季節の変わり目に!体調管理におすすめのレシピ

体調管理
提供元
メニューズ編集部
夏から秋へと季節が変わるタイミングは、気温も大きく変わるため体調を崩してしまいがちです。また、夏に溜まった疲れが一気に出てくる人もいるのではないでしょうか。そういった時は、ぜひ料理で体調管理をしましょう。

この記事では、体調管理におすすめのレシピを目的別に紹介します。体調に気を使った献立作りにぜひ役立ててください。

◆体が疲れている時に食べたい体調管理レシピ

まずは、体がなんとなく疲れていると感じる人に食べてもらいたいレシピを紹介します。簡単に作れるものもあるので、ぜひ試してみてください・

<かんたん梅雑炊>

かんたん梅雑炊
電子レンジにかけるだけで作れる簡単雑炊です。具材として使用する塩昆布の塩気と梅の酸味が効いているので、特に調味料などは加えなくてもそのままで美味しいですよ◎

ご飯に塩昆布と梅干し、みつばを乗せて水を注いだら電子レンジで加熱すれば完成!余ったご飯を冷蔵庫で冷やしておけばすぐに作れます♪食欲がない時やあっさりとしたものを食べたい時などにおすすめです。また、お酒の締めにもあいますよ。


<豚レバーの炒めもの>

豚レバーの炒めもの
女性の場合、貧血に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。貧血対策には鉄分を摂取することがポイントです。鉄分は魚介類をはじめとして、さまざまな食材に含まれていますが、中でも豚のレバーは体に吸収しやすいヘム鉄と呼ばれる鉄分を豊富に含んでいます。

こちらのレシピはそんな豚レバーを活用した炒めものです。にんにくの芽、もやし、きくらげ、しょうが、そして豚レバーとたくさんの食材を使っているので食べ応えもありますよ◎ご飯のおかずにもぴったりな一品です。


<ゆで卵と豚バラ肉のこってり煮>

ゆで卵と豚バラ肉のこってり煮
出典元
レタスクラブニュース
体が疲れている時は、ビタミンB1を摂取するようにしましょう。ビタミンB1は、体を動かすエネルギーを作る際に活躍してくれる栄養素です。
そんなビタミンB1は豚肉や卵に豊富に含まれています。
こちらのレシピは、豚肉と卵の両方を使ったビタミンB1の摂取にぴったりな一品!オイスターソースの旨味が具材にしっかりと染み込んでおり、がっつり食べたい人にもおすすめです◎


<ささみの梅肉だれ>

ささみの梅肉だれ
同じく体が疲れている時は、クエン酸の摂取もおすすめです。クエン酸は乳酸という疲れた時に体にたまる物質を分解する役割を持っているため、疲労回復をサポートしてくれます!
こちらのレシピは、茹でたささみに、クエン酸を豊富に含んだ梅干しを使って作る梅肉だれをかけて食べる一品です。みりん、酒、醤油と混ぜて作る梅肉だれは酸味が効いていてさっぱりとした味付けになっています。疲れて食欲がない時などに作ってみてください。

◆気温が下がってきたら食べたい温かいレシピ

続いては、温かいレシピを紹介します。夏から秋、秋から冬とこれからどんどん気温が下がってくるので、覚えておくと便利ですよ。

<たっぷりねぎのピリ辛スープ>

たっぷりねぎのピリ辛スープ
ねぎを丸々一本使ったスープです。ねぎ以外にしょうが、にんにく、豆板醤などを使っているため、ピリッと辛く、飲むと体が温まりますよ◎
使用する食材が少ないため、調理時間が短いのも嬉しいですね♪ねぎ、しょうが、にんにくをごま油で香りが出るまで炒めるのがポイントです!
ごま油やにんにく、ねぎの香りが食欲をそそりますよ。肌寒さを感じるようになったら、ぜひ作ってみてください。

<ホットジンジャードリンク>


ホットジンジャードリンク
出典元
レタスクラブニュース
しょうがを使った簡単あったかドリンクです。しょうがの持つ辛味成分は、温かさを感じる神経を刺激するため、飲むことで体の中からポカポカしてきますよ◎
材料は、しょうがと砂糖、水のみで、材料を鍋に入れて4〜5分煮るだけであっという間に完成します。

気温が変わると体調も崩しやすいので、あったかドリンクを飲んで体調管理に努めてくださいね♪


<キムチ煮込みうどん>

キムチ煮込みうどん
出典元
レタスクラブニュース
ピリ辛のキムチと熱々の煮込みうどんを食べればあっという間に体も温まります!
具材は、あさり、長ねぎ、ニラ、まいたけ、白砂キムチとたくさんの具材を使用しているので一品だけでもバランスよく栄養の摂取が可能です。豚肉を入れても美味しいですよ◎
調理の際は、あさりに火を通し過ぎると固くなってしまうので、野菜が煮えたところに、冷凍うどんとともに加えるのがポイント。落とし卵を絡めると濃厚かつまろやかになります。

◆栄養不足を感じている人向けの体調管理レシピ

仕事や家事などで忙しい人の中には食事の内容が偏ってしまっている人もおおいのではないでしょうか?そこで続いては、栄養バランスを考慮した野菜たっぷりのレシピを紹介します。

<野菜のあっさりスープ>

野菜のあっさりスープ
キャベツ、キュウリ、セロリ、玉ねぎを具材にして作るスープです。レモンも使用しているので酸味の効いたあっさりとした味付けになっていますよ◎
調理はとても簡単で、野菜をカットしてスープの素などと一緒に煮込めば完成!野菜は軽く煮る程度にとどめて、シャキシャキとした野菜の食感を楽しんでください。もちろんお好みの野菜を加えてもOKです。
香り付けにローリエを使用していますが、煮込みすぎると苦味が出るので注意してくださいね!


<焼き野菜のマリネ>

焼き野菜のマリネ
赤ピーマンに黄ピーマン、ナス、玉ねぎ、にんにく、さらには鶏もも肉とたくさんの具材をマリネです。野菜の持つ甘みに、マリネ液の酸味、さらににんにくの香ばしさが合わさっています。味や栄養バランスはもちろんのこと、その色合い豊かで鮮やかな見た目も特徴!食卓に並ぶだけで華やかになりますよ◎


<牛肉といろどり野菜の炒めもの>

牛肉といろどり野菜の炒めもの
パプリカ、ヤングコーン、しいたけ、ズッキーニ、玉ねぎなどの野菜と牛もも肉を炒めた一品です。砂糖、スープの素、豆板醤、醤油などで味付けをしているので食べた時に濃厚な味わいが楽しめます。
また、牛もも肉には事前に黒こしょうをたっぷりと加えておくと味が閉まりますよ◎牛肉のジューシーさが野菜にもしっかりと染み込んでいて、ご飯との相性も抜群です!


<野菜カレー>

野菜カレー
みんな大好き、人気のカレーにたくさんの野菜を入れた一品です。レシピでは、玉ねぎ、かぼちゃ、ナス、赤ピーマン、オクラ、マッシュルームを使用していますが、他の野菜を入れても構いません。ほとんどの野菜を入れることができます。
市販のルウを使用しているので、調理も簡単!美味しくて食べ応えがあって、しかも野菜がしっかりと摂取できる万能レシピです◎野菜を小さく刻めば、野菜が苦手なお子さんでも食べやすくなりますよ♪

◆ダイエットをしている人向けのレシピ

ダイエットも体調管理の1つ。食事内容に気をつけることで、健康的に少しずつ体を絞っていきましょう。続いては、ダイエットをしている人におすすめのヘルシーなレシピを紹介します。

<豚しゃぶサラダ>

豚しゃぶサラダ
茹でた豚肉と大根、かいわれ大根で作るヘルシーなサラダです。豚肉は茹でているので余計な脂分は取り除かれています。健康には気を使いたいけど、お肉も食べたいという人におすすめの一品!サラダの味付けは、柚子胡椒、みりん、醤油、サラダ油であっさり味に仕上げています◎


<豆たっぷりのヘルシーつくね>

豆たっぷりのヘルシーつくね
肉の代わりに大豆を使って作るつくねです。大豆は「畑の肉」と呼ばれるように、実際に口にしてみると肉のような食感が楽しめます。鶏ひき肉も使用していますが、量を減らして大豆の割合を増やすことでヘルシーに。

レシピでは大豆を使用していますが、ひよこ豆、いんげん豆、きんとき豆を使用しても作れますよ♪大豆のつぶし具合は、好みに合わせて選んでください。細かく潰せばより肉っぽさが出せます。


<ささみから揚げ>

ささみから揚げ
出典元
レタスクラブニュース
揚げ物はダイエットの天敵というイメージがあるかもしれません。
しかし、こちらのレシピでは、肉の中でもヘルシーなささみを利用していることもあって1人分のカロリーはそれほど高くありません。醤油、しょうが汁、酒、ごま油でささみに下味をつけているので、食べた時にもしっかりとした味わいが楽しめます。


<あさりの味噌汁(減塩)>

あさりの味噌汁減塩
和食は、ヘルシーな料理として世界的にも有名です。そんな和食を代表する料理の1つである味噌汁を減塩にして作ったのがこちらのレシピ!通常の味噌汁よりも味噌の量を少なくすることで減塩を実現しています。
あさりを使っているので、風味や味わいも豊かになっていますよ◎もちろん他の具材を使用してもOKです。減塩味噌汁で薄味に舌を慣らすようにしましょう!

体調管理は食事から!

体調がすぐれない時、疲れが溜まっている時などは、ついつい薬や栄養ドリンクなどを利用してしまいますが、毎日の食事を考慮することが大切です。今回紹介したレシピは体調管理を意識したものですが、普段の献立の中にも活用できるメニューばかりです。ぜひとりいれてみてください。
writer
メニューズ編集部