梅雨や夏に食べたい!さっぱりレシピ12選

梅雨や夏におすすめのさっぱりレシピ
提供元
メニューズ編集部
まもなくジメジメとした梅雨、そして暑い夏を迎えます。この季節になると食欲が落ちてくる人も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、梅雨や夏におすすめのさっぱりレシピを紹介します。
お酢や大根おろしなど、自宅で用意できる調味料、材料を使用しているもの中心に取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください♪

◆酸味効いたさっぱりお酢レシピ

まずはお酢を使ったレシピを紹介します!お酢が加わることでこってりとした料理もさっぱりとするので、食欲が落ちている時などにもおすすめですよ◎

<豚肉の甘酢あん>

豚肉の甘酢あん
簡単に作れる変わり種の酢豚です。調理はカットした豚肉、たまねぎ、ピーマン、しいたけに甘酢あんをかけで電子レンジで加熱するだけと超簡単!

甘酢あんも醤油や砂糖、お酢、トマトケチャップ、片栗粉などを混ぜるだけなので手間がかかりません◎
手も食器もほとんど汚すことなく、ごはんとの相性抜群のおかずがあっという間に作れてしまいます。暑いと料理をするのも億劫に感じることもあるかと思うので、ぜひ試してみてくださいね!


<なすとピーマンのごま酢>

なすとピーマンのごま酢
ゆでたなすとピーマンをごま酢であえた一品です。こちらのレシピも調理は非常にシンプル。

なすは厚さ5mmの輪切りに、ピーマンは5mm幅で長さ4cmほどにカットし、熱湯でそれぞれゆでます。その後、なす、ピーマンは柔らかくなったら取り上げ、すりごま、みそ、お酢、醤油、などを合わせて作るごま酢をあえれば完成です。
調理工程も少なく、短時間でできるので食卓にもう一品副菜が欲しい時などにもおすすめですよ◎


<ステーキサラダ>

ステーキサラダ
カリッとするまで焼いた牛肉とたまねぎ、ピーマン、ルッコラ、レタスなどの野菜にポン酢醤油をかけて食べるサラダです。

このレシピの特徴は、ポン酢醤油を使ってドレッシングを作っている点にあります!ポン酢醤油に粒マスタード、砂糖、オリーブを混ぜるだけですが、酸味と程よい辛みが牛肉や野菜とマッチしているので美味しくいただけますよ◎

牛肉はもっと多い方がいい、という人もいるかもしれませんが、野菜の量が多いので少量の牛肉でも食べ応えは十分です。


<大根とサーモンのマリネ風サラダ>

大根とサーモンのマリネ風サラダ
大根、スモークサーモン、レモンで作るさっぱり感たっぷりのヘルシーなサラダです。

調理の際のポイントは、薄い輪切りにした大根に塩をかけて5分ほど置いて水気をしっかりと切ること!こうすることでドレッシングやレモンの酸味がより際立ちますよ◎
また、レモンはいちょう切りにサーモンは一口大に切ってください。

ドレッシングはお酢、塩、こしょう、砂糖、サラダ油で作るシンプルなものですが、サーモンの味がしっかりとしているほか、レモンの香りも感じることができるので、満足感がありますよ。


<なす入り棒々鶏>

なす入り棒々鶏
出典元
レタスクラブニュース
一般的な棒々鶏は鶏肉ときゅうりにタレを絡ませて食べますが、こちらのレシピではナスを使っています。
また、鶏肉、なす共に調理は全て電子レンジだけで行うため、手間がそれほどかからないのも大きな特徴です!

棒々鶏の味を決めるタレは、お酢、醤油、砂糖、ごま油、塩、そして鶏肉を加熱した際にでる蒸し汁を混ぜて作ります。特別な調味料を使っているわけではないので自宅でも気軽に作れますね♪

なすにタレがしっかりと染み込むので、きゅうりを使った棒々鶏とはまた違った味わいが楽しめるはずです!


<鶏のレモンペッパーマリネ>

鶏のレモンペッパーマリネ
出典元
レタスクラブニュース
レモン汁を使ってつくるマリネ液が鶏むね肉や野菜とよく絡んだ、食欲をそそる一品です。

鶏もも肉は一口大のそぎ切りにして約180度に熱した油で揚げます。油が高温なのであまり揚げ時間が長くなりすぎないように注意してください。目安は約3分です。

また、取り出したら、熱いうちにあらかじめ作っておいたマリネ液に入れてください。そこにカットしたたまねぎやパプリカを加え、粗熱が取れれば完成です。
粗熱が取れた後に冷蔵庫で冷やすとさらに味が染み込むので、時間に余裕があるときにぜひやってみてくださいね!

◆加えるだけでさっぱり感が増す大根おろしレシピ

続いては、大根おろしを使ったさっぱりレシピを紹介します!大根おろしは肉や魚、野菜、卵などあらゆる食材との組み合わせに活用できる万能食材何ですよ!

<あぶりサーモンおろし>

あぶりサーモンおろし
出典元
レタスクラブニュース
刺身用のサーモンと大根おろしとあえて作る一品です。

「あぶり」という名前の通り、調理の際はサーモンを少しだけ焼いてください。目安は表面の色が変わる程度です。また、大根おろしは水気を切ってからサーモンとあえるようにしてください。サーモンと大根おろしをあえたら醤油と粉ざんしょうをかけて完成です。

大根おろしの辛みと粉ざんしょうの香りが楽しめる大人向けのレシピです。


<豚肉の唐揚げ おろし添え>

豚肉の唐揚げ-おろし添え
唐揚げにした豚肉に大根おろしと万能ネギ、さらにかぼすをかけて食べるさっぱり感満載の一品です。

豚肉の唐揚げは、事前に酒と塩で下味を付け、片栗粉をまぶして使って作ります。大根おろしは水気を切って唐揚げに乗せ、万能ネギ、かぼすをかければ完成です。

唐揚げのサクサク感と大根おろしの柔らかさ、そしてかぼすの酸味の絶妙な絡み具合を楽しんでくださいね!かぼすがない場合は、レモンや柚子でも美味しく召し上がれます。


<ツナの大根おろしあえ>

ツナの大根おろしあえ
ツナ缶、にんじん、たまねぎ、大根おろしを使って簡単に作れる副菜レシピです。

ツナは缶から取り出してよくほぐし、にんじんは千切りにします。また、たまねぎは薄切りにして水にさらしてください。これをすることでたまねぎの辛みを取ることができます。大根おろしは水気を軽く切るようにしましょう。

これらの食材を砂糖、お酢、醤油、塩と合わせれば完成です。ツナやお酢、醤油が使われているため、しっかりとした味を感じることができますよ♪


<揚げだし豆腐>

揚げだし豆腐
出典元
みんなのきょうの料理
人気の和食料理であり、ごはんにもお酒にもあう揚げだし豆腐も、大根おろしを添えるだけでよりさっぱり感が増します。

揚げだし豆腐のポイントは何といっても外のサクサク感と中のふんわりとした柔らかさです。これを目指すためにも、豆腐の水切りをするときは軽く行う程度にしましょう。
また、揚げる際は豆腐に片栗粉を付けたらすぐに油に入れてください。片栗粉をつけてから時間があくと衣がベタついてサクッとした仕上がりになりません。

大根おろしは軽く水気を切り、焼きのり、一味唐辛子と混ぜてのりおろしにします。


<和風オムレツ>

和風オムレツ
出典元
レタスクラブニュース
たくさんのわかめとちりめんじゃこを使って作る和風オムレツです。

わかめはあらかじめ水で戻しておき、戻したら熱湯をかけます。また、ちりめんじゃこにも熱湯をかけるようにしてください。こうすることでわかめは綺麗な緑色になり、ちりめんじゃこは余分な塩分を取り除くことができます。

あとは卵と混ぜてフライパンで焼くだけ!食べる際は大根おろしとポン酢醤油をかけてくださいね◎


<焼きピーマンのポン酢じょうゆあえ>

焼きピーマンのポン酢じょうゆあえ
出典元
レタスクラブニュース
オーブントースターで作るおかずレシピです。
オーブントースターで焼いたピーマンをカットして器に盛ったら、大根おろしとポン酢醤油をかければあっという間に完成!

ポン酢醤油の酸味と大根おろしの辛さ、そしてピーマンの食感がやみつきになりいつまでも食べて入られます。お酒のお供にもピッタリですね◎

◆さっぱりレシピで梅雨と夏を乗り切ろう!

今回は梅雨や夏におすすめのさっぱりレシピを紹介しました。

ジメジメした梅雨や暑い夏は、どうしても食欲が落ちがちです。そういった時は、ぜひお酢や大根おろしを使ったさっぱりレシピを作ってみてください。こってりとした料理も、お酢や大根おろしが加わると味がまろやかになるので食べやすくなります。

また、今回取り上げたレシピは食卓のメインとしてだけでなく副菜としても活用できるものもあるので夕飯の献立作りの参考にしてみてください。

「最近食欲がない」といった時は、ぜひあっさりレシピを作ってみてくださいね!


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部