その火加減でホントに大丈夫?美味しく焼けるフライパンのコツ

美味しくやけるフライパンのコツ
提供元
ベターホーム協会
最近はフライパンも使いやすくて便利な「フッ素樹脂加工」のものが増えてきましたね。
フッ素樹脂加工の特徴は、フライパンの内側表面にコーティングがされていて、焦げ付きにくく手入れも楽ちん♪

今回は、そんなフライパンの使い方と火加減をおさらいしてみましょう!

Q:フライパンを温める火加減は?

ポイント①強火と空だきは厳禁!
強火と空だき
フッ素樹脂加工は高温に弱く、強火で加熱をし続けるとコーティングがはがれる原因になります。
食材を入れずに火にかけると、強火と同様、高温になってやはりコーティングがいたみます。空だきは避けましょう。
ポイント②食材を入れて中火以下で
食材を入れて
フッ素樹脂加工のフライパンを火にかけるときは、必ず油や食材を入れましょう。
食材がフライパンの表面に接することで、高温になりすぎるのをおさえます。

火加減は中火や弱火が基本です!

Q:最初に油だけを温めるときは?

ポイント①油は少なめでOK
油は少なめ
フッ素樹脂加工のものは食材がこげつきにくいため、少量の油で調理できます。

※ベターホームのレシピでは、フッ素樹脂加工のフライパンを基準にした油の量を記載しています。鉄製のフライパンを使う場合は、油の分量を必要に応じて約2倍にしてください。
ポイント②油の加熱はほどほどに
油の加減
フライパンに手をかざしてみて、温かくなっていればOK♪
また、フライパンをかたむけて、油がサラッと流れれば充分温まっています。すぐに食材を入れましょう!

油を入れたまま放置したり、煙が出るまで火にかけるのは加熱しすぎです!

Q:厚い肉を焼く火加減は?

ポイント①表面を焼き固める
表面を焼き
最初は強めの中火で、肉の表面を焼き固め、肉汁やうまみを閉じこめます。
焼き始めは、あまり動かさないことが、きれいな焼き色をつけるコツです。

様子をみて、肉が温まってきたら火を中火に弱めます(強火で加熱し続けない)。
ポイント②中まで火を通す
中まで
肉に焼き色がつき、上面に肉汁がにじみ出てきたら裏返し、中火で中までじっくり火を通します。
ハンバーグなどの火が通りにくいものは、ふたをします。蒸気が立ち、高温になるため、こがさないよう弱火にします。

Q:調理に使う道具は何がいい?

◆金属製の道具はダメ×
金属製の道具
フッ素樹脂加工のフライパンでは、金属製の道具を使うとコーティングに傷ができてしまい、早くいたむ原因になります。
金属製のへらやトングを使うのは避けましょう!
◆やわらかい素材を選ぶと◎
やわらかい素材
表面を傷つけないよう、やわらかい素材の道具を使いましょう。
食材を裏返したり器に移したりするときは、樹脂製のフライ返しや菜箸、木べらが便利。
耐熱性ならシリコン製の道具でもOKですが、耐熱表示を必ず確認しましょう!

Q:フライパンの洗い方は?

ポイント①温度変化に注意!
温度変化
フッ素樹脂加工は急激な温度変化に弱く、コーティングがいたむ原因になります。
調理後すぐのフライパンは高温な状態です。いきなり水道水をかけるのは避けましょう。
ポイント②あら熱がとれたら洗う
あら熱
調理後はペーパータオルでざっと汚れをふいておき、あら熱がとれてから中性洗剤で洗います。
スポンジは表面をいためない、やわらかい素材のものを使いましょう。

フライパンの内側だけでなく、外側もていねいに洗いましょう。

Q:洗ったあとはどうする?

ポイント①火にかけるのは厳禁!
火にかける
洗ったあと、火にかけて水滴を乾かそうとするのはNGです。
空だきと同じ状態になり、コーティングをいためてしまいます。
ポイント②水気をふきんでふく
水気をふきんで
洗ったあとは、乾いたふきんで水滴をふきとりましょう。
完全に乾いてから収納棚へ。
以上がフライパンの基本的なお話でした♪
上手に使って大切なフライパンを長持ちさせましょう!
ベターホーム
レシピや写真の無断転載はお断りします。写真の著作権は各カメラマンに属しています。
writer
ベターホーム協会