シャキッとした歯ごたえが特徴!リピートしたい「水菜」レシピ

やさいの豆知識_水菜を知ろう
提供元
ベターホーム協会

アクのなさとシャキシャキした食感で、色々使える「水菜」。鍋やサラダ、煮浸しにはお馴染みですよね。

実は、カロリーが低く食物繊維が多いため、ダイエットにも大活躍の食材なのです。今回は、そんな水菜について学んでみましょう♪

【旬と栄養】旬は秋!

元々は「京菜」と呼ばれる冬の京野菜で、大きな株で栽培されていました。
現在では各地で栽培され(多くは水耕栽培)、使いやすい小株のものが1年中流通しています。

ビタミンCが豊富で、鉄、カルシウム、カロテンなどがバランスよく含まれています。
生野菜として食べやすい水菜はサラダにすることでビタミンCを摂取できますよ♪

【選び方】ピンとしているもの

ピンとしている水菜

葉先までピンとしていてみずみずしいものものを選びましょう。
茎は変色しているものは避け、ツヤがありしっかりしていてまっすぐ伸びていることもチェックしましょう!

【保存方法】乾燥は敵×

水菜は乾燥を嫌うので、ポリ袋に入れて、なるべく立てて野菜室に保存しましょう。

ゆでてから冷蔵保存することもできるが、日持ちがしないので早めに使いきることがポイントです!
また、冷凍保存も可能。生のまま食べやすい長さに切り、小分けにして保存袋へ。凍ったまま加熱調理しましょう!

ゆでたものは、冷凍すると筋っぽくなるので注意。

【知って得する♪】水菜の秘密

みぶな

水菜は地方によっては、京菜とも呼ばれます。

また、よく見かける葉がギザギザのものではなく、細いヘラ形の京菜もあります(上写真)。
こちらは京都の壬生地方の特産で「壬生菜(みぶな)」と呼ばれ、漬けものや煮もの、鍋などに使われます。壬生菜は一般的な水菜と比べ、やや辛味があるのが特徴です。

【水菜を使ったおすすめ献立】

<水菜の青菜ごはん>

みずなの青菜ごはん

水菜はアクが少ないからこそ、たっぷり入ってもおいしいですよ!

<はりはり鍋>

はりはり鍋

水菜や大根などの野菜たっぷり鍋でヘルシーに♪

<水菜の即席漬け>

水菜の即席漬け

水菜のシャキシャキが、箸休めにおいしい!

<豚肉と水菜のめんたいサラダ>

<豚肉と水菜のめんたいサラダ>

めんたいマヨと豚もも肉の相性抜群!
水菜がさっぱりと味を爽やかにしてくれます。

ベターホーム

レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。

writer
ベターホーム協会
  • #夕飯
  • #簡単レシピ
  • #野菜