満足感◎ほくほく美味しい♪「じゃがいも」レシピ

じゃがいもを知ろう
提供元
ベターホーム協会
肉じゃがやフライドポテト、コロッケなど幅広い料理で活躍するじゃがいも。
蒸しても揚げても煮てもおいしいですよね。

年間を通じて多く使う野菜のひとつなので、基本的なことはしっかり覚えておきましょう♪

【じゃがいもの旬と栄養】旬は秋から冬

旬は秋から冬
基本的に年中出回っているが、旬は秋から冬。
早春から出回る新じゃがいもは、皮が薄く水分は多め!

ビタミンCとB1が豊富で、ビタミンCは熱に弱いが、じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れにくいんです♪

【じゃがいもの選び方】ずっしりと重いもの

ずっしりと重いもの
持ったとき、ずっしりと重いもの。
芽が出ておらず、皮に傷や色ムラがないもの。

【じゃがいもの保存方法】冷暗所で保存

光に当たると芽が出やすくなったり、緑色に変色したりするので(いずれも有害)新聞紙などでくるむか、紙の袋に入れて冷暗所におく。
使いかけのものは、ラップをして冷蔵庫に。

冷凍には不向きだが、やわらかくゆでて、よくつぶしてからなら冷凍できる。
自然解凍だとおいしくないので、電子レンジで解凍してください!

【知って得する♪】じゃがいもの基礎知識

じゃがいもの基礎
まず、芽や緑色に変色した部分はソラニンという有害物質が含まれるので、きちんと除きます。芽は包丁の刃元でえぐりとり、緑色の部分は皮を厚めにむきます。
皮をむいたり、切ったりしたあとは、変色を防ぐために水にさらします。

じゃがいもに限らず、根菜は水からゆでるのが基本ですが、小さく切ってからゆでるときは、煮くずれしないよう湯からゆでる場合もあります。

【じゃがいもを使ったおすすめレシピ・献立】

<韓国風肉じゃが>
韓国風肉じゃが
いつもとはちょっと違うピリ辛な肉じゃが。
コチュジャンを使うだけで、味がぐっとしまります。

<じゃがいもの麻婆風あんかけ>
じゃがいもの麻婆風あんかけ
じゃがいものやさしい味と麻婆風味のあんがベストマッチ。
えのきを加えることで、あんがよくからみます。



<ビーンズコロッケ>
ビーンズコロッケ
豆のおいしさいっぱい詰まったコロッケをどうぞ♪

<じゃがいもとピーマンのいためもの>
じゃがいもとピーマンのいためもの
材料はじゃがいもとピーマンと豚肉だけ♪
シンプルな炒め物です!
ベターホーム
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
ベターホーム協会