「おせち」だって作り置きできる!週末に作る「らくらく冷凍おせち」特集♡第4弾

らくらく冷凍おせち第4弾
提供元
ベターホームのお料理教室

「来年のお正月は、手作りおせちでお祝いしたい!」そうは言っても、ただでさえ忙しい年末。おせちを一度に作り上げるのは至難の業です。

そこで、おすすめなのが「冷凍おせち」。年末に慌てないよう、少しずつ作り置きしておきましょう!

第4弾は「煮しめ」、番外編で「アレンジ雑煮」「サーモンとイクラの散らしずし」のレシピです。

◆今週末つくる冷凍おせち

・煮しめ
・アレンジ雑煮(番外編)
・サーモンとイクラの散らしずし(番外編)


<おせち作り以外でやっておくべきこと>
あまり日持ちのしない「かまぼこ」は年末ギリギリに購入♪
また、冷凍しておいたおせち料理は、12月30日の夜寝る前に、元日に食べる分だけ冷蔵庫にうつして解凍しておきましょう!

◆「煮しめ」レシピ

煮しめ

おせちの定番「煮しめ」。こんにゃくや根菜は、冷凍すると食感が変わりやすいので、あまり冷凍には向きません。煮しめだけは冷凍せず、年末に作るのがおすすめです♪


<材料(4人分)>
にんじん      100~150g
ごぼう       80g
さといも      400g
*塩        小さじ1/2
干ししいたけ    4個
こんにゃく     1/2枚
さやえんどう    12枚

【A】
だし        250ml
しいたけのもどし汁 50ml
砂糖        大さじ2
みりん       大さじ1と1/2
しょうゆ      大さじ2
塩         小さじ1/6


<作り方>
①しいたけは水100ml(材料外)に30分ほどつけてもどし、軸をとる(もどし汁はとりおく)。

②にんじんは、1.5cm厚さの輪切りを4枚とる。梅型で抜き、包丁で切り込んで”ねじり梅”(梅花にんじん)にする。

③ごぼうは皮をこそげ、乱切りにする。水にさらして、水気をきる。

④さといもは、両端を切り落とす。断面が六角形になるように皮を縦に同じ方向に皮をむき、大きければ半分に切る。塩小さじ1/2をもみこみ、熱湯でさっとゆでる。水にとり、流水で洗い、ぬめりをとる。

⑤さやえんどうは筋をとる。こんにゃくは7mm厚さに切る。断面中央に縦1.5cm長さの切りこみを入れ、片側を切りこみにくぐらせる(手綱こんにゃく)。熱湯で、さやえんどう→こんにゃくの順にさっとゆでる。

⑥鍋にさやえんどう以外の材料とAを入れ、中火にかける。煮立ったらアクをとり、落としぶたとふたをする。野菜がやわらかくなり、煮汁が少なくなるまで、15分ほど煮る。あら熱がとれたら、しいたけを六角形になるように切る。重箱に盛り、さやえんどうを飾る。

◆番外編「アレンジ雑煮」レシピ

アレンジ雑煮

★おせちに飽きたときの救世主レシピ ★
おせちで残っただて巻きやかまぼこを使えば、具だくさん雑煮のできあがり♪


<材料(4人分)>
とりもも肉      200g
小松菜        1/3束(100g)

【A】
だし         800ml
しょうゆ・酒     各大さじ1
塩          小さじ1/3

切りもち       4個
ゆずの皮(せん切り) 少々
おせちの残り     適量
※だて巻き、かまぼこなどお好みで


<作り方>
①小松菜は5cm長さに切り、熱湯でかため(約15秒)にゆでる。

②とり肉はひと口大に切り、塩・酒各少々(各材料外)をふる。

③鍋にAを合わせて火にかける。煮立ったら、とり肉を加えて火を通す(途中でアクをとる)。小松菜、おせちの残りを加え、さっと煮る。

④もちはオーブントースターでこんがりと焼く。

⑤もちを椀に入れて、③の具をのせ、汁をそそぐ。ゆずをのせる。


<冷凍保存法>
小松菜、とり肉をそれぞれラップで包み、保存袋に入れて冷凍。ゆずの皮も冷凍しておくと便利です♪

アレンジ雑煮_保存法

●食べるときは?
作り方③以下を参照。とり肉、小松菜は凍ったまま加熱しましょう!

●冷凍期限のめやす
2週間

◆番外編「サーモンとイクラの散らしずし」レシピ

サーモンとイクラの散らしずし

★おせちに飽きたときの救世主レシピ ★
豪華な散らしずしも、冷凍を活用すれば、あっという間に完成します♪


<材料(2人分)>
温かいごはん      300g
*すし酢(市販)    大さじ2
きゅうり        1/2本
卵           1個

【A】
塩           少々
砂糖          小さじ1
酒           大さじ1

サラダ油        少々
スモークサーモン    2枚*
イクラ         大さじ2

* スモークサーモンは1cm幅に切る。


<作り方>
①きゅうりは薄切りにし、塩少々(材料外)をまぶす。2~3分おき、水気をペーパータオルでふく。

②卵をほぐし、Aを加えて混ぜる。フライパンに油を温め、薄焼き卵を焼く。さめたら、細切りにする。

③ごはんをボールに入れ、すし酢をふり入れて、さっくりと混ぜる。さます。

④器に③を盛り、水気をしぼったきゅうり、サーモン、卵、イクラをのせる。


<冷凍保存法>
具ごと小分けにして保存袋に入れて冷凍。ごはんも冷凍しておくと便利です。

サーモンとイクラの散らしずし_保存法

●食べるときは?
きゅうり、卵、サーモン、イクラは冷蔵庫で自然解凍する。あとは作り方③以下を参照。

●冷凍期限のめやす
2週間


いかがでしたか?
第1弾~第4弾まで盛りだくさんの内容でしたが、もし「実際に作ってみよう!」と思ってくれる方がいたら、とても嬉しいです。はやめはやめに準備しておけば、意外と簡単に作れちゃうおせち料理。ぜひ挑戦してみてくださいね!

来年も、皆さんにとって素敵な年になりますように♪

ベターホーム

レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。

writer
メニューズ編集部
  • #作り置き
  • #料理
  • #簡単レシピ