今日はおうちでイタリアン♪誕生日やホームパーティーに作りたい華やかレシピ10選

おうちイタリアン
提供元
渡邊未央(レシピ)

10/25が何の日か知っていますか?正解は「世界パスタデー」♪調理が手軽で、いろいろな味を楽しめるパスタ、皆さん好きですよね!そしてパスタと言えば「イタリア料理」。オシャレで美味しいイタリアンは数ある外国料理の中でも、特に人気です。

今回は、本場イタリアのレストランで実際に出されているレシピを家庭用にアレンジして、皆さんにご紹介します♪

読者の皆さまには、プレゼントもご用意しているので、ぜひチェックしてみてください!詳細はコラムの最後をご覧ください。

◆テーマに合わせて♡おすすめレシピ

テーマ①誕生日や記念日などの特別な日に作りたいレシピ



レストランで豪華なディナーを食べるのも素敵だけど、たまにはおうちで特別感のある手料理を作ってみませんか?


【前菜】トマトのブルスケッタ

トマトのブルスケッタ

[1] ミニトマトは1/4に切ってボウルにいれ、バジルの葉をちぎって加え、オレガノ、塩、オリーブオイルを入れたらボウルを振って良く混ぜ合わせる。
[2] 無塩のトスカーナパンは1.5cm程に切り、焼き目がつく程度にトーストし、ニンニクのカットした断面をこすりつける。
[3] 2のパンに1のトマトをのせて皿に並べたら、ルッコラを散らして、更にオリーブオイル(分量外)をかけて完成。


【主食】エビと帆立貝とキノコのスパゲッティ

エビと帆立貝とキノコのスパゲッティ

[1] スパゲッティはアルデンテにゆでる。(ゆで汁には1%の塩を加える)
[2] うす切りにした帆立に塩こしょうをし、オリーブオイルを熱したフライパンで軽く焼き、とりだす。
[3] 2のフライパンでみじん切りにしたたまねぎ、うす切りにしたエリンギをいためる。
[4] エビは殻をむき、頭を3のフライパンに加えつぶしながらいためる。白ワインを加え,エビのミソが十分にでたら取り出し、エビの身も加え炒める。
[5] みじん切りにしたバジル、黒ごまを加え、ゆでたスパゲッティを加えてゆで汁も適量加えよくからめる。
[6] 2の帆立を皿にのせ、5のパスタを盛りつける。仕上げに黒ごまをちらしバジルの葉(分量外)を添え、オリーブオイルをまわしかける。


【メイン】茹で牛肉のトマトと玉ねぎ煮込み

茹で牛肉のトマトと玉ねぎ煮込み

[1] 牛肉ブロックのまま、にんにく、ローリエ、パセリの茎と水からゆでる。途中灰汁を取り除き、20分程ゆでたら、肉は取り出し、一口大に切り、残りのゆで汁は煮詰めて出汁にする。
[2] 玉ねぎをくし切りにし、圧力鍋にいれ、オリーブオイル、塩を加えて炒める。そこにトマトピューレ、1の肉とだしを加える。
[3] 圧力鍋のふたをし、中〜強火で加熱。圧力がかかったら弱火にし10分加熱したら、自然冷却する。
[4] 皿にもり、刻みパセリをふって完成。


テーマ②子どもも嬉しい!家族で楽しめるレシピ



週末は、家族みんなでイタリアンを楽しみましょう!ミートソーススパゲティのようなパスタに、豚のカツレツ……子どもが好きなメニューを集めました♪

【前菜】一口モッツァレッラ リンゴとバジルソース和え

一口モッツァレッラ リンゴとバジルソース和え

[1] リンゴは上1/4をきり、芯をぬいて、丸くくり抜き器にする。
[2] 切り取った上部は飾り切りにする。切ったりんごは5分程水につけておく。
[3] くりぬいたリンゴと一口モッツアレッラをバジルソースで合える。
[4] 器にしたリンゴと、飾り切りにしたリンゴを皿にのせ、3をもってバジルの葉をかざる。


【主食】牛肉のラグートのタリアテッレ

牛肉のラグートのタリアテッレ

[1] Aの香味野菜はみじん切りにする。鍋にオリーブオイルを熱し牛ひき肉とともに炒める。
[2] Bを加え弱火で1h−2h程煮込み、一晩寝かせる。
[3] タリアテッレをたっぷりのお湯で茹でる。(ゆで汁には1%の塩を加える)
[4] 2のソースをフライパンにお玉1杯程とり、ゆで汁で水分を調整する。
[5] 茹でたタリアテッレをソースに加えあえる。皿に盛り完成。


【メイン】イタリアンカツレツ

イタリアンカツレツ

[1] バターを小鍋で溶かし、上澄みの部分のみ、揚げ鍋に移す。弱火でバター温めセージを入れて香りをつけて取り出す。
[2] 豚肉はたたいて1cm程の厚さにのばし、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
[3] 1の揚げ鍋に3の豚肉を入れて両面きつね色になるまで、弱火で5分程揚げる。
[4] 余分な油を切ったら、皿にのせ、カットレモン、イタリアンパセリを添え、岩塩をふりかけて完成。


テーマ③急な来客にも◎簡単おもてなしレシピ



突然の来客に慌ててしまわないように!手間いらずの簡単イタリアンも覚えておきましょう。パパっと作れるけど、きちんとおもてなし感も演出できるレシピです♪

【前菜】カプリーノチーズとプロシュットのクロスティーニ

カプリーノチーズとプロシュットのクロスティーニ

[1] トスカーナパンにカプリーノチーズをのせ、トーストする。
[2] プロシュットを端からふんわりとまき花の中心をつくり、もう1枚を更にふんわりと巻き付けてバラの花のようにして、1にのせる。
[3] 2を皿にもり、ルッコラ、スプラウトを添え、オリーブオイルをまわしかけ、ブラックペッパーを振りかける。


【主食】スパゲッティ・シュエ・シュエ

スパゲッティ・シュエ・シュエ(トマトソースとバジルのスパゲッティ)

[1] スパゲッティをたっぷりのお湯でゆでる。(ゆで汁には1%の塩を加える)
[2] フライパンにオリーブオイル、スライスしたにんにくを入れ熱する。そこに4等分にきったミニトマト、ちぎったバジルと1のゆで汁も加え、かきまぜながら熱する。
[3] 1のスパゲッティはアルデンテになったら湯切りし2のフライパンに加え、ソースとよく絡める。適宜ゆで汁を加える。
[4] 粉チーズを加えしっかりかきまぜたら、皿にもり、バジルを添えて完成。


【メイン】ローマ風サルティンボッカ

ローマ風サルティンボッカ

[1] 牛もも肉を軽くたたきいて5cm四方にのばし、そこに、同じサイズに切った生ハムをのせて、更にセージをのせて爪楊枝で留めて、薄力粉をまぶす。
[2] フライパンにオリーブオイル、バター、残りのセージを入れ熱し、2の肉をセージを留めたほうを下にして焼く。 両面をやいたら白ワインを加えアルコールがとんだら、肉を取り出す。
[3] 残った肉汁と白ワインを煮詰めてソースにする。
[4] 3の肉を皿にもりつけたら、4のソースをかける。

◆ワンランク上のメイン料理を作りたい!

メイン料理といえば、やっぱりステーキ。でも、こんな悩みはありませんか?

「ステーキの焼き加減、いつも迷っちゃう。」
「ソースはいつも市販のもので、マンネリぎみ。」
そんな方にぜひ見てほしい動画がこちら!

レストランで出てくるようなフィレステーキがおうちで作れちゃうんですよ♪

ワインとチョコレートのソースがお肉とどうマッチするのか、気になりますよね?
ぜひ動画を見てチャレンジしてみてください!

◆人気パスタ「ディ・チェコ」をプレゼント!

いかがでしたか?

今回は、皆さんにもっともっとイタリアンを楽しんでもらいたいので、人気パスタブランドの「ディ・チェコ」を10名様にプレゼントしちゃいます♪
アンケートに答えて、美味しいパスタセットをゲットしましょう!

ディ・チェコ

<応募方法>
上記の応募フォームより必要事項を入力し、期限内にご応募ください。

<応募受付期間>
2018/10/25(木)~11/22(木)

<当選発表>
当選者の発表は当選メールをもって代えさせていただきます。


アンケートに答えて、美味しいパスタをゲットしましょう!
たくさんのご応募、お待ちしています。

writer
メニューズ編集部
  • #夕飯
  • #料理
  • #献立
  • #簡単レシピ