自分専用のオリジナルスープが届く!?2030年の食生活を考えるイベントレポート

提供元
メニューズ編集部
2019年7月13日(土)にDMM.make AKIBAとキユーピー株式会社のコラボレーションイベント「2030年の食生活を支えるサービスを考える!アイデアワークショップ」が開催されました

今回は「IoT女子会」主催ということで、10年後の2030年に向けた女性ならではの視点からの素敵なアイデアがたくさん!実際に参加した感想や、会場の雰囲気をレポートします。

おしゃれな会場に到着!

会場に到着すると、すでにたくさんの参加者が仲良くお話していました。食に携わる企業でお仕事をしている方や、ご自身で飲食店を経営している方も!

普段のお料理の話からお仕事の話まで、色々と情報交換をすることができ、ワークショップが始まる前からどのテーブルもとても盛り上がっていました。
また、今回はキユーピーさんとのコラボイベントとのことで、会場には可愛らしいキユーピーちゃんとともに、お馴染みのマヨネーズから、ドレッシングまでたくさんの商品が並べられていました。

まずはキユーピーについて学ぼう!

キユーピーが目指す2030 VISION



ワークショップに取り組むにあたり、まずインプットセミナーとしてキユーピー社の竹内綾子さんからキユーピーグループの歴史や目指す姿についてお話いただきました。

マヨネーズのイメージが強いキユーピーですが、マヨネーズに負けず劣らずアヲハタのオレンジママレードも古くからあるって知っていましたか?
今では他にもドレッシングやサラダ、タマゴ加工品など様々な商品を販売しているんです!
また「2030 ビジョン」として、サラダとタマゴのリーディングカンパニーになる、一人ひとりの食生活に寄り添っていく、子どもの笑顔につながることに積極的に取り組んでいくという世界中を巻き込んだ未来のビジョンについても伺うことができました。
未来の1人ひとりの食生活を支えていきたいという想いに、参加者の皆さんも真剣な表情でアイデアメモをとっていました。

意外と身近な「フードテック」

次はDMM.make AKIBAの上村遥子さんから「フードテック」についてのインプットセミナーがありました。
未来の課題となってくる「食料不足」や「食品ロス」などを解決するための、ユニークな取り組みを海外の企業の事例を交えて楽しく紹介していただきました。
アボカドに特殊なコーティングを施して長持ちするようにしたり、スーパー内でレタスなどの水耕栽培を行う企業など、目からウロコのお話がたくさん!

なかなか普段聞き馴染みのなかった「フードテック」という言葉ですが、私たちに身近な事例もあり、ますます興味がわきました。

お待ちかねのワークショップがスタート!

今回のアイデアワークショップのお題は「2030年の食生活を“豊か”にするサービスを考える」。参加者それぞれの視点から、色々なアイデアが提案されました。

まずは個人で考えたアイデアに会場の参加者で人気投票をして、そこから上位7つのアイデアを元にグループに分かれてさらにブラッシュアップします。
アイデアがまとまってきたら、どんな人に使って欲しいかや提供したい世界観などをテキストとイラストでまとめていきます。
ワークショップ初参加の方も多かったのですが、どのチームもわかりやすく綺麗にまとめていました♪発表タイムが待ち遠しいです。

ついに発表タイム!素敵なアイデアがたくさん

子どもと楽しめる「マヨペン」



ブラッシュアップされた素敵な7つのアイデアの中から、今回はいくつかピックアップしてご紹介します!まずは、野菜嫌いな子どもがいる家族に向けて考えられた「マヨペン」。
にんじんやピーマン入りのマヨネーズのペンで、お絵かきするように楽しみながら苦手を克服してもらうことができます♪これなら嫌いな食材も家族みんなで楽しみながら食べられそうですよね。

忙しい女性に♪「MY オリジナル スープ」



このアイデアは、朝と昼の食事の情報をアプリに入力すると、そのとき1日の摂取量で足りていない栄養素がはいった自分専用オリジナルスープを、夜にオフィスや自宅に届けてくれるというもの。
ランチを食べ過ぎてしまったときや、帰宅してから料理するのが面倒なときにぴったりのサービスですよね。楽して健康的になれるので、ぜひ実現してほしいアイデアです!

ワクワク楽しい「ミステリーメニュー会議」



個人的にとっても面白い!と思ったアイデアがこの「ミステリーメニュー会議」。このサービスは、まず「SFの世界への招待状」などの謎のメッセージでパッケージされた料理が届きます。
実際にその料理をみんなで食べた後に、その料理の食材が一体何だったのかを推理します。
みんなで推理した後は最後に答え合わせ!普段なかなか食べることのない食材や文化、調理法などを体験することができ、食生活について考えるきっかけになりそうです。

他にも素敵なアイデアがたくさんあり、アイデア発表タイムは大盛り上がり!2030年に実現してほしい……と思うアイデアばかりでした。

懇親会では美味しいケータリングも♪

各チームの発表が終わった後は、参加者みんなで楽しい懇親会タイムに。
キユーピーさんの関連会社が運営する、青山にあるサラダ専門レストラン「EVERYTHING SALAD(エブリシングサラダ)青山」の美味しいケータリングが!
色鮮やかで新鮮なサラダや美味しいパンに参加者一同大興奮!ワークショップの感想や、これからの食生活についての話にも花が咲き、さらに仲を深めることができました。
キユーピーの方ともたくさんお話させていただき、とっても学びの多い1日になりました♪

未来の食生活を考えるきっかけに

ワークショップに参加する前は「2030 ビジョン」「フードテック」という馴染みのないキーワードが目についたため、なんだか難しそう……と少し不安でしたが、実際に参加してみるととても身近なテーマで楽しみながら未来の食生活について学び、考えることができました。

普段の何気ない食生活も、少しの工夫で未来の食生活の改善につながるかもしれません。
興味を持った方はぜひ、ご自身でも未来の食生活について考えていただけると嬉しいです♪
writer
メニューズ編集部