定番からスイーツまで!卵を使ったおすすめ料理

たまごレシピ
提供元
メニューズ編集部
卵は1年を通して入手可能なこともあって、食卓に登場する機会も多いのではないでしょうか。
一方で、使い道がいつも同じになってしまう、という人もいるかもしれませんね。
そこで、この記事では卵を使ったおすすめ料理を紹介します。定番料理やスイーツ、さらには変わり種料理など様々なレシピを取り上げているのでぜひ参考にしてみてください。

◆卵を使った定番料理

まずは、卵料理といえばコレ!という定番料理を紹介します。子どもから大人まで誰もが美味しく食べられる料理ばかりですよ◎

<とろ-りオムライス>

とろ-りオムライス
小さなお子さんにも人気のオムライスです。卵は半熟でとろとろの状態にするのがポイント。

調理の際は強火で手早く炒めるようにしてくださいね!ケチャップで作るチキンライスの具材はお好みで変更しても構いません。大人向けにうなぎを入れてもおいしいですよ◎
また、チキンライスにナンプラーを入れればエスニック風にもなります。洋風から和風、エスニックまで幅広くアレンジ可能です。


<親子丼>

親子丼
ふわふわとしたとろとろの卵と、ジューシーな鶏肉が絶妙にマッチした親子丼です。

調理の際、鶏肉は皮を取り除いてください。鶏肉は少し固めに焼くとかみごたえがあり、食べた時に満足感が得られますよ。
また卵は固めがいい、という人は火にかける時間を調整してください。この時焦げすぎないように注意が必要です!
味付けは出汁や醤油、みりん、砂糖などで甘じょっぱく仕上がっているので、食べ応えも十分◎みつばを添えて香りも楽しんでください。専用の鍋がなくてもフライパンがあれば作れるのでぜひ作ってみてください♪


<だし巻き卵>

だし巻き卵
和食の卵料理の定番だし巻き卵です。調理のポイントは何と言ってもだし!卵にだし汁、醤油、みりん、塩を加えてしっかりと溶いてくださいね。
また、フライパンで焼くときは卵液を複数回に分けて流し入れるのがポイントです。
大根おろしを添えて醤油をかければお酒のアテにもぴったり◎甘い卵焼きが好きな人も、いつもと違う味を楽しんでみてはいかがでしょうか。


<変わりかにたま>

変わりかにたま
卵の柔らかい食感ととろとろの甘辛くて酸味のあるあんをかけて食べるかにたまです。
こちらのレシピは、あんがスープのようになっている一風変わった一品。卵をはじめとして、かに、ねぎ、干ししいたけ、たけのこ、さやえんどうとたくさんの食材を使っているのも特徴です。ご飯との相性もぴったりですよ◎


<パラパラ卵チャーハン>

パラパラ卵チャーハン
出典元
レタスクラブニュース
中華料理の定番チャーハン!チャーハンの具材といえば卵は欠かすことができません。
こちらのチャーハンは、卵とねぎのみを使ったシンプルな料理ですが、シンプルだからこそ調理工程が少なく、簡単に作れます。忙しい時などにもオススメの一品です。
もちろんお好みで具材を加えても構いません♪

調理の際は、卵→ねぎ→ご飯の順番で炒めてください。ご飯はフライ返しを使って切るようにほぐすのがポイントですよ◎


<まろやか練乳たまごサンド>

まろやか練乳たまごサンド
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
卵をたっぷりと挟んだたまごサンドです。一度に使用する卵はなんと3個!パンからはみ出そうなくらいたくさんの卵を使用していますよ♪
卵にはマヨネーズ、塩のほかに練乳を混ぜるのがポイント!しっかりとした塩気の中に練乳のほのかな甘みを感じられるので、いつもの卵サンドとは一風変わった味付けになっています。
子どもも喜んで食べられる一品なのでぜひ作ってみてください。卵はパンに挟む以外にも、野菜と合わせるなどしてサラダにしてもおいしいですよ◎お弁当にもおすすめです。

◆あっという間に作れる簡単卵料理

続いては、簡単に作れる卵料理を紹介します。簡単なので余った卵を使い切りたい時にもサッと作れます。覚えておくと便利ですよ◎

<マグカップキッシュ>

マグカップキッシュ
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
卵、ベーコン、ほうれん草、ミックスベジタブルとたくさんの食材を使ってマグカップで作る変わり種のキッシュです。
全ての食材と調味料をマグカップに入れてよく混ぜたらあとは電子レンジで加熱すれば完成です。

卵は電子レンジで加熱すると膨らむので少し大きめのマグカップを使用するのがポイント!朝食やランチにもおすすめなのでぜひ作ってみてください。お子さんが食べるときはケチャップなどをかけても美味しくいただけます♪


<簡単温泉卵>

簡単温泉卵
温度調節が難しい温泉卵ですが、こちらのレシピでは、電子レンジを使って手軽に作ることができます。
調理工程はとてもシンプル!小鉢に卵を入れて水大さじ1を加えたら電子レンジで加熱するだけです◎
ただし、卵を電子レンジで加熱すると破裂することがあるので、調理の際は、30秒〜50秒の短時間加熱にするようにしてください。かけつゆも電子レンジで作れるので、もう一品欲しい時などに重宝するレシピです。


<青じそしらすの卵かけご飯>

青じそしらすの卵かけご飯
出典元
レタスクラブニュース
卵かけご飯は簡単かつおいしい定番の卵料理です。
こちらのレシピでは、そんな卵かけご飯に青じそとしらす、さらにしそ風味のふりかけを加えてアレンジしています。
また、卵には醤油ではなく、ポン酢醤油をかけているので全体的にさっぱりとした味付けになっています。お酒を飲んだ後の締めにもおすすめですよ!


<なめたけバターオムレツ>

なめたけバターオムレツ
出典元
みんなのきょうの料理
バターの風味が食欲をそそるオムレツになめたけを入れた大人におすすめの一品です。
調理の際は、卵をフライパンに入れて半熟状態にしてからなめたけや小口切りにしたネギを加えるようにしてください。なめたけソースが卵の中に包まれているので、ケチャップなどをかけなくても十分味がついています。


<にらたま>

にらたま
出典元
みんなのきょうの料理
にらたまは、わずか数分で作れる超簡単な一品。にら、卵をフライパンでサッと炒めればあっという間に完成です。
調理の際、にらも卵も炒めすぎると食感が悪くなるため、炒める時間は短めにしてください。卵が半熟状態になったら火を止めるようにしましょう。
餃子などニラを使用する時に、一緒に献立に入れておけば調理もスムーズですよ!

◆卵で作る絶品スイーツ

卵はスイーツを作る際にも使用します。続いては、卵を使って作るスイーツを紹介します。おなじみのスイーツばかりなのでぜひ挑戦してみてください。

<フレンチトースト>

フレンチトースト
出典元
みんなのきょうの料理
柔らかくて、一噛みするごとに濃厚な甘みが味わえるフレンチトーストです。
食パンで作るのが一般的ですが、バゲットを使っても作れますよ◎

調理の際は、パンに卵液がしっかりと染み込んだらフライパンで焼き色がつくまで焼いてください。焼き色がついたら蓋をして蒸し焼きにしましょう。そうすることで、ふんわりとした仕上がりになります。前日の夜から卵液に漬けておけば朝起きて焼くだけなので忙しい時でも簡単に作れます。
甘めが好きな人は、メープルシロップやホイップクリームを添えてもおいしいですよ。


<クリームカスタードプリン>

クリームカスタードプリン
出典元
レタスクラブニュース
スイーツの王道プリンもお家で作れます!プリン液は、卵、卵黄、牛乳、生クリームを混ぜるだけ作れます。
また、カラメルも水と砂糖を鍋で煮詰めればあっという間に完成です。プリン液を作るときは、混ぜすぎてあわ立ててしまわないように注意してください。
あとは、プリン型にカラメルとプリン液を流し込み、蒸して冷蔵庫で冷やせば完成です!

市販のプリンとは一味違う食感や味わいを堪能してくださいね♪お子さんと一緒に作ってみるのも楽しいですよ!


<アイスクリーム>

アイスクリーム
出典元
みんなのきょうの料理
暑い夏はもちろん、寒い冬にも食べたくなるアイスクリームです!
使用する材料は、卵黄、グラニュー糖、牛乳、生クリーム、バニラエッセンスのみとシンプル。調理工程は大きく分けて「卵黄とグラニュー糖を泡立てる」、「生クリームを泡立てる」「冷凍庫で凍らせる」の3つです。

調理の際は、卵黄と生クリームをよく泡立てるようにしましょう。こうすることで、なめらかな仕上がりになりますよ◎ちなみに、卵黄は温めることで泡立ちやすくなります。

種類が豊富な卵料理を作ってみよう!

卵は、メインからご飯のおかず、副菜、スイーツなどさまざまな料理に活用できる便利な食材です。
比較的安価で入手しやすいのも大きなポイント。卵料理のレパートリーを増やしておけば献立作りにも役立ちますよ◎
まずは今回紹介したレシピを作ってみてはいかがでしょうか。
writer
メニューズ編集部