子どもも喜ぶ!節約食材を使ったレシピ

節約レシピ
提供元
メニューズ編集部
お子さんが夏休みの今、食費がいつもよりもかかってしまう家庭も多いのではないでしょうか。
毎日の食事は大切なものですが、お金も気になってしまいますよね。

そこで、この記事では節約食材を使った、ボリュームたっぷりのレシピを紹介します。美味しいのに安くて、子どもも満足するレシピばかりなので、節約術として参考にしてみてください!

◆鶏むね肉を使ったレシピ

鶏むね肉は他の種類の肉と比べて価格が安い一方で、ボリューム満点の節約食材です。
パサパサした食感のイメージがあるかもしれませんが、工夫すれば様々なレシピに活用できるのも特徴。
まずは、鶏むね肉を使ったレシピを紹介します。

<鶏むね肉のチーズピカタ>

鶏むね肉のチーズピカタ
鶏むね肉に小麦粉、卵、粉チーズ、パセリのみじん切りを絡ませて焼き上げた一品です。

淡白な味が特徴の鶏むね肉ですが、チーズや卵と合わせることで味がしっかりとつき、ふっくらジューシーな仕上がりになりますよ!
鶏むね肉を焼くときは、フライパンにふたをして弱火でゆっくりと焼くようにするのがポイントです◎焼き色がきつね色になってきたら裏返してください。

今が旬のズッキーニを付け合わせにしているので、季節感もあります!ピカタはお弁当のおかずにもぴったりですよ。


<とり肉のチャーシュー風>

とり肉のチャーシュー風
出典元
レタスクラブニュース
チャーシューというと、豚肉を使用するのが一般的ですが、こちらのレシピでは鶏むね肉を使っています。

調理工程はシンプルで、2cmの厚さにカットした鶏むね肉をはちみつ、甜麺醤、醤油、ごま油などで作るつけ汁に1時間つけて、その後グリルで焼けば完成です。

レシピでは、ピーラーで薄切りにしたセロリとにんじんを付け合わせにしていますが、こちらはお好みの野菜を選んで構いません。スパイスがしっかりときいた濃厚な味わいとなっているので食べ応え十分ですよ◎
こちらもお弁当のおかずとしても活躍してくれます。

◆もやし

もやしは、1袋10円台で購入できることもある節約食材です。安いぶんたくさん使用しても出費がかさむ心配がないことに加え、様々な料理で使用できるため使い勝手も抜群。
続いてはもやしを使ったレシピを紹介します。

<豚キムチ>

豚キムチ
出典元
みんなのきょうの料理
ご飯との相性抜群の豚キムチです。こちらのレシピでは、豚肉と白菜キムチにもやしを加えています。
キムチだけだと、お子さんには辛すぎるかもしれませんが、もやしを加えることでマイルドな味わいになります。また、ボリュームもアップしますよ!

豚肉は、バラ肉を5〜6cmの長さにカットし、キムチは一口大になるようにカットしてください。また、もやしはペーパータオルを使ってしっかりと水気を切るのがポイントです。


<もやしたっぷりビビンバ>

もやしたっぷりビビンバ
出典元
レタスクラブニュース
もやし、ほうれん草、にんじん、卵、そぼろなど、具沢山のビビンバです。

調理の際、もやしは下ごしらえとしてひげ根を取り除き、水に晒すようにしてください。ひげ根を取り除くことでシャキシャキとした食感がより際立ち、もやし同士が絡まないので均一に火を通すことができます。また、水に晒すと匂いを取り除いてくれますよ。

そぼろは、フライパンに合挽き肉、長ネギ、おろしニンニク、白ごま、醤油、砂糖、酒を入れて火にかけるのですが、汁気がなくなるまでしっかりと炒めるようにしてください。食べる際は、コチュジャンを添えるとよりスパイシーになりますよ◎

◆卵

1年を通して入手できる卵は、そのままでも炒めても煮ても活用できる便利な節約食材です。
卵が加わるだけで料理にボリュームを持たせることもできますよ。
続いては、卵を使ったレシピを紹介します。

<ゴーヤのチーズ入り卵炒め>

ゴーヤのチーズ入り卵炒め
一年を通して出回るゴーヤですが、その旬は夏です。
こちらのレシピは、今が旬のゴーヤと卵、豚肉を炒めて作る一品。

ゴーヤは、そのままで調理すると苦味が強く出てしまうため、事前に種とわたを取り除き、塩もみするようにしてください。こうすることで苦味が和らぎますよ◎また、サッと湯通しをしても苦味を抜くことができます。
卵には、溶けるチーズを混ぜているため、とろ〜っとしたチーズが豚肉やゴーヤとよく絡みます♪節約食材の卵と一緒に調理することで、季節感を感じつつ節約にも取り組むことができますね!


<キャベツとゆで卵のボリュームサンド>


キャベツとゆで卵のボリュームサンド
出典元
マルコメ レシピサイト
ゆで卵と千切りキャベツ、マヨネーズ、そして即席みそ汁の素を使って作る、ボリュームたっぷりのサンドイッチです。

調理は非常に簡単で、粗みじん切りにしたゆで卵を、千切りキャベツ、マヨネーズ、即席みそ汁の素と混ぜてトーストで挟むだけ◎ゆで卵は手で潰しても構いませんよ。

卵のふわっとした食感にキャベツのシャキシャキ感が加わり食べ応え十分!みそ汁の素の塩気がアクセントになっています。使用する食材は全てコンビニで入手できるので、気が向いた時にいつでも作れるのもポイントです◎お弁当にもぴったりですよ♪

◆納豆

スーパーで3パック100円以下で購入できる納豆も、節約食材として活用可能です!
ご飯にかけるイメージが強いかもしれませんが、ご飯以外の食材とも相性抜群なんですよ◎
続いては納豆を使ったレシピを紹介します。

<納豆メンチ>

納豆メンチ
出典元
みんなのきょうの料理
メンチカツというと、ひき肉とたまねぎをタネに使用するのが一般的ですが、こちらのレシピでは、ひき肉の代わりに納豆を使用しています。

調理工程は、納豆、たまねぎ、卵、パン粉、小麦粉などのタネの材料を混ぜて、パン粉をつけて揚げれば完成です。

油の温度は170度を目安にしてくださいね。サクッとした衣の食感とネバネバの納豆が絶妙にマッチします。ご飯との相性も抜群ですよ◎


<ネバネバ納豆そうめん>

ネバネバ納豆そうめん
出典元
マルコメ レシピサイト
夏の定番であるそうめんに、オクラと納豆を乗せて食べる一品です。

オクラは事前に熱湯にサッと通して冷水で冷やすことで、独特のネバネバ感を際立たせることができますよ!調理工程は、湯通ししたオクラをカットして納豆、ごま油、刻みネギと混ぜ合わせたら、そうめんに乗せて完成です。

お好みで温泉卵や刻みのりをトッピングするのもおすすめです◎また、納豆やオクラを混ぜる際に液みそを少しだけ加えることでより味わい深くなりますよ♪

◆豆腐

豆腐もスーパーで安く購入できる便利な食材です。
みそ汁の具材や冷奴、麻婆豆腐のイメージが強いかもしれませんが、そのほかにも様々なレシピに応用可能なんですよ◎

<豆腐のドライカレー>

豆腐のドライカレー
カレーといえば子供にも人気のメニューの1つ。こちらのレシピでは豆腐を使ってドライカレーに仕上げています。

木綿豆腐、たまねぎ、ししとうがらし、牛挽き肉、そして夏が旬のなす、と具材たっぷりで食べ応え十分!味付けには、カレー粉、醤油、スープの素、そしてトマトピューレを使用しています。ボリューム満点で野菜も摂取できるのでぜひ作ってみてくださいね♪


<フレッシュトマトの豆腐バーグ>


フレッシュトマトの豆腐バーグ
出典元
みんなのきょうの料理
合挽き肉に木綿豆腐を加えて作った豆腐ハンバーグに、トマトのソースをかけて食べるさっぱりとした味わいが特徴の一品です。豆腐をたっぷりと使用することでボリューミーになるため、食べ盛りのお子さんにもおすすめ!

調理の際は木綿豆腐の水気をしっかりと切るようにしてください。
ちなみに、豆腐ハンバーグを一口大にカットして野菜と合わせればサラダ仕立てにもなるので試してみてください◎

◆うどん

うどんは冷凍のものが販売されているため、まとめ買いが可能!工夫次第で様々なレシピに変身可能する便利な節約食材です。続いてはうどんを使ったレシピを紹介します。

<冷やしうどん>

冷やしうどん
出典元
レタスクラブニュース
茹でたうどんの上にきゅうり、みょうが、ツナマヨ、ゆで卵、削りがつおを乗せたシンプルな一品です。
レシピでは、自家製のツナを使用していますが、市販の缶詰のものを使用しても構いません◎
また、マヨネーズと一緒に、粗挽き黒こしょうも和えるとスパイシーな味付けになります。

さっぱりとしているので暑い夏にもぴったりの一品です◎


<うどんナポリタン>


うどんナポリタン
出典元
みんなのきょうの料理
トマト、たまねぎ、しいたけ、ピーマン、ベーコンなどたくさんの具材を使って作るうどんのナポリタンです。

パスタよりもうどんの方が太いため食べ応えがありますよ。うどんは、茹でるタイプでも作れますが、冷凍タイプを使用すれば電子レンジで解凍するだけなので、調理が簡単になります◎
また、具材はソーセージやハム、にんじん、マッシュルーム、しめじなどお好みのものを使用しても構いません!

節約食材でも満足感たっぷりの料理は作れる!

安くて料理にボリュームを持たせることができる節約食材は、家計の心強い味方です。
節約食材だと子供が満足する料理が作れない、と思っている人もいるかもしれませんが、使い方を工夫するだけで子どもが喜ぶ料理になります。また、一人暮らしの人にもおすすめです。「少し食費を節約したいな……」と思った時は、ぜひ今回紹介したレシピを作ってみてくださいね!もちろん普段の献立にも活用可能ですよ◎
writer
メニューズ編集部