ビールにぴったり!野菜を使ったヘルシーおつまみ

おつまみレシピ
提供元
メニューズ編集部
夏はビールが美味しい季節!そんなビールのお供に欠かせないのがおつまみです。一方で、おつまみというと、脂っこいイメージがあり、カロリーが気になる人もいるかと思います……。そこでこの記事では、ヘルシーで簡単、そしてビールに合う野菜を使ったおつまみレシピを紹介します。

◆トマトを使ったおつまみレシピ

まずは、夏野菜の定番トマトを使ったおつまみを紹介します。トマトのさっぱりとした酸味がアクセントになってビールによく合います。

<トマトとたこのマリネ>

トマトとたこのマリネ
トマトとタコ、レモン、たまねぎにレモン汁や酢、塩などで作るドレッシングを和えた一品です。トマトやタコの赤、レモンの黄色、そして最後にかけるパセリの緑と、見た目の綺麗さも印象的◎
タコに歯ごたえがあるので、ゆっくりと食べながらビールを飲んでくださいね♪作り置きも可能ですよ!


<トマトキムチあえ>

トマトキムチあえ
出典元
レタスクラブニュース
カットしたトマトにねぎとキムチ、ごま油を加えて混ぜるだけの超シンプルおつまみです。キムチのピリッとした辛さにトマトの酸味が絶妙にマッチするので、ビールとの相性もぴったり!
ごま油をかけることで、美味しそうな風味が生まれますよ。レシピでは、大きめにカットされているトマトですが、好みに応じて食べやすい大きさにカットしてください◎

◆オクラを使ったおつまみレシピ

続いては、ネバネバ感が特徴のオクラを使ったおつまみを紹介します。簡単に作れるものばかりなので、忙しい時などに作ってみてください。

<オクラのベーコン巻きレンジ焼き>

オクラのベーコン巻きレンジ焼き
ベーコンを巻いたオクラに、特製の黒酢ソースをかけて食べるレシピです。オクラは、がくの周りを剥いた状態でベーコンに巻いたら、電子レンジで1分〜1分30秒加熱します。同じく、砂糖、黒酢、醤油、赤ワインで作る甘しょっぱい黒酢ソースも電子レンジで1分加熱してください。
あとは、ソースをベーコン巻きにかければ完成です。火は一切使用しない暑い夏にぴったりの一品です。


<まぐろとオクラのやまかけ風>

まぐろとオクラのやまかけ風
カットしたマグロの赤身とオクラを混ぜて食べる、シンプルなおつまみです。マグロは1cmの厚さに切って醤油をかけて味付けし、オクラは小口切りにして同じく醤油をかけてよく混ぜます。オクラに粘り気が出てきたら、マグロにオクラをかけて完成です。
オクラのネバネバをマグロにしっかりと絡ませて食べてくださいね♪好みに応じて、醤油にわさびを加えても美味しいですよ。

◆なすを使ったおつまみレシピ

続いては、夏が旬のナスを使ったおつまみを紹介します。定番の焼きなすや和え物などビールのお供にぴったりですよ◎

<焼きなす>

焼きなす
焼いたなすに醤油、しょうが、かつお節を合わせて食べるヘルシーな一品です。なすは、焼き網に乗せてそのまま丸ごと焼くのですが、火の通りが悪いと皮がうまく向けないため、細めのなすを使用するのがポイントです◎
また、水に浸けて皮を剥く時は、手早く剥くようにしてください。水に浸けている時間が長くなると水っぽくなってしまいます。


<なすのツナマヨあえ>

なすのツナマヨあえ
出典元
レタスクラブニュース
火も電子レンジも使わずに作れる、なすとツナを和えた一品です。調理のポイントは、なすに塩をまぶして水気を絞ること!塩をまぶしたら5分ほど置いておくようにしましょう。
ツナは汁を軽く切ってからマヨネーズを加えてください。あとはなすとツナマヨを和えれば完成です。10分もかからずに作れるので、ぜひ覚えておいてください。

◆枝豆を使ったおつまみレシピ

ビールに合うおつまみというと、枝豆は欠かせません。続いては枝豆を使ったおつまみを紹介します。

<枝豆のカレー塩>

枝豆のカレー塩
出典元
レタスクラブニュース
塩をかけて食べるのが一般的な枝豆ですが、こちらのレシピでは、塩は塩でもカレー塩をかけているのが特徴です。カレー塩は、塩にカレー粉を混ぜて作ったもの!
枝豆にかけると塩気にカレー粉のスパイシーさと香りが加わるので、いつもの枝豆とは違った味わいを楽しむことができますよ♪また、枝豆は電子レンジで加熱するので調理も簡単です◎


<枝豆とチーズのディップ>

枝豆とチーズのディップ
枝豆、クリームチーズ、辛子明太子、たまねぎで作るディップソースをクラッカーで食べる一品です。ソースには辛子明太子を使っているため、ピリッとした明太子の味がアクセントになります。
レシピではクラッカーを使用していますが、パンやスティック状にした野菜などと合わせても美味しいのでおすすめですよ◎

◆きゅうりを使ったおつまみレシピ

サラダや酢の物などに使われるきゅうりですが、おつまみとしても活躍してくれます。続いてはきゅうりを使ったおつまみを紹介します。

<きゅうりのピリ辛漬け>

きゅうりのピリ辛漬け
長めにカットした四つ割りのきゅうりに、ピリ辛醤油をかけて食べるおつまみです。きゅうりは事前に板ずりをするようにしましょう。板ずりによって、きゅうりの表面のイボを取り除けるほか、ピリ辛醤油が染み込みやすくなりますよ♪
ピリ辛醤油は、醤油、酢、ごま油、砂糖、塩、赤唐辛子、粉山椒を混ぜるだけで作れます◎きゅうりにピリ辛醤油をかけ、電子レンジで1分30秒加熱したら完成です。


<きゅうりの魚介サラダ>

きゅうりの魚介サラダ
ホタテ、きゅうり、たまねぎで作るサラダです。ホタテは熱湯にくぐらせ、きゅうりは小口切りにして塩をまぶして水気を取り、たまねぎは薄切りにします。
また、こちらのレシピではドレッシングにもきゅうりを使用しています!酢、ねりわさび、塩、サラダ油にすりおろしたきゅうりを加えたドレッシングは、わさびの辛さや酢の酸味をきゅうりが程よく調和してくれていますよ◎

◆ピーマンを使ったおつまみレシピ

炒めもの料理で使用するイメージのあるピーマンですが、使い方次第ではヘルシーなおつまみに大変身!続いては、ピーマンを使ったおつまみを紹介します。

<ピーマンの塩こんぶあえ>

ピーマンの塩こんぶあえ
細切りにしたピーマンに、塩こんぶを和えたシンプルかつヘルシーな一品です。ピーマンと塩こんぶを和える際は、電子レンジで1分〜1分30秒ほど加熱します。調味料は何も使用していませんが、こんぶに塩気がしっかりと付いているので、美味しさは十分◎
短時間で作れるレシピですが、病みつきになりお箸もビールもどんどん進みますよ♪


<もやしとピーマンのごま酢>

もやしとピーマンのごま酢
もやしとピーマンに、練りごま、塩、薄口醤油、酢で作るごま酢を和えて作るおつまみです。調理工程は、まずもやしとピーマンに酒をかけて電子レンジで3分加熱します。加熱するときは、ラップか蓋をするのを忘れないでください。
加熱している間に、材料を混ぜ合わせてごま酢を作りましょう。あとは、加熱したもやしとピーマンにかけて混ぜ合わせれば完成です♪もやしがないときはたまねぎを使用しても美味しいですよ◎

◆ゴーヤを使ったおつまみレシピ

ゴーヤというとチャンプルーが有名ですが、活用方法はそれだけではありません。最後にゴーヤを使ったおつまみを紹介します。

<ゴーヤと豚肉のごまみそあえ>

ゴーヤと豚肉のごまみそあえ
茹でたゴーヤと豚肉にすりごま、みそ、みりん、砂糖で作るごまみそを和えた一品です。ゴーヤは、調理の際に種とわたを取り除き、2〜3mmの厚さにカットします。また、豚肉は3〜4cmの大きさにカットしてください。
ゴーヤの苦味が気になる人もいるかもしれませんが、ごまみそにみそや砂糖が使われているため、食べやすくなっていますよ◎


<豆腐のおかずサラダ>

豆腐のおかずサラダ
出典元
レタスクラブニュース
サニーレタス、ベーコン、木綿豆腐、ゴーヤで作る食べ応え充分のサラダです。ベーコンの調理にだけフライパンを使用しますが、ゴーヤは半月切りにして冷水に5分浸け、木綿豆腐は電子レンジで加熱して、粗熱が取れたら食べやすい大きさにちぎるだけなので、ボリューム感のある見た目に対して意外と調理工程はシンプルです。
サニーレタスがないときはキャベツを代用しても構いません◎

ヘルシーな野菜おつまみで美味しいビールを飲もう!

ビールのおつまみというと、肉や魚などをイメージするかもしれませんが、野菜がメインのレシピも相性抜群◎

今回紹介したレシピは、ヘルシーであることに加え、火を使わないものも多いので、材料さえあればすぐに調理できますよ♪

ダイエット中の人や健康が気になる人はもちろん、いつも同じおつまみで飽きてしまった人も、ぜひ野菜を使ったヘルシーおつまみを試してみてくださいね!
writer
メニューズ編集部