子どもに人気の【お弁当おかず】18選!

子ども向けお弁当おかず
提供元
メニューズ編集部
「お弁当のおかず」にお悩みを抱えているお母さん、お父さん。ちょっと覗いて行きませんか?

今回、定番おかずに一味工夫を凝らした料理を含めて、18個のレシピをまとめました。幼稚園児から小学生、中学生、高校生までを対象にしているので、きっと役立つレシピもあると思います。

それでは【子どもに人気のお弁当おかず18選】、スタート!

開けた瞬間、かわいいがこぼれる。うずらくん

うずらくん
出典元
レタスクラブニュース
お弁当箱からちょこんと覗いていたら、思わずきゅんとするうずらくん。幼稚園児から小学校低学年くらいまでの子どもに人気のおかずです。

たまごにのりで顔を描くのがちょっと大変ですが、失敗しても、子どもとの会話のネタになるで大丈夫です。

慣れてきたら、日替わりで卵焼きやウィンナーなどにのりで顔をつけるのも素敵ですよ。

大人になっても大好き!チキンナゲット

ふわふわチキンナゲット
出典元
レタスクラブニュース
年代問わず、大人気のチキンナゲット!甘辛のタレやマスタードなど、好みに合わせることがきるのも魅力のおかずです。

中学生や高校生になってくるとカロリーを気にする子もいると思います。その時は豆腐を混ぜてヘルシーに仕上げれば、きっと喜んでもらえますよ!

サクッと食感が楽しめる!れんこん入り揚げミートボール

れんこん入り揚げミートボール
出典元
レタスクラブニュース
サクサクの食感をプラスしたレンコン入りミートボール。シンプルなおかずに思われがちですが、一口食べればそんな印象も吹っ飛びます。

一工夫することで「また入れてほしい!」と言われる人気の定番おかずに大変身してくれますよ。「子どもに野菜を食べさせたい」というお母さん、お父さんにおすすめの1品です。

バター醤油がおすすめ!ほうれん草とコーンのごま和え

ほうれん草とコーンのごまあえ
出典元
レタスクラブニュース
いんげんを使ったごま和えは美味しいですが、どちらかというと、子どもにはほうれん草を使ったごま和えが大人気!

幼稚園児から小学生の子どもに出す場合、味付けをバター醤油にするのがおすすめです。コーンの甘さと相まって、食べやすいまろやかな風味になりますよ。

レンコン入りミートボール同様、野菜嫌いの克服に一役買ってくれそうなおかずです。

定番のおかず!アスパラの照り焼き

肉巻きアスパラの照り焼き
出典元
レタスクラブニュース
アスパラをつかったお弁当おかずの定番・照り焼き。

うまく彩りを取り入れられないときの心強い味方となってくれます。中学生・高校生のお弁当に忍ばせる際は、さらに一工夫。

ヤングコーンをアスパラで挟むように置いて、お肉で包んでみてくださいね。切った後、切り口がお花のようになっていてかわいいですよ。

中身に一工夫!さつまいものコロッケ

さつまいものコロッケ
出典元
レタスクラブニュース
大学芋やおさつスティックと並び、子どもに大人気のさつまいもコロッケ!幼稚園児に小学生、中学生、高校生までどの世代からも支持されているおかずです。

食べ応えを出したい場合は、コーンやハムを入れて食べ応えを出すのがポイント。香りを気にしない場合は、細かく刻んだキムチ納豆を入れるレシピもおすすめです。

前日のあまり物をいかして!豚バラときゅうりのきんぴら

豚バラときゅうりのきんぴら
出典元
レタスクラブニュース
前日にあまった食材を使って、美味しいおかずを作りたい時、ありますよね。豚バラは、そんな要望に応えてくれる食材の一つです。

朝に作っても昼まで美味しく食べることができます。もろみみそで味付けされたしゃきしゃききゅうりときんぴらにすれば、食欲そそるおかずのできあがり。

学校のイベントでがっつりおかずが必要な時にうってつけです。きんぴらがマンネリ化してきたときにも、おすすめのレシピですよ。

時間がないときに最適!じゃがいもとにんじんの塩炒め

じゃがいもとにんじんの塩炒め
出典元
レタスクラブニュース
塩炒めも作り置きを活用したおかずにおすすめのレシピ。作り置きレシピとしても定番の塩炒めは、お肉系で埋まりがちなお弁当に彩りをプラスしてくれます。

日がたつと塩が野菜に浸透して、味を薄く感じるかもしれません。そんな時はいりごまなどで風味をプラス!塩分過多にならないように注意してくださいね。

ちょっと上品なおかず!パスタサラダ

パスタサラダ
出典元
レタスクラブニュース
中学校・高校にあがると、ちょっとおしゃれなおかずを子どものお弁当にプラスしたいですよね。

定番のパスタサラダは工夫次第で、周りから「かわいい」を引き出せるお手ごろなアレンジおかず。キャラクターものやカラフルなパスタを使えば、毎日のお弁当に入れても安心のおかずです。

もし、パスタサラダがあまった場合は、ラタトゥイユと混ぜてみてください。トマトのコクが利いたアレンジおかずが作れますよ。

がっつり系おかず!鶏肉のマリネサラダ

とり肉のマリネサラダ
出典元
レタスクラブニュース
こちらは、鶏肉料理で人気のマリネとサラダを合体させた1品。

中学生・高校生になれば、部活動が始まりハードに活動する日も多くなります。そんな日々を乗り越えるためには、がっつり系のスタミナおかずは必須!

マリネサラダをお弁当に入れる際は、肉も野菜も大きく切って、食べ応えを出すことがポイントです。
照り焼きや甘辛煮など、鶏肉の作り置きレシピはお弁当のおかずとしても応用できるものばかり。

おかずレシピに困った際は、鶏肉レシピを試してみてください。きっと1品で食べ応えのあるレシピを見つけることができますよ。

韓国風おかずといえば!ナムル

ナムル
出典元
レタスクラブニュース
あまり、お弁当にいれるイメージがないナムル。

小松菜や大根、白菜にナスと野菜を美味しく食べることができるレシピなので、野菜嫌いの子がいれば、1度試してみてください。
塩や醤油、タレなどの味がつくと、普段食べにくい野菜も比較的食べやすくなります。

小松菜やほうれんそうをナムルにする際は、炒り卵と一緒に和えると彩りがプラスされるのおすすめです。

香ばしさが食欲そそる。かじきの竜田揚げ弁当

かじきの竜田揚げ弁当
出典元
レタスクラブニュース
「時間がなくて、複数のおかずが作れない……」という時は、竜田揚げでごはんを埋めてしまいましょう!

甘辛の和風ダレがごはんに染み込んで、それだけで美味しいおかずになってくれます。ほろほろのかじきを数枚並べて、ボリューム感をだすのがポイントです。

魚が苦手な子には鶏もも肉や鶏むね肉で代用してくださいね

相性抜群の食材沢山!トマトの和えもの

トマトのしらすあえ
出典元
レタスクラブニュース
小松菜や大葉、ほうれん草と和えて楽しめるトマトの和えもの。相性がいい食事が多いと、毎日のレシピを考える手間も省けて一石二鳥です。

トマトとしらすのにパスタを絡めて、おかずにするのもいいですね。お弁当のちょっとした隙間を埋めたい時、しらす和えは簡単時短のレシピです。

お弁当の定番おかず!フライパンナポリタン

フライパンナポリタン
出典元
レタスクラブニュース
お弁当の隙間を埋める際に役立つ・スパゲッティ!幼稚園児から高校生まで年代問わず使える人気レシピです。

フライパンさえあればできるので、大きなパスタポットがなくても大丈夫。たらこやカルボナーラなどバリエーションが豊富なのも魅力ですよね。

固まっても大丈夫なように一口サイズにしてお弁当に入れるのがおすすめです。

「おしゃれ」がこぼれる!キャベツとサーモンのロールポテサラ

キャベツとサーモンのロールポテサラ
出典元
レタスクラブニュース
人気のロール系おかずの中からポテトサラダをご紹介!見た目の可愛さやおしゃれさから、年代問わず人気のおかずとなっています。
キャベツやサーモンの組み合わせのように色の組み合わせ方次第で季節を感じることができます。

くるくる巻く調理が楽しいので、ぜひ、幼稚園や小学校のお子様と一緒に楽しく作ってくださいね。お弁当の空いた隙間を埋めたい際も役立ってくれますよ!

粉チーズがポイント!はんぺんピカタ

はんぺんピカタ
出典元
レタスクラブニュース
薄切りの肉を小麦粉と卵液で挟んで焼くピカタ。こちらはそんなピカタのレシピにヒントを得て、はんぺんをレンコンで挟み上げた食べ応えある1品です。

香ばしさをプラスするために、粉チーズを使用するのがポイント。レンコンが苦手な場合、はんぺんに卵液をくぐらせただけのピカタでも、ふわふわの食感が楽しめて美味しいですよ。

冷めてもしゃきしゃき!レンコン炒め

れんこんのカレー炒め
出典元
レタスクラブニュース
マスタードやごま油、ケチャップと味のアレンジが豊富なレンコン炒め。豆やひじき、明太子など組み合わせ次第でレパートリーを広げられる点も魅力となっています。

カレー味にすれば、幼稚園児や小学生の子どもでも野菜に苦手意識を持たずにきっと食べてくれるはず。

中学生・高校生のお弁当に入れるなら眠気も吹き飛ぶピリ辛中華風の味付けがおすすめです。

くるっと巻いて笑顔あふれる!チーズちくわのロール卵焼き

チーズちくわのロール卵焼き
出典元
レタスクラブニュース
ロール系おかずの中からもう1品!お弁当のおかずで人気の卵焼きをご紹介します!

焼く際にちくわやおくら、ハムやチーズを卵と一緒にくるっと巻くだけ。黄色だけで味気ない卵焼きに一気に色がさして華やかになります。
切り口もかわいいので、お弁当に入れれば、子どもたちから「どうやって作ったの?」と聞かれるかも。その際は、一緒に作って料理の楽しさを伝えるのも素敵ですね。

お弁当の隙間を埋める際は、いつものおかずをちょっとおしゃれにすると、マンネリ化を防ぐことができますよ。

ちょっとの工夫で、おかずのマンネリ化は防げる!

毎日お弁当を作っていると、レシピに困って同じおかずを入れてしまうことがありますよね。そんな時は、味や見た目をアレンジして、マンネリ化させないことがポイントです。

卵焼きとロール卵焼きを1日置きに入れる、という工夫もいいですね。炒めものの味を毎日変えたり、パスタサラダの具材を変えるのもおすすめです。

明日のレシピが思いつかなかったら、今日、作ったおかずを振り返ってみてください。もしかしたら、ちょっとの工夫で明日もまたお弁当に使えるおかずがあるかもしれません。

ぜひ、今日とは違った味や形にして、明日のお弁当も美味しく、素敵なおかずで埋めてくださいね。


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部