料理にあわせて香りや色を楽しんで♪「ハーブ」を使ったおすすめレシピ

ハーブ
提供元
ベターホーム協会
イタリアンを中心によく使われているハーブ。料理に少し加えるだけど、一気におしゃれに仕上がりますよね。

今回は、そんなハーブに関するプチ情報とハーブをつかったおすすめレシピをご紹介いたします♪

◆料理にかかせない代表的なハーブは?

料理にかかせない代表的なハーブは?
●バジル
英名がバジル、イタリアではバジリコと呼ばれているイタリア料理には欠かせない人気のハーブです。
トマトとの相性が抜群で、パスタや軽い前菜に使われます。

●ローズマリー
肉の臭みを消してくれる便利なハーブ♪
煮込み料理に使うよりも、ロースト系の料理に適しています。

●ローレル
ローリエともいい、シチューやカレーなど煮込み料理を美味しく仕上げてくれます!
他にパエリアのような炊き込みごはんにもぴったり♪

●フェンネル
甘い香りと若干の苦味があり、魚のマリネやホイル焼き、香草焼き、カルパッチョなどで大活躍です!

●チャイブ
アサツキの代わりにつかえ、みじん切りにしてオムレツやサラダにどうぞ!ネギのように刻んで薬味として使うのもオススメ♪

◆より美味しくハーブを使うコツ!

ハーブを美味しくするコツ
料理におけるハーブには、食材のにおいを消すことと同時に”香り”をつける効果があります!
この”香り”の正体は、エッセンシャルオイル(精油)といわれる揮発性成分で、この香りを上手に引き出すためのコツがあるんです♪

【工程別のハーブの使い方ポイント!】


●調理前
①食材の臭みをとる為に食材にまぶすこと
②香りをつける為食材とともに漬け込むこと

●調理後
①炒め油に香りをうつすこと
②食材と一緒に焼くこと
③煮込む場合は、最初から使うこと
④香りの強いものがおすすめ!(例:ローズマリー、ローレルなど)

●仕上げ
①彩りが良いもの
②葉が柔らかいもの
③香りがマイルドなもの(例:チャイブ、パセリなど)

◆素材と相性のいいハーブ選び♪

素材と相性がよいハーブ
肉と魚でそれぞれ相性がいいハーブが異なる事をご存知でしょうか?

肉料理の場合、食材のくさみをとって香りをつけるだけでなく、肉をやわらかくする効果があり、
魚料理の場合生臭さを消し、油をおさえてくれる効果があるのです♪

それではここから肉と魚に分けて、いいハーブをご紹介していきます!

<肉と相性がいいハーブ>
肉と相性がいいハーブ
 
<魚と相性がいいハーブ>
魚と相性がいいハーブ

◆ハーブティーの楽しみ方♪

ハーブティ
ハーブは食べるだけでなく、ハーブティーにして薬としてつかったり、香りを楽しむこともできます♪

飲むハーブには大きくわけて3つの効用があると言われています。

【3つの効用】

1. 気持ちを落ち着かせてくれます♪
2. 美容効果でキレイになれる!?
3. 体調を整えてくれる♪

【ハーブごとの効果・作用】

●ラベンダー
リラックスでき、睡眠前などにおすすめです。

●ペパーミント
偏頭痛やそれに伴うむかつきに効果的です。

●ローズヒップ
紫外線のダメージをブロックするのに効果的です。

●マテ
新陳代謝を高め、ダイエットにも適しています。

●カモミール
吐き気や食べすぎに効果的です。

◆ハーブを使ったおすすめ献立

<かつおのソテーバジルソース>
カツオのソテーバジルソース
ふわっと香るバジルソースで爽やかに♪

<チキンと野菜のハーブソテー>
鶏肉と野菜のハーブソテー
鶏肉にドライハーブをからませたスパイシーな定番ソテー♪
お弁当のおかずにも最適です!

<豚肉巻き揚げ梅バジル風味>
<豚肉巻き揚げ梅バジル風味>
じゃがいもと梅とバジルを豚肉で巻いて揚げるだけ!
サクサクの食感がたまらない一品♪

<たいのソテー マスタード風味ソース>
たいのソテーマスタード風味
鯛のソテーにチャイブをのせて、おしゃれなプレートの出来上がり♪

<豚肉といちじくの赤ワイン煮>
豚肉といちじくの赤ワイン煮
ローズマリーがお肉の臭みをとり、いちじくの酸味がきいた繊細な味わいに♪

<かぼちゃととり肉のハーブガーリック焼>
かぼちゃととり肉のハーブガーリック焼
ガーリックの風味が食欲をそそるとりのハーブ焼き。
かぼちゃも栄養満点です!

<たらのチーズ焼き>
たらのチーズ焼き
安価な食材”たら”をつかって、いつもとちがう洋食風に!

ベターホーム
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
ベターホーム協会