誰もが経験する「ジャリっ」すぐに試したい!おいしく貝を食べる方法とは?

お料理のコツ_貝をおいしく食べる
提供元
ベターホーム協会

貝料理を美味しく食べるには、下ごしらえが肝心です!

しかし、「ネットや本では色々な情報があって、何が正しいのかいまいち分からない……」と思っている方も
多いのではないでしょうか。そこで、今回は貝の下ごしらえの基礎をご紹介します。

Q:砂抜きの基本は?

塩水につける

ポイント①塩水につけ、常温で

貝をボールに入れ、塩水(貝の種類により濃度は異なる)をそそぎます。
呼吸できるよう、貝が半分顔を出すくらいが目安です。
購入したら、常温で2~3時間以上(潮干狩りなど、とりたてなら半日以上)は砂抜きしましょう。

暗くする

ポイント②暗くすると砂を吐く

新聞紙などをかぶせて暗くすると、貝が安心して砂を吐きます。また、吐いた水が飛び散るのを防げます。

「砂抜きずみ」の貝でも、30分程度は砂抜きすると安心です。
鍋のふたを使って暗くしても。貝が窒息しないよう、少しすき間をあけましょう♪

Q:「ジャリッ」とさせないコツは?

貝に塩をいれる

ポイント①塩分約3%の塩水で

砂抜きをする際の塩水の濃度は、あさりなら3%(海水とほぼ同じ)にします。
水200mlに塩小さじ1の割合が、およそ3%です!

ざるを併用

ポイント②ざるを併用する

ボールだけでも砂抜きはできますが、ざるに入れてからボールと重ねるようにすると、さらによいでしょう◎
こうすることで、吐いた砂を貝が再び吸うのを防げます。

Q:どうやって洗う?

貝をこすりあわせる

ポイント①殻つきあさりは、こすり合わせて

砂抜きが終わったら、真水(水道水)で洗って、殻の汚れを落としましょう。
ボールに真水を入れたあとに、貝を入れ、殻と殻をこすり合わせるようにして洗います。
殻には細かい溝があり、その部分の汚れを落とすためです。最後は流水で洗いましょう!

A:むき身は、塩水→真水で

ポイント②むき身は、塩水→真水で

むき身のあさりは、食中毒予防のため2%程度の塩水(水200mlに塩小さじ2/3の割合)でまず洗い、次に真水で洗います。
真水でも洗うのは、海水の菌による中毒を防ぐためです!

Q:おいしいあさりの選び方は?

模様がくっきり

ポイント①模様がくっきりし、大きなもの

殻がぴったりと閉じていて、模様がくっきりしているものを選びます。また、大きいほうが味がよいといわれています!
水に入れた状態で売られている場合も。水の中で管を出しているのは新鮮な証拠です♪

貝が開かない

ポイント②加熱しても殻が開かなければ "×"

加熱しても殻が開かない場合があります。貝柱の接着面が弱っているか、もともと死んでいた可能性があります。
殻が開かなかったあさりは砂抜きがうまくできていないことが多いので、無理にこじあけて食べるのはやめましょう!

Q:おいしく保存するコツは?

冷蔵保存

<冷蔵庫で保存するとき>

買ってきたら、その日のうちに砂抜きをしましょう!
砂抜きしたら、塩水から引き上げ冷蔵庫へ。管から出す水が飛び散らないよう、鍋のふたなどを少しずらしてのせておきます。

当日中、遅くとも翌日には食べましょう!

冷凍保存

<冷凍庫で保存するとき>

冷凍保存も可能です!
砂抜き→こすり洗いをしてから、ペーパータオルで水気をしっかりふき、保存袋に入れます。
約2週間冷凍保存できます。

解凍すると水気が出てきてしまうので、袋から出し凍ったまま加熱調理しましょう。

Q:あさり以外の貝類の扱い方は?

しじみの扱い方

<しじみの扱い方>

●選び方
大きく、つやのあるものを選びましょう。

●あさりと異なる塩分の量
あさりと同じ要領で砂抜きしますが、しじみは海と川の間で生活しているので、塩分1%(水200mlに塩小さじ1/3の割合)程度のうすめの塩水か真水を使います。

はまぐりの扱い方

<はまぐりの扱い方>

●洗い方
殻がぴったり閉じていて、つやがあるものを選びます。はまぐりの殻は傷つきやすいので、洗うときはやさしく扱います。

●あさりと異なる塩分の量
あさりと同じ要領で砂抜きします。塩分濃度も、あさりのときと同じ3%(水200mlに塩小さじ1の割合)が目安です。

貝の下ごしらえは、時間と手間がかかりますよね……!
でも、手を抜かないことが美味しいお料理へつながります♪正しい下処理で、おいしくいただきましょう!

ベターホーム

レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。

writer
ベターホーム協会
  • #夕飯
  • #料理
  • #料理初心者