電子レンジと缶詰で作るおしゃレシピ18選

おしゃレシピ
提供元
メニューズ編集部
今回は電子レンジ&缶詰を活用したレシピをご紹介します。特に簡単だけど、おしゃれで上品に見えるレシピを中心に集めてみました。

今話題の「さば缶」を使ったレシピもありますよ♪特に電子レンジを使ったレシピは、手抜き感を一切感じさせないレシピもあるので、必見です!

【電子レンジ】時短&簡単メインレシピ4選

おしゃれで美味しい!レンジボンゴレロッソ

レンジボンゴレロッソ
出典元
レタスクラブニュース
作るのに時間がかかるパスタのトッピングも、電子レンジを使えば簡単に調理できます。例えば、こちらは具だくさんがうれしいボンゴレロッソ。あさりの出汁がきいて、にんにくの香りがアクセントとなり、食欲をそそる1品です。
トマトとパセリの組み合わせのおかげで、彩りも豊かになりますよ。ちょっとおしゃれなランチを楽しみたい時にうってつけです!


子どもがだいすき!レンジソース焼きそば

レンジソース焼きそば
出典元
レタスクラブニュース
パスタと同じく、麺系で人気のレシピ「焼きそば」!朝晩と活躍してくれる料理として、重宝している方もきっと多いはず。耐熱皿に麺、にんじん、キャベツをいれてレンジで約9分で作ることができます。
忙しいとき、時間がないときに活躍してくれますよ!人数分を調整して作ることができるので、食材の余りを出さずに済むのも魅力です。


和風味でさっぱり!納豆とレタスのレンジチャーハン

納豆とレタスのレンジチャーハン
出典元
レタスクラブニュース
フライパンを使わずにできるチャーハンは、子どもと一緒に料理を楽しむのにうってつけ!お子さまが苦手な材料を使ったレシピを一緒に作ることで、苦手克服のきっかけにもなります。例えば、納豆とチャーハンの組み合わせ!
熱を加えると、独特の香りや食感が和らぐので、納豆克服の第一歩にチャレンジするのにおすすめです。

しかもこちらのレシピなら、耐熱皿にごはん、キャベツ、納豆を入れてレンジで温めるだけの簡単調理で楽しめます♪


癖になる食感!とろっと卵のえび塩レンジオムライス

とろっと卵のえび塩レンジオムライス
出典元
レタスクラブニュース
大人も子どもも大好きなオムライス!こちらの塩レンジオムライスは、魚介のだしが利いたレシピ。ごはんの上にとろとろの卵を乗せて、楽しんでください♪
ホワイトソースと卵が絡んで、一口食べれば濃厚な味わいが口いっぱいに広がり、癖になる美味しさ!あまったソースは冷凍保存すれば、別のレシピで活用できますよ♪

【電子レンジ】おうちカフェにも最適なおかずレシピ5選

丼ものにしてもOK!レンジでバンバンジー

レンジでバンバンジー
出典元
レタスクラブニュース
おかずとして人気のレシピ「バンバンジー」!1品で食卓が豪華になるレシピは、忙しい毎日の中で心強い味方です。
特に食べ応えのあるお肉は、ごはんはもちろん、麺系との相性も抜群!おかず単品として楽しめるだけではなく、トッピングとしても活用できるのは嬉しいポイントですよね♪


イベントにも最適!レンジローストビーフ

レンジローストビーフ
出典元
レタスクラブニュース
おうちカフェを楽しみたいときやおもてなしに役立つ「ローストビーフ」!普段、あまり料理に慣れていない方でもこなれた雰囲気を出すことができるレシピです。
作り方もとっても簡単♪牛肉に香辛料をつけ、ラップに巻いて電子レンジで温めるだけ。

お皿にクレソンを乗せれば、まさにカフェやレストランで楽しめるローストビーフのできあがりです!


れんこんがポイント!レンジとりだんご

レンジとりだんご
出典元
レタスクラブニュース
お弁当のおかずにも役立ってくれる「とりだんご」!鶏ひき肉のジューシーな味わいとれんこんの食感が楽しめる1品です。
ポイントは、2種類の調理方法を施したれんこんを使用すること。すりおろしたれんこんとみじん切りにしたれんこんを組み合わせることで、しゃきしゃきふわふわの味わいを楽しめます。


大人のおつまみ!レンジ麻婆なす

レンジ麻婆なす
出典元
レタスクラブニュース
夏に旬となる「なす」を活用したこちらの麻婆なす。ピーマンと長ネギを一緒に炒め、アクセントににんにくやしょうがをプラスしたちょっと大人の味わいとなっています。
味に物足りなさを感じる方は、豆板醬を入れると、よりパンチのある1品を楽しむことができます。

夏場、食欲がなくなっているときにうってつけの香辛料がたっぷり使用されている点も魅力です♪


魚が苦手な方にうってつけ!白身魚としょうがのレンジ蒸し

白身魚としょうがのレンジ蒸し
出典元
レタスクラブニュース
たっぷり中華ダレとほろほろの白身魚を組み合わせたレンジ蒸し!魚嫌いでも思わず「これなら食べることができる」という美味しさです。
しょうがの香りのおかげで臭みもなく、食べ応えのあるタラの身は、まるでお肉のよう。タラの上に薬味を乗せることで、高級感を演出することができますよ!

【缶詰】親子で楽しめるカニ缶活用レシピ3選

中華料理の定番!かに玉

かに玉
出典元
レタスクラブニュース
人気のカニ缶を使ったレシピで定番の「かにかま」!とろとろの甘辛のソースが卵と絡んで美味しいレシピですよね。
卵にしいたけや長ネギを入れて、フライパンで炒めるだけの簡単調理でできるのも嬉しいポイント♪かにをたっぷり入れて、楽しんでください!


サクサク、とろ~り。かにクリームポット食パン

かにクリームポット食パン
出典元
レタスクラブニュース
見るだけで食欲そそる「ポット食パン」!じゃがいもやたまねぎと一緒にかに缶とカニカマを閉じ込めた食パンは子どもも大喜びの1品です。
グラタンのような風味の具材は、カニの出汁がしっかり染み込んでおり、ごはんにかけても美味しいです。パン派の方もごはん派の方も楽しめるレシピとなっています。


魚介のうま味がぎゅっと濃縮!かにえびドリア

かにえびドリア
出典元
レタスクラブニュース
カニクリームホット食パンと同様、食卓を華やかにしてくれるのが「かにえびドリア」です。作る際は魚介のうま味が染み込んだホワイトソースにごはんをしっかる絡めることがポイント!
オーブントースターで焼いている間、香ばしい香りが漂い「はやくできないかな」と待ち遠しくなるレシピです♪


【缶詰】キャンプでも役立つ!さば缶を使ったレシピ3選

相性抜群!さば缶のチーズトマト煮

さば缶のチーズトマト煮
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
チーズとトマトの組み合わせは人気ですよね。でもそこに「さば」をプラスすると、美味しさが倍増することをご存じですか?
缶詰によっては、さばに味がついているものもあるので、アイテムによって味の違いを楽しめるのも魅力の1つ。バゲットに乗せて楽しむレシピもおすすめです♪


上品な味わいが魅力!さばとブロッコリーのガーリックパスタ

さばとブロッコリーのガーリックパスタ
出典元
レタスクラブニュース
混ぜるだけで簡単にできるパスタ料理では、さば缶が大活躍!ブロッコリーと一緒に茹でたパスタとあえれば、簡単におうちカフェを楽しめます。
ガーリックを加えることで、味にアクセントがプラスされお酒のおつまみにもうってつけの1品になってくれますよ。また、スパイシーさが欲しい人は唐辛子を加えてみてくださいね!


こってり、濃厚!さばみそサラダ

さばみそサラダ
出典元
レタスクラブニュース
ガーリックパスタと同様、お酒のおつまみになってくれそうな「さばみそサラダ」!みその濃厚なコクが際立つ1品で、ごはんのお供にうってつけです。こちらもガーリックパスタ同様、混ぜるだけで簡単にできる点が魅力♪
忙しいとき、ガーリックパスタとさばみそサラダを食卓に並べるのもいいかもしれません。味付けが異なっているので、「さば」が重なってもくどく感じませんよ。

【缶詰】人気のトマト缶を使ったレシピ3選

トマト×スープの定番!ミネストローネ

ミネストローネ
出典元
レタスクラブニュース
濃厚なトマトのコクが魅力のミネストローネは、トマト缶で楽しめるレシピの1つ。先ほどご紹介したさば缶を活用したパスタやサラダとセットにして食卓に並べることもできます♪
たっぷりキャベツを入れることで、具材に物足りなさを感じさせません。あまったら、翌日スープパスタにして楽しんでください!


ヘルシーさもあり!豆腐のトマトチーズ焼き

豆腐のトマトチーズ焼き
出典元
レタスクラブニュース
濃厚なトマトの味わいとチーズのまろやかさを楽しめる「チーズ焼き」!カロリーが気になる方も豆腐なら気分がちょっと軽くなるのではないでしょうか。
作り方のポイントは豆腐とベーコンを均一に並べること。そうすることで、ベーコンのうま味を均一にいきわたらせることができます。

後はトマトソースとチーズをかけて、焼くだけです。トマトソースは身をしっかり潰してかけてくださいね♪


ひんやり美味しい!トマトフローズンヨーグルト

トマトフローズンヨーグルト
出典元
レタスクラブニュース
最後にご紹介するのは、トマト缶を使ったフローズンヨーグルトです。トマトの赤みが鮮やかで、夏にぴったりのこちらのレシピ。さっぱりとした味わいで、食後のお口直しにもうってつけです。
作るのが楽しいレシピというのも魅力の1つ。トマトをざるでピュレ状にする作業は、刃物を使わないので子どもに任せても安心です。

電子レンジ&缶詰のレシピをご紹介しました!

今回は簡単だけど、こなれた雰囲気のあるレシピを中心にご紹介しました。

普段、忙しい毎日の中で、「電子レンジ」「缶詰」というキーワードを気にせず、食卓に出せるレシピばかりでしたね。

特に電子レンジを活用したレシピは、火を使わないこともあり、子どもと一緒に調理をする際に活用できる気がします!ちなみに缶詰を活用したレシピは、普段の食卓はもちろんアウトドアでも活用できるので機会があればチャレンジしてみてください!
writer
メニューズ編集部