時間がないときは電子レンジを使えばいい!?乾物の上手なもどし方

乾物のもどし方
提供元
ベターホーム協会
今回のテーマは「乾物」。
もどすのが面倒くさい!と思われがちな乾物ですが、使ってみると意外と手軽に調理できるんです。

ポイントをまとめてご紹介しますので、ぜひ日頃の食卓にご活用ください。

Q:乾物の保存方法は?

<基本は湿気を避けて保存する>
湿気を避けて保存
びんや缶、密閉容器などに入れて湿気を避け、乾燥した場所で保存します。
長く保存できますが、長くおけば風味が落ちます。適量を買い、積極的に使いましょう!
<冷蔵・冷凍保存で長持ち>
冷蔵・冷凍保存で長持ち
古くなると切り干しだいこんや干ししいたけは色濃くなります。冷蔵・冷凍保存すると変色を防ぎ、風味を保てます。
ひじき、高野どうふは冷蔵・冷凍しなくてもよい。高野どうふは脂質を多く含み酸化しやすいので、早めに使いきります!

Q:もどし方を知りたい

<切り干しだいこん → ひたひたの水>
切り干しだいこんのもどし方
切り干しだいこんはだいこんを小さく切って干したもの。
水でほぐしながら洗い、軽く水気をしぼり、水をかえて、ひたひたの水に約10分つけてもどします。
<ひじき → たっぷりの水>
ひじきのもどし方
海藻の葉の部分の「芽」ひじきと、茎の部分の「長ひじき」があります。
水で洗い、目の細かいざるにとります。たっぷりの水で芽ひじきは10~15分、長ひじきは20~30分もどします。
<干ししいたけ →重しをのせて>
干ししいたけのもどし方
かさの薄い「香信(こうしん)」と肉厚な「どんこ」があります。
水でさっと洗い、ひたひたの水にひだを下にして入れて、1時間以上芯が残らなくなるまでつけます。
ここで皿で重しをするのがポイント!

※もどし時間は、大きさや厚さによって異なります。
<高野どうふ → 50℃くらいの湯>
高野どうふのもどし方
高野どうふはとうふを冷凍後、脱水し乾燥したもの。
もどさずに使える商品もあります。もどすかどうかは表示に従います!
もどす場合は50℃くらいの湯でもどしましょう。もどしたものは手ではさんでそっと水気をきります。

Q:急いでもどしたいときはどうしたらいい?

方法①電子レンジを使う
電子レンジを使って乾物をもどす
電子レンジで加熱します。

◆干ししいたけ(2個)
水100mlにつけ、ラップで落としぶたをし、約1分30秒

◆切り干しだいこん(30g)
水150mlにつけ、ラップで落としぶたをしてさらにラップをかけ約1分

◆ひじき(20g)
水150mlにつけラップをかけ、約2分
方法②湯につける・小さくちぎる
乾物を湯につける
湯につけると、水よりも早くもどります。
干ししいたけは、小さくちぎるかくだいて水につけると、そのままの形よりも早くもどります。
切り干しだいこんは、水につけているときにもみ洗いすると早くもどります。

Q:もどし汁は使えるの?

<干ししいたけのもどし汁>
干ししいたけもどし汁
干ししいたけのもどし汁はうま味や栄養があり、だし汁になります。
水でゆっくりもどすと、汁にうま味がよく出て、しいたけがふっくらします。ひと晩つけるとよりいいですよ♪

冷蔵庫にストックしておくと、すぐに使えて便利です(2~3日保存可能)。
<切り干しだいこんのもどし汁>
切り干しだいこんもどし汁
切り干しだいこんのもどし汁はうま味や栄養、自然な甘味があり、だしいらずで煮ものが作れます。
うま味が薄くなりすぎないよう、ひたひたの水でもどし、汁は早めに使います。

※ひじき、高野どうふのもどし汁は、使いません。

Q:水でもどさずに、調理できる?

方法①一緒に煮こむ・炊飯する
乾物を一緒に煮こむ
煮ものに入れるなら少し多めの煮汁に入れ、弱火でじっくり煮ます。水分をじわじわ吸ってもどることで、うま味が出てきます。
炊きこみごはんなら、米と一緒に炊飯。干ししいたけは細かくくだいて入れます。
方法②たれや水気の多い食材と混ぜる
たれや水気の多い食材
切り干しだいこんやひじきは、たれや野菜や水切りしていないとうふなど、水気の多い素材とあえ、なじませる間にもどします。
高野どうふはすりおろして、からあげの衣やハンバーグのつなぎなどに使えます。
いかがでしたでしょうか?
乾物は栄養面でも魅力的な食材で、備蓄にも最適なのでどんどん活用してみてください!
ベターホーム
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
ベターホーム協会