人参で美味しいお弁当レシピ!彩りの良いおかずで食欲増進

人参でお弁当レシピ
提供元
メニューズ編集部
赤色が鮮やかな人参は、お弁当を一気に華やかにしてくれる食材です。汁気が少なく、冷めると独特の匂いが落ち着いて食べやすくなる点も、お弁当向きですよね。

生の人参には、むくみ予防に役立つカリウムや美肌や免疫力の向上に役立つβカロテンが豊富に含まれています。美容を気にする大人だけでなく、子どもの健康のためにも積極的に食べていきたい食材のひとつです。

この記事では、人参を使った簡単なお弁当のレシピを紹介します。毎日の食卓だけでなく、お弁当にも人参をたっぷり入れて、家族の健康を増進していきましょう♪

甘い味で子どもも大好き!栄養豊富なごまみそ人参

甘い味で子どもも大好き!栄養豊富なごまみそ人参
人参とみその甘みがマッチした、子どもにも喜ばれる味のおかずです。みそだけで味が決まるので、誰にでもおいしくできますよ。

作り方は、細切りにした人参を油をひいたフライパンでしんなりするまで炒め、みそと酒を加えて汁気がなくなるまでさらに炒め、すりごまを混ぜるというものです。
カラフルな人参は、お弁当の彩りにぴったりなだけでなく、βカロテンなどの栄養素も豊富です。皮膚や粘膜を正常に保つ働きをするβカロテンは、油と一緒に加熱調理すると吸収がよくなるという特徴があります。

さらに、すりごまを加えると、抗酸化作用のあるセサミンや、骨や歯の形成に関わるカルシウムが摂れて、栄養価もアップしますね。時間が経つと出やすい汁気もすりごまが吸ってくれるので、お弁当が水っぽくならないのも嬉しいポイントです!

野菜たっぷり!いり鶏をお弁当に入れよう

野菜たっぷり!いり鶏をお弁当に入れよう
出典元
みんなのきょうの料理
人参の甘みと、干ししいたけや鶏肉のうまみがおいしい、ほっとする味のおかずです。冷めるとなお味が染みるので、お弁当のご飯もすすみますね。

作り方は、フライパンで鶏肉を焼き色がつくまで炒め、ごぼう、こんにゃく、干ししいたけ、たけのこ、人参を入れ、合わせ調味料を加えて煮込みます。最後にれんこんを加え、汁気が少なくなったら火を止めてしばらく置き、出来上がりです。
野菜類は一度に加えず、時間差をつけて順番に入れると、それぞれがほどよい食感になります。鶏肉のうまみが野菜にまわるので、人参の独特の臭いもおさえられ、人参が苦手な子どもでも食べやすい仕上がりに◎

かわいい形で子どもも大喜び!人参のはちみつレモン煮

かわいい形で子どもも大喜び!人参のはちみつレモン煮
出典元
みんなのきょうの料理
人参の甘さを活かしてはちみつとレモンで煮た、野菜が苦手な子どもにも喜ばれるおかずです。輪切りにした人参を型で花形などに抜き、水とはちみつ、レモン汁で柔らかくなるまで煮て作ります。

プロセスチーズを人参と同じ型で抜いて、型で抜いた人参の穴に詰めたら出来上がりです。花形の人参も、型で抜いたあとの人参も両方使うので、食材に無駄が出ないのが嬉しいですね。
彩りのよさや甘い味付けに加え、花型のかわいい形が子どもに喜ばれます。人参に咲いたプロセスチーズの白いお花は、子どもの興味や食欲をアップしてくれますね♪星型など、形をアレンジしてもかわいいですよ!

冷めても柔らかいジューシーハンバーグ弁当

冷めても柔らかいジューシーハンバーグ弁当
出典元
みんなのきょうの料理
人参のすりおろしを使うことで、冷めても柔らかい食感を保った、お弁当にぴったりのハンバーグです。噛む力や飲み込む力が弱い子どもでも、最後までおいしく食べられるよう工夫しました。

作り方は、あいびき肉に、すりおろし人参とパン粉、牛乳などで作ったつなぎを加え、小さく成形してフライパンで両面を焼き、ケチャップを添えるというものです。
つなぎの割合を多くし、牛乳やすりおろした人参を加えることで、ハンバーグが冷めても硬くならないよう工夫しています。人参のほのかな甘みがハンバーグのうまみを引き立てます!人参の味が主張しすぎないため、野菜嫌いの子どもにもおすすめです。

ケチャップは、小分け用カップの底などに敷いておくと、お弁当箱の蓋が汚れにくく食べやすいです!

ご飯は少なめ!野菜たっぷりキンパ

ご飯は少なめ!野菜たっぷりキンパ-
出典元
マルコメ レシピサイト
ごま油の風味で、野菜をたくさん食べられるヘルシーな韓国風の太巻きです。野菜でご飯をかさましできるので、ヘルシーながらも満足感を得られるお弁当です。

作り方は、下ごしらえした「大豆のお肉ミンチ」をフライパンで炒め「料亭の味 無添加」とコチュジャンで味付けします。巻きすの上に、海苔、ご飯、茹で春菊、キムチを混ぜた茹でもやし、「大豆のお肉ミンチ」、たくあん、人参をのせて太巻きにします。

食べやすい厚みに切り分け、ごま油と白ごまをかけたら出来上がりです。
お肉に比べて脂質が低く、食物繊維が多い「大豆のお肉ミンチ」を使ってヘルシーに仕上げました。「料亭の味 無添加」とコチュジャンがあれば味が決まるので、誰にでもおいしく作れますね。

春菊や人参などに含まれるβカロテンは、脂質と一緒に摂ると吸収がよくなります。ごま油を使ったキンパなら、冷めてもおいしく食べられるでしょう♪

すりおろし人参とソーセージのダイズスコーン

すりおろし人参とソーセージのダイズスコーン-
出典元
マルコメ レシピサイト
こちらは、パンケーキミックスを使用したヘルシーで甘くないスコーンです。

作り方は、「ダイズラボ パンケーキミックス」とすりおろし人参をボウルで混ぜ、オリーブオイル、牛乳、ソーセージ、チーズを加えます。天板に広げて切り分け、オーブンで焼いたら出来上がりです。
人参に加え、ソーセージやチーズを入れることで、栄養満点のおかずスコーンになりました。持ち歩きにも便利なので、お弁当はもちろん、食べる時間にむらがある小さい子どもの携帯食としても活躍します。

人参はすりおろして生地になじませてあるので、野菜嫌いの子どもの栄養補給にもぴったりですね。

みそで簡単調理!人参とツナのシリシリー

みそで簡単調理!人参とツナのシリシリー-
出典元
マルコメ レシピサイト
液みそひとつで味が決まる、簡単においしくできる炒め物レシピです。人参に含まれる食物繊維やビタミンに加え、木綿豆腐やツナのタンパク質も摂れるので健康的ですね。

作り方は、オリーブオイルをひいたフライパンで千切りの人参を炒め、しんなりしたら水切りした木綿豆腐を手でちぎり入れます。汁をきったツナを加え、仕上げにわけぎと液みそを加えて出来上がりです。
こちらのレシピは、液みそだけで味付けしていますが、人参の甘みやツナのうまみが合わさり、複雑な味わいを楽しめます。

わけぎを入れると、人参の赤に映えていっそう彩りがよくなります。豆腐は刃物を使って切らず、手でちぎり入れるのが味染みをよくするコツです。

お弁当に入れるときは、汁気をよく切るかカップなどを利用するのがおすすめです。

スキレットでぎゅうぎゅう焼き!ミニカップでお弁当にも

スキレットでぎゅうぎゅう焼き!ミニカップでお弁当にも-
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
肉や野菜をたくさん摂れる、チーズのコクがきいたオーブン焼きです。切った材料をスキレットに詰めればオーブンにお任せできるので、食事を作る時間を効率的に使えますね。

作り方は、ひと口大に切った鶏もも肉、じゃがいも、玉ねぎ、人参、ピーマン、エリンギをスキレットに詰め、塩こしょうとオリーブオイルをかけ、チーズをのせてオーブンで焼くというものです。
食卓で食べるなら、焼いたスキレットのままテーブルに出せるので、おしゃれに見えて手間もかからないですね!ずっと温かいまま食べられるのもメリットです。

汁気が少ないメニューなので、お弁当に入れるならスキレットから取って入れてもよいですし、アルミカップを使って小さく作ってもよいですね♪

おしゃれなフレンチ!チーズとツナのキャロットラペをお弁当に

おしゃれなフレンチ!チーズとツナのキャロットラペをお弁当に-
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
マヨネーズを加えてまろやかさを出した、キャロットラペのレシピです。「さけるチーズ」を使って細長い人参と形を合わせ、食べやすく、お弁当にも詰めやすくなるよう工夫しました。

作り方は、ボウルにマヨネーズやヨーグルト、レモン汁などを合わせ、ピーラーでリボン状にした人参、「さけるチーズ」をさいたもの、粗みじんのくるみ、ツナをあえるというものです。
おしゃれなフレンチデリを手軽に作ることができ、お弁当のおかずとして彩りがよいのが嬉しいところ。

人参に含まれる食物繊維やビタミンに加え、ツナやチーズでタンパク質とカルシウムも摂れるため、食事全体のバランスが整います。

くるみを加えると、しんなりとしたキャロットラペに食感のアクセントが加わります。くるみはビタミンやミネラルに加え、良質な脂質も摂れる食材なので、うまく日々の食事に取り入れたいですね。

ビタミンCを含むレモンは、できればフレッシュなものを使うと、いっそう風味がよくなります!

忙しい朝におすすめの簡単レシピ!塩ビビンバ弁当

忙しい朝におすすめの簡単レシピ!塩ビビンバ弁当-
出典元
レタスクラブニュース
ごま油と塩の組み合わせでご飯がすすむ、おかずにも丼にもぴったりな炒め物です。あっという間に完成するよう、切り方と調理法を工夫しました。

作り方は、フライパンの半分に豚肉を入れ、もう半分にもやし、ピーラーで薄く切った人参とアスパラガスを入れ、合わせ調味料をかけて蒸し焼きにし、かき混ぜて火を通すというものです。
肉と野菜と調味料を一緒に加熱して作るので、忙しい朝にもさっと簡単に作れます!材料を入れてから火をつけると、調味料が跳ねる危険や、焦がすなどの失敗もなく、誰にでもおいしく作れます。

野菜をピーラーで薄く切ると火の通りが早くなり、時短になります。お弁当箱にご飯を詰めてこの炒め物をのせるだけで、栄養バランスのよい立派な丼になりますよ。

準備しておけばすぐに完成!ジャージャー弁当

準備しておけばすぐに完成!ジャージャー弁当-
出典元
レタスクラブニュース
蓋をあけると歓声が上がるような、カラフルでおいしいお弁当です。前の日に下準備をしておけば、炒めるだけであっという間にメインのピリ辛お肉ができますよ。

作り方は、豚ひき肉としょうが、中華だれの材料を密閉袋にいれて揉みこみ、一晩おきます。次に、細切りにした人参と絹さやを耐熱皿に入れ、塩を振ってレンジで加熱します。最後に、ごま油をひいたフライパンに密閉袋の豚ひき肉をタレごと加え、火が通ったら野菜と一緒にご飯の上に盛って出来上がりです。
密閉袋のお肉はタレごと炒めればよいので、手軽で洗い物も増えないのが嬉しいですね。野菜を調理している間に、同時進行でお肉を炒めると効率的に時短できます。

人参と絹さやは、少し離してレンジ加熱すると、彩りよく盛り付けやすくなるでしょう。同じつけダレで牛ひき肉や豚バラ肉にアレンジしてみるのも、味わいが変わっておいしいですね。

人参のレシピを参考に食欲をそそるお弁当にしよう!

人参は栄養満点の野菜であるだけでなく、お弁当に彩りを添えてくれる優秀な食材です。カラフルなお弁当は、蓋を開けたときに食欲をそそりますよね!和風と洋風、どちらの味付けでもよく合うところも便利です。

人参独特の風味も、味付けや切り方を工夫することで抑えられ、子どもでも食べやすくなります♪

人参レシピのバリエーションをどんどん増やして、おいしくヘルシーなお弁当を作っていきましょう。


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部