人気野菜の作り置きレシピ!味付け工夫で苦手克服

野菜の作り置きおかず第2弾
提供元
メニューズ編集部
今回ご紹介する「作り置きレシピ」は、「味付け工夫で野菜を美味しく食べるレシピ」がテーマ!ピーマンやほうれん草、なすなど子どもにとってはちょっと癖のある野菜を中心に集めてみました。

時短・簡単レシピはもちろん、お弁当の隙間を埋めてくれるレシピもあります♪

【ピーマン】子どもも満足のレシピ3選

話題のめんつゆで炒めて!ピーマンとコーンのバターあえ

ピーマンとコーンのバターあえ
出典元
レタスクラブニュース
子どもが苦手なピーマンは、味付けがポイント!子どもが大好きな甘いコーンと濃厚なバターで味付けすれば味をごまかすことができます。おすすめはめんつゆを使った味付け。

バターでピーマンをしんなりするまで炒めた後、約50ccのめんつゆで再度炒めてください。苦みが和らぐので、いくらでもピーマンを食べることができますよ♪


食材と組み合わせて楽しむ!ピーマンきんぴら

ピーマンきんぴら
出典元
レタスクラブニュース
横に薄切りにしたピーマンをごま油、砂糖、しょうゆなどで炒めてきんぴらにするのもおすすめ。きのこやしらたき、ごぼうも加えれば、食べ応えのある1品になります。

赤や黄色のパプリカを使えば、彩り豊かでおしゃれ。アレンジ自由のレシピとなっています。お弁当に彩りが欲しい場合、隙間に入れるだけで華やかになりますよ。


ピリ辛がポイント!ソーセージとピーマンのチリトマトソースパスタ

ソーセージとピーマンのチリトマトソースパスタ
出典元
マルコメ レシピサイト
1品あれば、それだけでお腹満足のパスタ。こちらはチリソースをプラスすることで、ほんのりスパイシーさを利かせています。メイン料理として活躍してくれることはもちろん、お弁当のおかずにも最適です。

チリパウダーなしでもトマトソースのうま味が引き立つレシピなので、辛さが苦手な方は抜いても大丈夫です。

【ほうれん草】お弁当のおかずにもうってつけのレシピ3選

彩り豊か!ほうれん草の卵焼き

ほうれん草の卵焼き
出典元
レタスクラブニュース
ごはんのおかずに人気の卵焼き!ほうれん草を使うと、彩りが豊かになるのでおすすめです。チーズやハムを一緒に巻くとより食べやすくなりますよ。
みじん切りにするレシピもありますが、こちらはフライパンの幅に合わせてほうれん草をカット。巻きすを使って、円柱のような形にすることがポイントです。

こちらもチリトマトソースパスタ同様、お弁当に入れれば、存在感のあるおかずになってくれます。


ごはんとの相性抜群!豚バラ肉とほうれん草のみそ炒め

カリッと豚バラ肉とほうれん草のみそ炒め
出典元
マルコメ レシピサイト
豚肉との組み合わせレシピも豊富なほうれん草。ここではごはんと相性抜群の味噌炒めをご紹介します!
そのまま単品のおかずとして食卓に並べるのもいいですが、丼ものにするのもおすすめ。ほうれん草のほか、しめじや長ねぎを加えれば、美味しさが倍になりますよ♪

ほうれん草と組み合わせる野菜はアレンジが利くので、季節に合わせた旬の野菜を使って、楽しんでください。


定番の作り置き!ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたし
ほうれん草といえば欠かせないのが、おひたしです。調理する際のおすすめは、しょうゆの代わりにめんつゆを使うこと。ほんのり甘さが利いて、とろろ昆布はもちろん、かつお節をかけても美味しいです。

気分に合わせて、トッピングを変える楽しみがあるのもほうれん草のおひたしの魅力です♪

おひたしを作った際、あまったほうれんそうの茎は、豆腐と一緒に味噌汁の具材になるので捨てずに活用してください。

【だいこん】アレンジが楽しいレシピ3選

甘辛で美味しい!大根と牛肉のきんぴら

大根と牛肉のきんぴら
出典元
レタスクラブニュース
作り置きレシピとして人気のきんぴら。だいこんと牛肉で作るとごはんが進む1品になります。しっとり柔らかい大根は、出汁が染みていて、噛むたびにうま味が口の中いっぱいに広がります。

ポイントは牛肉を先に炒め、8割りほど焼けたタイミングでだいこんを入れること。中火で約5分ほど蒸し焼きにすると、だいこんの歯ごたえも一緒に楽しめますよ!


しゃきしゃき歯ごたえがうれしい!大根ハムサラダ

大根ハムサラダ
出典元
レタスクラブニュース
薄切りにしただいこんとハムを組み合わせたさっぱり味のサラダ。きゅうりとだいこんのサラダも、しゃきしゃきで美味しいですがこちらも負けていません!
だいこんの葉も美味しく食べることができるレシピなので、葉の使い道に困ることもありません。無駄なく材料を使えるのも、嬉しいポイントですね。

味や食感にアクセントが欲しい場合は、しらすを一緒にあえてください。


ポイントはオイスターソース!とりももと大根のオイスターソース煮

とりももと大根のオイスターソース煮
出典元
レタスクラブニュース
オイスターソース煮もごはんのお供にうてっつけのレシピです。オイスターソースがしっかり染み込んだだいこんは、コクがあって美味しいです。

前述のハムサラダと同様、こちらもだいこんの葉を活かすことができます。単品でおかずとして味わうこともできますが、ごはんに乗せて丼ものとして味わうのもおすすめです。

【れんこん】シャキシャキが楽しめるレシピ3選

子どもも大好き!れんこんつくね

れんこんつくね
出典元
レタスクラブニュース
作り置きおかずの中でも人気の「つくね」。れんこんを入れて、アクセントにするレシピもおすすめです。
すりおろしとざく切りにしたれんこんを入れることで、ふわふわとしゃきしゃき食感を味わうことができます。

つくねのタネが緩くて、成形が難しい場合は片栗粉を追加してくださいね。


ヘルシーで美味しい!大豆のお肉とたたきれんこんの甘辛炒め

大豆のお肉とたたきれんこんの甘辛炒め
出典元
マルコメ レシピサイト
甘辛な味付けの炒め物を作る際、ヘルシーさを気にする方もいると思います。その場合、本物のお肉の代わりに大豆のお肉を使えば、ジューシーで食べ応えのある1品を作ることができますよ。

甘辛タレに物足りなさを感じる方は、七味唐辛子をお好みでまぶしてください。


時短&簡単!れんこんとちくわのマリネ

れんこんとちくわのマリネ
出典元
レタスクラブニュース
さっぱりだけど、食べ応えがあって美味しいれんこんのマリネ。白さが目を引く1品は、これから温かくなる季節にぴったりのさっぱりした味付けが魅力です。

れんこんをいちょう切り、ちくわを小口切りにして、マリネ液と混ぜ合わせるだけでできる手軽さも嬉しいポイントです。

【なす】ジューシーさあふれるレシピ3選

たっぷりひき肉が食欲そそる!豚となすの甘辛炒め

豚となすの甘辛炒め
出典元
レタスクラブニュース
濃厚な甘辛タレに絡んだなすと豚ひき肉がたまらく美味しい炒め物。お弁当のおかずにも活躍してくれる1品です。
ピーマンを加えたり、お肉を豚のこま切れ肉にするのもおすすめ。味付けに味噌を加えると、こってり濃厚な味わいを楽しめます。

ちょっと癖のあるなすも、このレシピなら抵抗なく味わえますね♪


梅でさっぱり。なすの豚巻き梅照り焼き

なすの豚巻き梅照り焼き
出典元
レタスクラブニュース
四つ割りにしたなすに豚肉を巻き付ける簡単レシピ。なすに豚肉を巻く際は、なるべく食材同士に隙間ができないようにしっかり巻き付けるのがポイントです!

タレに梅干しを混ぜてさっぱり味で楽しんでください。梅は、荒くちぎるのがポイント。果肉の食感も一緒に楽しめます。梅干しが自宅にない場合は、梅肉チューブで代用できますよ。


麺類との相性抜群!なすととりの南蛮風

なすととりの南蛮風
出典元
レタスクラブニュース
人気の南蛮風は、麺類との相性抜群の1品です。ポン酢醤油を使った味付けで、さっぱりとした味わい。うどんやそうめんに乗せる具材にもうってつけです。

南蛮風は甘酢で味付けをするレシピや揚げずに焼くレシピなどアレンジも自由自在!お気に入りのレシピで作り置きレシピを楽しんでくださいね。

【さつまいも】甘さ活かしたレシピ3選

優しい甘さが魅力!さつまいものクリームチーズあえ

さつまいものクリームチーズあえ
出典元
レタスクラブニュース
さつまいもの甘さとクリームチーズの濃厚な味わいが楽しめるあえもの。さつまいもの定番作り置きレシピで、子どもにも人気です。

お弁当のおかずはもちろん、おやつとしても大活躍してくれます。角切りや輪切りなどお好みでカットしてくださいね。
つぶしてペースト状にすれば、パンなどに付けるスプレッドとしても活用してくれます。


レンジで簡単調理!さつまいもとツナのマスタード蒸し

さつまいもとツナのマスタード蒸し
出典元
レタスクラブニュース
時間がないとき、レンジで簡単調理できるマスタード蒸しは心強い味方!ごはんとの相性はもちろん、パンにはさんでも美味しいレシピです。

さつまいもとにんじんの食感を楽しめるので、食べ応えも十分あります。レンジで蒸すことで、にんじんとさつまいもの彩りが鮮やかになるので、お弁当のおかずにもぴったりです。


定番!さつまいもの糀甘酒レモン煮

さつまいもの糀甘酒レモン煮
出典元
マルコメ レシピサイト
さっぱりとした甘さが魅力のレモン煮は、さつまいもの作り置き定番レシピ。通常、砂糖とレモン汁で調理しますが、こちらは糀甘酒を使います。
砂糖不使用のヘルシーさが魅力で、糀の持つ自然の甘さが楽しめます。約20分で調理できるという点も嬉しいポイント。

子どものおやつはもちろん、お酒のおつまみにも活躍してくれますよ!

作り置きレシピは野菜を美味しくするコツがたくさん!

人気の作り置きレシピ18選をご紹介しました!ピーマンやほうれん草、なすなど、子どもにとってはちょっと癖のある野菜も、甘辛レシピにすれば食べやすく調理することができます。

「大人用」「子ども用」とおかずを分けなくて済むのは嬉しいポイントですね。
味をごまかしてくれる調味料を活用して、たくさんの野菜を使って、美味しい作り置きレシピを楽しみましょう!


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部