子どもと一緒に楽しめる!お手軽&簡単レシピ12選

親子で仲良しクッキング
提供元
メニューズ編集部
料理をしている際、ふと顔を上げると笑顔で傍にいる子どもたち。もし、「それやりたい!」と言われたら、まずは簡単な作業から挑戦させてあげたいですよね。その際、こねたり、まるめたり、包んだり…。

好奇心や想像力をくすぐられる作業があれば、子どもも「料理って、楽しい!」と思ってくれるはず。そこで、今回は子どもと一緒に作るのが楽しい&簡単レシピをご紹介します!

達成感を感じる!「ピザトースト」

ピザトースト
出典元
レタスクラブニュース
ソースを塗ったり、チーズをちぎったりする作業が楽しいピザトースト。包丁を扱わなくても調理できるので、子どもが「1人で全部できた!」という達成感も味わえます。ピザトーストのような簡単レシピで、子どもがどんどん料理好きになっていってくれるかも。

好奇心をくすぐる!「ホットサンド」

カマンベールのホットサンド
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
最近は、テレビでたこ焼きや肉じゃがなどを挟むレシピが話題となりましたね。大人でも驚きの料理を挟めるので、「入れたらどうなるの?」とわくわくしながら子どもと料理を楽しめます。

包丁の使い方を学べる!「フルーツトースト」

カット面が映えるフルーツトースト
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
市販のカットフルーツを使うのもいいですが、包丁の使い方を子どもに教える機会にしてはいかがでしょう。おままごとで食材を切る作業は楽しいので、子どもも早く本物に挑戦したいと思っているはず。ぜひ、包丁を扱うことの難しさを教えてあげてください。もちろんケガをしないように気をつけてくださいね!

ほかのレシピも活用!「スティックおにぎり」

男の子と女の子のスティックおにぎり
出典元
レタスクラブニュース
もし、子どもがパン嫌いな場合は、スティックおにぎりを作りましょう!たこさんウィンナーや卵焼きなどほかの調理を組み入れたレシピもあり、作り方を一緒に教えるきっかけにもなりますよ。

創作意欲を掻き立てる!「おにぎらず」

子豚のおにぎらず弁当
出典元
レタスクラブニュース
材料次第で断面が変わるおにぎらずは、子どもの好奇心をくすぐる1品!工作をしているかのような調理方法も魅力です。切るまでのどきどき、わくわくも子どもが料理を楽しめるスパイスになってくれますよ。

簡単詰めるだけ!「酢飯のカップ寿司」

糀甘酒 酢飯のカップ寿司
出典元
マルコメ レシピサイト
ごはんに色を付けて楽しめるカップ寿司。桜でんぷんや青じそで色づけたごはんは見た目も華やかでかわいい。ちょっとしたお祝い事にも最適です。ごはんをカップに詰めるだけなので、子どもだけでも気軽に挑戦できますよ。

ドッキリを仕掛けたくなる!「ビール風ゼリー」

ビール風ゼリー
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
「え?ビール?」と一瞬ドキッとする見た目が魅力のビール風ゼリー!リンゴジュースゼリーに、アイスを乗っけるだけの簡単レシピとなっています。子どもと一緒に「お父さんにドッキリをしかけよう」なんて画策するのも楽しいですよ。

火加減を考える!「ホットケーキ」

メープルバナナシロップクリームのホットケーキ
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
火の扱いを教えるなら、まずは手軽にできるホットケーキがおすすめ。「ひっくり返すタイミング」を通して火加減を教えることができます。ホットケーキミックスを使ったレシピはたくさんありますよね。徐々に調理の難易度を上げていけば、子どもが一人でできるレシピの幅も広げることができますよ。

混ぜて、固めるだけ!「チョコムース」

チョコムース
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
「大人びた料理を作りたい」という子どもにうってつけなのが、チョコムース。材料を混ぜて、冷蔵庫で固めるだけの簡単レシピもおすすめの理由です。冷凍庫に入れればアイスクリームとしても楽しめます。

こねるのが楽しい!「ハンバーグ」

ハンバーグ
材料をボールの中でこねこねする作業が魅力のハンバーグ!焼いた後、ケチャップで絵を描くのも楽しいですよね。チーズを真ん中に入れるとまろやかになるのでおすすめです。もし、チーズを入れるなら「大切なお仕事を任せる!」と子どもにお願いしちゃいましょう!

食べた瞬間笑顔になる!「チーズドッグ」

さけチードッグ
出典元
雪印メグミルクのお料理レシピ
さけるチーズをホットケーキミックスに絡めるだけで作れるチーズドッグ。巷で話題になっているアイテムが自宅で楽しめるなんて嬉しですよね!ビヨーンと伸びるチーズが面白いレシピなので、食べた瞬間、子どもの笑顔があふれますよ。

キレイに焼けるかな?「焼きぎょうざ」

焼き餃子
大人から子どもまで大好きな餃子。でも、作ってみると意外と難しいのが「ひだ作り」ですよね。皮を寄せて閉じるのは子どもにはちょっと難しいかもしれません。なのでぜひ、子どもにそのコツを伝授してあげてくださいね!

料理を通して、子どもの成長を実感することも

今まで気づけなかった子どもの成長を感じることができるのも料理の魅力。一緒に料理をすると、「こんなこともできるようになったんだ」と思わずうるっとすることもあります。

ぜひ、簡単で楽しいレシピを見つけて、笑顔あふれる時間を過ごしましょう!


レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
メニューズ編集部
  • #料理
  • #料理初心者
  • #簡単レシピ