徴のバターとバルサミコ酢で、鶏もも肉のグリルをワンランクアップさせましょう。

鶏もも肉を美味しく仕上げるには、にんにくの香りを十分に立たせることと、肉をじっくりと焼くのがポイントです。
にんにくの香りが発酵バターに移り、鶏もも肉と野菜全体に香ばしい風味がつきます。野菜は好みの野菜に変えても大丈夫◎季節の野菜を上手に取り入れましょう。
単体で使うと酸味が立つバルサミコ酢も、煮詰めることで甘味を引き出し、発酵バターを加えることでまろやかさがプラスされます。パンにソースをつけながら食べても美味しいですね。ワインにもぴったりのおしゃれな一皿です。

シンプルで上品な味わい!とりもも肉の焼きびたし

とりもも肉の焼きびたし
食材は鶏もも肉と小松菜だけの簡単レシピ。山椒のピリッとした辛みが決め手の上品な味わいです。シンプルな料理だけに、鶏もも肉はしっかりと下処理をしておきましょう。余分な脂を取り除いたり、筋を切って厚みを均一にしたりすることで、ヘルシーなうえ、焼き縮みも防ぎます。鶏もも肉は表面を強火で焼いたあとは弱火でじっくりと火を入れていきましょう。
肉に厚みがある場合はふたをして、しっかり中まで火を通していきます。
香ばしく焼いた鶏もも肉、旨味たっぷりのだし、香りの山椒が相まって、どんどん箸が進んでしまいそうですね。和食の献立にぴったりの一品です。

トマト缶を使ったお手軽レシピ!トマトとチキンの煮込み

トマトとチキンの煮込み
出典元
みんなのきょうの料理
手軽なのに味は本格派。トマトと鶏もも肉の旨味を吸ったキャベツも美味しい一皿です。ソースをなめらかな味わいにするコツは、ホールトマトを細かく刻むことです。キッチンばさみを使うと便利ですね。シェリー酒がない場合は白ワインで代用しましょう。

鶏もも肉には小麦粉をまぶしてから焼くことで旨味を閉じ込め、ソースに適度なとろみをつけることができます。たっぷりのキャベツが入っていますが、煮込むほどにどんどんかさが減り、甘味もアップします!
煮込み時間は約10分と、短時間で手軽にできるのにもかかわらず、本格的な味わいを楽しめるレシピです。トマト、鶏もも肉、キャベツの色合いが見た目にも華やか。いつもの食卓にはもちろん、おもてなし料理にもいかがでしょうか?

とろけるチーズが美味しさの決め手!鶏肉のチーズグリル

鶏肉のチーズグリル
トマトケチャップとチーズの味付けで、簡単なのに豪華な印象の料理です。両面とも焦げ目をつけるように焼きますが、特に皮目はパリッと仕上げるように焼くと美味しく仕上がります。
皮目をきれいに焼くコツは、鶏もも肉の下処理にも秘密があります。余分な脂を取り除いたら、厚みを均等に切り開き、皮目を軽く包丁でたたいておきましょう。そうすることで、焼き縮みを防ぎ、皮にも均等に火が入ります。
仕上げにとろけるスライスチーズをのせて、弱火で1~2分熱を加えてチーズをトロトロとろとろに溶かしましょう。
付け合わせの野菜を彩りよく添えたら、まるでレストランのメニューのような一皿になります。チーズがあつあつのうちにいただきましょう。

本格的な味に感動!れんこんと鶏肉のピリ辛炒め

れんこんと鶏肉のピリ辛炒め
出典元
みんなのきょうの料理
赤唐辛子のピリ辛に、ほどよい酸味を効かせた中国風の炒め物です。材料は一度油通しを行うことで、炒め時間が短縮できます。適度に油をまとうので味わいにもコクがでますね。その際は片栗粉をまぶすとパリッと揚がり、調味料も絡みやすくなるので覚えておきましょう◎
辛みがしっかり出る作り方なので、子供用には唐辛子抜きがおすすめです。鶏もも肉、れんこん、しいたけ、ピーマン、それぞれの異なった食感が楽しく、食べごたえのある一品。
大皿に盛り付けて、できたてを家族で食べたいですね。味がしっかりついているので、冷めてももちろん美味しく食べられます。お弁当に入れても喜ばれるのではないでしょうか。

上品な甘みと旨味!グリーンピースととり肉の煮もの

グリーンピースととり肉の煮もの
あっさりとした味わいのなかに確かなコクが感じられる煮物料理のレシピです。鶏もも肉は小麦粉をまぶして旨味を閉じ込めましょう。グリーンピースがサブの役割を担います。たっぷりと加えるので、できれば生を使ったほうが美味しく仕上がるでしょう。
白ワインの風味でさっぱりと煮るレシピなので、スープの素は洋風がおすすめです。チキンやビーフなど、好みのものを使ってみましょう。
煮込み時間は約10分でできるスピード料理ですが、手間がかかっているかのような味わいです。
グリーンピースのプチプチとした食感が楽しく、旨味たっぷりの鶏肉とぴったりマッチした美味しさです。洋風に仕上げてあるので、パンはもちろん合いますが、ご飯にも良く合う一品。

おもてなし料理にも使える!鶏の煮おろし

鶏の煮おろし
出典元
みんなのきょうの料理
衣をつけて焼いた鶏もも肉をだしでサッと煮て、大根おろしを効かせた一品です。片栗粉はガーゼで包んで肉にはたくようにするのがポイント。衣を薄づきにできるのでおすすめの方法です。鶏肉を焼く際は、8分程度火が入ったら取り出し、鍋に入れていきましょう。
あとは鍋で煮て火を通すので、鶏肉が硬くなりにくく、ちょうど良い食感になります。
うす口しょうゆベースで上品な味わいは、おもてなし料理にもぴったり。大根おろしがさっぱりとして、いくらでも食べられそうな一品ですね。大根おろしには消化を助ける酵素が含まれているので、食欲がないときや胃腸の調子が悪いときなどにもおすすめです。

わずか10分でフレンチが完成!鶏肉となすのトマト煮

鶏肉となすのトマト煮
出典元
みんなのきょうの料理
煮詰めたような濃厚なトマト味の秘密はトマトケチャップにあります。あらかじめトマトケチャップとスープを混ぜ合わせてから加えるので、具に味が早く回るのがポイント。まるで長時間煮込んだかのような深みのある味わいになります。
仕上げにオイスターソースを加えることで、さらにコクが増して美味しくなります。焼たなすのとろっとした食感と、鶏もも肉のプリっとした歯ごたえがトマトとよく絡んで絶妙な味わいです!
シンプルでスピーディーにできる簡単レシピですが、材料の下ごしらえや調味料の準備は丁寧に行いましょう。
鶏もも肉を下処理したり、トマトを湯むきしておいたりする作業をしっかり行っておけば、いざ煮込み始めるときに慌てずに済みますね。

冬場の定番料理にいかが?白菜の鶏スープ煮

白菜の鶏スープ煮
出典元
みんなのきょうの料理
白菜をトロトロに煮込むと鶏もも肉の旨味がよくしみ込んで、さらに美味しくなります。たまねぎも入っているので自然な甘味もプラス。鶏もも肉はジューシーさをキープするために切らずに煮て、食べる直前に切りましょう。材料を入れて水から煮ていくシンプルな作り方です。鶏もも肉から出る旨味と塩だけで味を決めます。
水分の蒸発する量によって味が濃くなったり薄くなったりするので、その都度味を見ながら塩加減を調整すると良いでしょう。優しい味なので、白菜が旬を迎える冬場は何度も食べたくなる味です。
生姜と一味唐辛子は味のアクセントなりますね♪

使いみちが多い鶏ももは肉アレンジも楽しい!

鶏もも肉料理は、焼き物や煮物などさまざまな調理法があり、和洋中のジャンルも問いません。また、レシピをアレンジしやすいのも鶏肉料理の特徴です。味付けを変えてみたり、できた料理を違う料理にリメイクしたりと、自分なりのアレンジを試してみてはいかがでしょうか?

今回紹介した人気レシピを参考にして、鶏もも肉料理のバリエーションをもっと楽しみましょう♪


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部