アスパラの肉巻きレシピ!野菜や肉の種類を変えてアレンジしよう

野菜の肉巻き
提供元
メニューズ編集部
みずみずしく、緑が鮮やかなアスパラガスは、臭みや苦みが少ないのでだれにでも喜ばれる野菜です。
アスパラガスには、美容に役立つといわれるビタミンA、C、Eが含まれているので、美肌を目指す人にもおすすめ!

この記事では、お弁当おかずとしても人気の「アスパラガスの肉巻き」のレシピを紹介します。

アスパラガスの豚肉巻き!基本的な作り方を押さえよう

アスパラガスを豚バラ肉と合わせ、甘辛の味付けに仕上げた基本のレシピです。4つに切って食べやすい長さにしたアスパラガスを下茹でし、3本程度をまとめて豚バラ肉で巻き、こんがり焼いて味付けします。

シンプルな工程で簡単にできるのが嬉しいですね。シャキシャキしたアスパラガスの歯ごたえと、ジューシーな豚バラ肉の味わいがよく合います。
ご飯がすすむ甘辛味は、野菜が苦手な子どもや、食欲旺盛な男性にも喜ばれるでしょう。小さめで細長い形なので、お弁当のすき間うめとしても活躍しますよ。
豚肉には、疲労回復に役立つビタミンB類が豊富に含まれており、ここぞというときのエネルギーチャージに役立つでしょう。

また、アスパラガスは茹ですぎないように気をつけましょう。さっと茹でることで、シャキシャキした歯ごたえもキープできます。

ノンオイルで焼く!アスパラガスの豚バラ肉巻き

アスパラの肉巻き
出典元
みんなのきょうの料理
ジューシーでおいしい豚バラ肉ですが、少しカロリーが高いのが気になりますよね。そんなときは、焼き方に工夫をしてみましょう。

このレシピは、アスパラガス1本に、塩こしょうで下味をつけた豚バラ肉を斜めに巻きつけ、フライパンに油を引かずにこんがりと焼き、食べやすく切るというものです。
豚バラ肉から出た脂をキッチンペーパーで拭き取ると、カロリーオフになるうえ、胃もたれ予防にもなります。さらに、食感がじっとりすることなく、カリカリに仕上がるのも嬉しいですね。
アスパラガスを下茹でしなくて良いので、手間いらずの時短レシピなのもポイントです。

豚バラ肉の脂を活かして焼くと、アスパラガスにうまみが染み込み、ホクホクの食感になりますよ。レモンを添えてさっぱりと食べるのもおすすめです♪

豚丼のタレで味付け簡単!アスパラ入り野菜の肉巻き

野菜の肉まき
出典元
みんなのきょうの料理
市販のタレで味付けするので、料理が苦手でも簡単においしくできる肉巻きのレシピです。アスパラガス、ニンジン、サヤインゲンを茹でて豚薄切り肉で巻き、フライパンで焼いて豚丼のタレを絡め、味付けします。

ポイントは、焼く前に軽く片栗粉をまぶして焼くこと。こうすると、豚丼のタレがよく絡み、豚薄切り肉もジューシーな食感に仕上がります。食卓に出すなら半分くらいに、お弁当に入れるなら3等分など、用途に合わせて切ると良いですね。

アスパラガスだけでなく、にんじんも合わせて巻くので切り口がカラフルで綺麗です。パーティーなど、おもてなしの料理としてもぴったりでしょう。
野菜を取り合わせて巻くことで、いろいろな栄養が摂れるのも健康的ですね。とくに、にんじんなど、緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、脂質と一緒に摂ると吸収が良くなるので、肉巻きは理想の組み合わせといえるかもしれません。

ヤングコーンやパプリカなど、カラフルな野菜をアスパラガスと合わせてアレンジするのもおすすめです。

えのきとアスパラ肉巻きのみそ炒め!キノコも一緒に巻こう

えのきとアスパラ肉巻きのみそ炒め
出典元
マルコメ レシピサイト
「液みそ料亭の味 四種合わせ」だけで味が決まる、こっくりしたみそ味の、ちょっと変わり種のアスパラガス肉巻きです。アスパラガスだけでなく、えのきも一緒に巻いているのがポイントとなっています。

シャキシャキしたアスパラガスと、ザクザクしたえのきの食感が楽しいですね。作り方も、アスパラガスとえのきを豚バラ肉で巻き、フライパンで焼いて液みそで味付けするだけと簡単です。
豚バラ肉から出る脂をしっかり拭いて液みそを入れると、味がよくなじみます。また、液みそを入れたときの油跳ねもおさえられるので安心です!

サラダ油などを使わず、豚バラ肉の脂も拭き取るのでヘルシーに仕上がるのが嬉しいですね。えのきは、食物繊維を多く含む食材で、疲労の回復に役立つビタミンB類とミネラルも含んでいます。

カルシウムたっぷり!野菜とチーズの牛肉包み

野菜とチーズの牛肉包み
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
アスパラガスなどの野菜にチーズを添えて、牛肉で巻いた洋風の肉巻きレシピです。作り方は、スライスチーズと茹でアスパラガス、茹でジャガイモ、パプリカを巻き、さらに牛肉で巻いて焼くだけととてもシンプル。

簡単なのにおしゃれで、手をかけたように見えるのが嬉しいですね。チーズの白にアスパラガスの緑やパプリカの赤色が映え、お弁当に入れると華やかになるおかずです。

チーズのまろやかさが野菜の風味をおさえるので、子どもにも食べやすい味付けとなっています。
チーズと牛肉を野菜と合わせることで、良質のタンパク質、カルシウム、ビタミンが一度に摂れる健康的なレシピといえるでしょう。
カラフルでおいしいうえにヘルシーな肉巻きは、困ったときにすぐできる頼りがいのあるおかずです。

レモン風味のタレでさっぱりと!ねぎとアスパラの豚巻きソテー

ねぎとアスパラの豚巻きソテー
出典元
レタスクラブニュース
アスパラガスのほかに、長ねぎ1本も豪快に巻いたレモン風味の肉巻きレシピです。ねぎを丸ごと巻くので食べ応えがありますが、野菜でボリュームを出しているので、カロリーオフのヘルシーなレシピといえるでしょう。
作り方は、長ねぎとアスパラガスをそれぞれ豚バラ肉で巻き、焼いたのち酒蒸しし、レモン風味の合わせダレを添えるというものです。
蒸してしっかり火を通すことで甘くなったねぎと、レモン風味のタレの相性は抜群ですよ!もちろん、シャキシャキとしたアスパラガスともよく合います。ごま油の香ばしさでご飯もすすむでしょう。

豚アスパラ巻きの照り焼きをポン酢しょうゆで!

豚アスパラ巻きの照り焼き
出典元
レタスクラブニュース
ポン酢しょうゆと梅肉を使った照り焼きダレが爽やかな、アスパラガスの肉巻きレシピです。
ポン酢の爽やかな風味が、青臭さや苦みをおさえてくれるので、アスパラガスが苦手な人にも食べやすい味わいになっています。

そうめんやうどんなど、和風の麺類の付け合わせとしてもおすすめです。炭水化物ばかりになりがちな麺類も、この肉巻きを添えればビタミンとタンパク質が加わり、バランスが良くなりますね。
作り方は、さっと茹でたアスパラガスを1本ずつ豚ロース肉で巻き、小麦粉をまぶして焼いてタレを煮絡めるというものです。
脂の少ないロースの薄切り肉を使うので、食べ応えがあってヘルシーなのが嬉しいですね。焼く前に小麦粉をまぶすと、ロース肉がパサパサになるのを防ぎ、タレもしっかりと絡みます。

ご飯がすすむ味付けで、さめてもおいしいのでお弁当のおかずとしても活躍しますよ。しっかり食べて元気になりたいときにぴったりのおかずです。

電子レンジで下ごしらえ!時短料理の牛肉のアスパラ巻き

牛肉のアスパラ巻き
出典元
レタスクラブニュース
「牛肉のアスパラ巻き」は、電子レンジを上手に活用した簡単レシピです。アスパラガスの肉巻き作りをいつも失敗してしまう人は、ぜひこの方法を試してみましょう。

作り方は、半分に切ったアスパラガスを牛薄切り肉で巻き、電子レンジで5分加熱します。その後、フライパンで焼き目をつけて照り焼きダレを絡めるというものです。こうすると、アスパラガスを下茹でする必要がなく、お湯を沸かすなどの手間を省いて時短できます。
さらに、レンジなら肉の巻き終わりを下にし、動かさず加熱できるので、肉巻きを焼くと肉がはがれていってしまう人にもおすすめです。
レンジ加熱で火が通るので、フライパンでは肉の表面に焦げ目をつけてタレを煮絡めるだけ。肉だけが焦げてアスパラガスが硬いまま、などの失敗も起きません。

甘辛い和風の照り焼き味は、だれにでも喜ばれる鉄板の味付けといえるでしょう。夕食の食卓の主菜にすると、ご飯がすすむ人気のおかずになります。

食物繊維たっぷり!豪華な牛肉の3色巻き

牛肉の3色巻き
出典元
レタスクラブニュース
優しい出汁のうまみに、粉山椒の風味がピリッと効いた、大人の味の肉巻きレシピです。食卓のおかずとしても、お酒のおつまみとしても喜ばれますよ。

作り方は、長ネギと、出汁であらかじめ煮たアスパラガスとごぼうをそれぞれ牛肉で巻き、フライパンで焼いて粉山椒と塩を添えるというものです。
野菜を巻く牛肉にもあらかじめ粉山椒を振ることで、爽やかな風味が噛むたびに口に広がります。アスパラガスとごぼうを煮る手間がかかるとはいえ、料亭の一品のような上品な肉巻きができるのは嬉しいですよね。
ごぼうには、野菜の中でもトップクラスと呼べるほどの豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがありますが、ごぼうはこれらを両方とも含む食材です。
食べ応えのある野菜なので、カロリーオフしながら満足感のある食事ができるのも大きなメリットですね!

栄養バランスの良いアスパラの肉巻きレシピ!

アスパラガスの肉巻きは、美味しいことはもちろん、野菜と肉を1品で摂れるという栄養バランスの良さもおすすめポイントです。

照り焼き味やみそ味だけでなく、チーズを巻くなど、味に変化をつけられるのも便利ですよね。中に巻く野菜のアレンジもできるので、冷蔵庫の整理メニューとしても活躍します。

ぜひ、アスパラガスの肉巻きレシピのバリエーションを広げて、おいしく健康増進を目指していきましょう。


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部