シンプルなのに歯ごたえ抜群!根菜といえば「れんこん」レシピ

れんこんを知ろう
提供元
ベターホーム協会
サクサクッと歯応えが特徴のれんこん。節句料理にもよく使われ、縁起のよい食材として重宝されています。

今回は、そんなれんこんの保存方法や選び方などの情報をお届けします♪

【れんこんの旬と栄養】食物繊維が豊富!

れんこんの旬
秋~冬が旬。

ビタミンCを含み、食物繊維が豊富です。
すぐに変色してしまうのは、ポリフェノールの一種タンニンによるものと言われています。

【れんこんの選び方】節の間が長いもの

【選び方】節の間が長いもの
皮は自然な肌色で、節の間が長くふっくらし持ったときに重量感があり、硬さがあるものを選ぶとよいでしょう。

切ってあるものは、切り口が白く、肉厚なものがおすすめです。穴の中が黒いものは古く、アクがでている証拠なので要チェックです!

【れんこんの保存方法】冷蔵と冷凍

冷蔵方法
◆冷蔵
切り口をラップでおおい、ポリ袋に入れて野菜室へ。
→変色しやすいので、なるべく早く使いましょう!変色した切り口は薄く切り落とすと◎

冷凍
◆冷凍
使いやすく切り、酢少々を入れた熱湯でかためにゆでる。小分けにしてラップで包み、保存袋に入れて冷凍。
→凍ったまま加熱調理。

【知って得する♪】れんこんの基礎

◆洗う
レンコン洗う
穴の汚れは、菜箸を使って洗い流すとGOOD♪

◆皮をむく
皮をむくレンコン
皮はかたくてむきにくいので、皮むき器を使うとラクです。

◆アクを抜く
アクをぬく
切り口が空気にふれるとすぐに黒くなるので、水につけてアクを抜く。
さらに白く仕上げたいときは、酢水(水200mlに酢小さじ1の割合)につけましょう♪

◆ゆでる
ゆでる
サラダや甘酢漬けなど、れんこんを白く仕上げたいときは、湯に酢を入れてゆでる(湯200mlに酢小さじ1の割合)。

【れんこんを使ったおすすめレシピ・献立】

<れんこんとかぶの葉のきんぴら>
れんこんとかぶの葉のきんぴら
歯応えの良いれんこんとかぶの歯と使って、きんぴらにしました♪
ごはんがモリモリすすみますよ!

<れんこんのつくね焼き>
れんこんのつくね焼き
れんこんとしそを入れた風味豊かなつくね。
れんこんのさくさくした歯ごたえがアクセントです。多めに作って、お弁当におすすめ!

<豚肉と根菜の煮もの>
豚肉と根菜のにもの
少し時間はかかりますが、豚肉はほろっとやわらかく、根菜はうま味たっぷりのおいしさです!

<れんこんバーグ>
れんこんバーグ
見た目もかわいいハンバーグ!
混ぜたれんこんの歯ざわりも楽しめます。

ベターホーム
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
ベターホーム協会
  • #夕飯
  • #簡単レシピ
  • #野菜