どんな料理にも使える!万能野菜「レタス」のおすすめレシピ

提供元
ベターホーム協会
シャキっと歯応えが特徴のレタス。炒め物やスープ、もちろんサラダにまで大活躍!
そんな身近なレタスですが、意外と知らない選び方や保存方法等の知っておくと便利な情報をお届けします♪

【レタスの旬と栄養】食物繊維たっぷり!

レタスの旬
レタスの旬は夏または冬と言われています。
水分が多く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれています。

【レタスの選び方】ふんわりしているもの

ふんわりレタス
芯などの切り口が赤茶色に変色しているものは、収穫から時間がたっている証拠。
水っぽくなくおいしいレタスを選ぶには、巻きがゆるくふんわりしているものを選ぶようにしましょう♪

【レタスの保存方法】冷蔵が適してます!

保存方法冷蔵
いたんだ葉ははずします。
芯の切り口が赤茶色になっていたら、そこからいたんでしまうので、少し切り落としましょう。

◎少しでも鮮度を保つためには?
芯の部分をくり抜き、ぬらしたペーパータオルを詰めて保存します。ポリ袋に入れて、芯を下にして野菜室へ。

冷凍してしまうと、食感が変わってしまうため、冷蔵をおすすめします!

【知って得する♪】レタスの種類

◆リーフレタス
リーフレタス
グリーンリーフ、グリーンカールとも呼ばれています♪
◆プリーツレタス
プリーツレタス
▽特徴
見た目:葉先が細かく縮れている。
食感:葉は薄く、歯ざわりはやわらかい。
◆サニーレタス
サニーレタス
▽特徴
見た目:葉先は縮れており、赤紫色をしている。
食感:葉は薄く、歯ざわりはやわらかい。

【知って得する♪】レタスを美味しく食べるポイント

ポイント①パリっとさせる
パリッとしているレタス
サラダなどにするときは、食べやすい大きさにしたあとに、冷水に2~3分さらすとパリッとしておいしくなりますよ♪
ポイント②水気をよくきる
水気を切ったレタス
洗ったり、水にさらしたりしたレタスの水気はしっかりきりましょう。
野菜用の水きり器を使うか、ないときは大きめのふきんに包んで上下にふってもOK!

◆レタスを使ったおすすめレシピ・献立

<かにとレタスのチャーハン>
かにとレタスのチャーハン
シャキシャキのレタスがアクセントです♪

<豚肉とレタスの中華いため>
豚肉とレタスの中華いため
レタスのかさが減るので、たっぷり食べられます。
シャキシャキ感が残るよう、加熱しすぎないのがポイント!

<とり肉とレタスのフォー>
とり肉とレタスフォー
とり肉は電子レンジで時短♪
シャキシャキのもやしと相性抜群です!

<レタスとはるさめのタイ風いため>
レタスとはるさめのタイ風いため
レタスの歯ざわりが残っているうちにどうぞ!

ベターホーム
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
ベターホーム協会
  • #夕飯
  • #簡単レシピ
  • #野菜