今夜の献立に!食欲の秋におすすめのおかず

秋野菜献立
提供元
メニューズ編集部
「食欲の秋」と言われるように、秋になると、様々な食材が旬を迎えます。今が美味しい食材を食卓に取り入れたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は食欲の秋だからこそのおすすめおかずを紹介します!また、合わせて献立案も紹介しているので、ぜひ夕飯メニューの参考にしてみてください。

◆秋野菜を使った食欲の秋におすすめのおかず

まずは、秋野菜を使ったレシピと献立を紹介します。ここでは、「さつまいも」「きのこ」「かぼちゃ」の3つの食材を使ったおかずを取り上げています。
食欲の秋を楽しみましょう!


<さつまいもの辛味炒め>

さつまいもの辛味炒め
甘みが特徴のさつまいもを豆板醤を使ってピリ辛に仕上げた一品です。辛さの中に感じられるほのかな甘みがアクセントになり、やみつきになること間違いなし!

さつまいものほかにも牛肉やブロッコリーなどを使用しているため、食べ応えも十分です。ご飯のお供にもぴったりですよ◎

献立案は以下の通りです。
主菜:さつまいもの辛味炒め
副菜:あさりと春雨の蒸し煮
汁物:かんたんほたてスープ


<豚かたまり肉とさつまいもの煮こみ>

豚かたまり肉とさつまいもの煮こみ
ジューシーな豚肉と甘みたっぷりのさつまいもを煮込んだ一品です。こちらのレシピでは、煮込む際にりんごを使っているのが特徴!りんごの酸味が加わることでより味わい深くなりますよ♫

使用するりんごは、酸味の強いものがおすすめです。じっくり煮込むことでより美味しくなるので時間のあるときに作ってみてくださいね!

献立案は以下の通りです。
主菜:豚かたまり肉とさつまいもの煮こみ
副菜:野菜たっぷりスープ
汁物:雑穀ご飯(普通盛り)


<きのこの和風スパゲティ>

きのこの和風スパゲティ
まいたけやえのきといったきのこを使ったパスタレシピです。きのこはバターと醤油でシンプルに味付け!シンプルですが、醤油とバターという抜群の組み合わせで濃厚な味わいに仕上がっています◎

食べた時の満足感も十分ですよ♫ほかのきのこ類を使うとまた違った味わいになるので試してみてくださいね!

献立案は以下の通りです。
主菜:きのこの和風スパゲティ
副菜:ほうれん草サラダ
汁物:しいたけと春雨のスープ


<きのこのエスニックサラダ>

きのこのエスニックサラダ
しいたけと白しめじで作るエスニックサラダです。使用するのは香菜、にんにく、サニーレタスの3つ!エスニックにする秘訣はドレッシングにあります。

砂糖、レモン汁、そしてナンプラーを混ぜて作るドレッシングをかけることでパンチの効いたエスニックサラダに仕上がりますよ◎ほかの野菜で作ってみるのもおすすめなので試してみてくださいね♫

献立案は以下の通りです。
主菜:えびしゅうまい
副菜:きのこのエスニックサラダ
汁物:ニラとザーサイのスープ


<豆乳とかぼちゃのみそ汁>

豆乳とかぼちゃのみそ汁
豆乳とかぼちゃで作るまろやかな味わいのみそ汁です。調理の際、みそは少なめにするのがポイント!そうすることで、あっさりとした味になり、豆乳やかぼちゃの旨味がより感じられますよ◎

また、最後にのせる練りからしがアクセントとして活躍◎季節感を感じたい時はもちろん、いつものみそ汁に飽きた時などにもおすすめです。

献立案は以下の通りです。
主菜:蓮根つくねの蒸しもの
副菜:枝豆と長芋の甘酢あえ
汁物:豆乳とかぼちゃのみそ汁


<かぼちゃのミートソースグラタン>

かぼちゃのミートソースグラタン
子ども人気の高いグラタン!こちらのレシピは市販のソースと牛ひき肉、玉ねぎ、トマト缶などで作る一品です。グラタンというとソース作りや焼くのに時間がかかるイメージがあるかもしれませんが、こちらのレシピは30分あれば完成します◎

調理の際はかぼちゃを事前に電子レンジで加熱しておくのがポイントです。そうすることでより柔らかくなって食べやすいですよ!

献立案は以下の通りです。
主菜:かぼちゃのミートソースグラタン
副菜:焼き野菜のマリネ
汁物:レタスと豆のトマトスープ

◆秋の味覚を使った食欲の秋におすすめのおかず

続いては、野菜以外の秋の味覚を使ったレシピ・献立を紹介します。ここでは「さんま」「栗」「りんご」を使ったおかずを取り上げています。


<さんまのしょうが煮>

さんまのしょうが煮
さんまに染み込んだしょうが、酒、醤油、砂糖などの味わいが食べ応え抜群の煮込み料理です。ご飯のお供にもぴったりで、箸がどんどん進みますよ◎

作り置きして保存もできるのでお弁当のおかずなどにもおすすめです。調理も簡単なのでぜひ夕食などに作ってみてくださいね。

献立案は以下の通りです。
主菜:さんまのしょうが煮
副菜:切り干し大根とクレソンのあえもの
汁物:あさりの味噌汁


<さんまの卵とじ>

さんまの卵とじ
卵の柔らかい食感が特徴の卵とじレシピです。さんまは、缶詰の蒲焼を使用するので調理は簡単!蒲焼きの味わいがしっかりとしているほか、最後に添えるしそが味を引き締めてくれます。

ご飯にのせて丼にして食べてもおいしいですよ◎また、献立案のように副菜、汁物にあわせるのもおすすめです。

献立案は以下の通りです。
主菜:さんまの卵とじ
副菜:じゃがいものカレースープ煮
汁物:のこのこ汁


<洋風栗ご飯>

洋風栗ご飯
栗を使ったレシピの定番といえば「栗ご飯」です。こちらのレシピでは、栗に加えて豚肉やマッシュルーム、しめじ、玉ねぎなどを使用しています。

また、味付けはバター、こしょう、ローリエ、白ワインなどを使って洋風な味わいに。調理は鍋でも炊飯器でも可能です!

献立案は以下の通りです。
主菜:洋風栗ご飯
副菜:きざみこんぶと豚肉の煮もの
汁物:たらことじゃがいものスープ


<鶏と栗、里芋の煮物>

鶏と栗、里芋の煮物
鶏肉、栗、里芋で作る煮物です。秋の味覚である栗に加えて、同じく秋が旬の里芋を使用しているのが特徴!味付けは、酒、醤油、塩、みりんでシンプルに仕上げました。また、調理の際はしょうがも使用しているので、しょうがのピリッとした味わいも楽しんでくださいね。

栗は皮を剥く必要があるため、熱湯あるいは水につけておく時間が必要です。時間のあるときに作りたいおすすめレシピです。

献立案は以下の通りです。
主菜:鶏と栗、里芋の煮物
副菜:とろろ風小鉢もの
汁物:長芋のみそ汁


<焼き肉りんご風味>

焼き肉りんご風味
りんごを使ったプルコギ風の一品です。牛肉、にんじん、玉ねぎ、にら、もやしとたくさんの具材を使用しているのも特徴の1つ。りんごは、にんにくや玉ねぎと一緒にすりおろし、コチュジャン、醤油などと合わせて調味料として使用します。

ピリッとした辛さやにんにくの香ばしい香りの中にりんごの甘みと酸味が混ざり美味しさを演出◎ご飯と一緒に食べたい一品ですね♫

献立案は以下の通りです。
主菜:焼き肉りんご風味
副菜:ブロッコリーの中華酢の物
汁物:モロヘイヤのスープ


<大根とりんごのごま酢あえ>

大根とりんごのごま酢あえ
大根とりんご、かいわれ大根で作る和え物です。レシピの出来を左右するのはごま酢!酢、砂糖、塩、ごま油で作るのですが、ここでのポイントは酢を少なめにすることです。そうすることで、りんごや大根の味わいをしっかりと感じることができますよ◎

また、調理の際は、大根とりんごの水気をしっかりと切るようにしてくださいね。水気が多いと口当たりが悪くなってしまいます。

献立案は以下の通りです。
主菜:親子どんぶり
副菜:大根とりんごのごま酢あえ
汁物:さつま汁

食欲の秋をとことん楽しもう

秋に旬を迎える食材はたくさんあります。夕飯の献立の中に旬の食材を一つ入れるだけでも食卓は秋らしさ満点になりますよ◎

今回紹介したレシピはおかずとしても万能なものばかり!
ぜひ、今が旬の食材を使用して食欲の秋を堪能してくださいね♫
writer
メニューズ編集部